フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

フンメルは葬儀で柩の担い役を務め、またシンドラーとベートーヴェン友人たちが主催した追悼演奏会ではベートーヴェンの意志を受けて故人の作品の主題による即興演奏をいくつか行った。 フンメルは1826年にウィーンで楽友協会会員に選出された。また、長年の友人でもあり、 ...

フンメルのワイマールでの地位と音楽家としての名声はヨーロッパ中に知れ渡っていた。ゲーテやシラー、メンデルスゾーン等、多くの芸術家たちと交流を持った。 フンメルは、ゲーテと並びワイマールを訪れる人々の「目的そのもの」となっていったのである。ただし作曲作品は ...

フンメルのワイマールでの活動は、劇場の監督のほかに、年ごとの年金募金演奏会、祝賀会、公爵家の人々やゲーテなどの地元の名士敬意を表した特別演奏会、来訪音楽家の演奏会、さらに内輪のパーティーなどと活躍して町中から愛される存在であった。 フンメルは執筆活動も行 ...

 ワイマールは、プロテスタントとカトリックの両方の教会・信者が存在したが、​​フンメルは新たに教会音楽を作曲することはなかった。ただ、エステルハージ時代の多くの教会音楽を出版している。フンメル/ミサ曲ニ短調  作曲活動としては、自らの演奏旅行のための作品 ...

フンメルがワイマールの楽長に就任して以来レパートリーは変わり、モーツァルトをメインとして、過去の重要な作曲家の作品、及びロッシーニ、オベール、マイヤーベーア、アレヴィ、シュポーア、ベッリーニらのより新しいオペラなども取り上げられるようになっていった。 フ ...

↑このページのトップヘ