シュタイベルトって聞いたことありますか?
 

Steibeltベートーヴェンの伝記などを読むと出てきますので、名前だけは知っているという人も多いかもしれません。

ちょっと音楽史やそうした作曲家のエピソード集みたいなのを読んでいる人には逆に有名な人物かもしれませんね。


何と言ってもベートーヴェンにピアノ演奏の対決申し込んでおいて、実際ベートーヴェンの演奏中に逃げ出してしまった人ですから(笑)


ダニエル・ゴットリープ・シュタイベルト(Daniel Gottlieb Steibelt)は1765年10月22日ドイツ産まれのピアニスト兼作曲家です。時代的にはモーツァルトより9歳下、ベートーヴェンより5歳年上になりますね。

細かいエピソードや滑稽や話、その破天荒な行動や性格のせいか、どちらかというと馬鹿にされて歴史に名を留めてきてます。かわいそうに(笑)


それでもオペラや劇音楽、室内楽も作ってヒットさせている単なる腕のいいピアニストではありません、作曲家です。

この人の経歴や評価はピティナさんところで翻訳されているマルモンテル著『著名なピアニストたち』で詳細が分かりますので興味ある方は是非読んでみてください。


20070923_354692で、そんなシュタイベルトが数々のピアニストの歴史本や音楽史で言及されているのが、「見かけ倒しの派手なテクニックを使ったピアノ演奏で当時の人気を得ていた。しかも奥さんがタンバリン奏者でピアノとタンバリンの踊り付きパフォーマンスで舞台を演出」とか、「本当のテクニックには及ばない見せかけの演奏と作曲技法」とか、シューマンやメンデルゾーンやショパンが、ベートーヴェンとフンメルを評価していたのに比して後輩たちから全く尊敬されていないし言及もされていない作曲家。


散々ですね。その代表曲「ピアノ協奏曲第3番「嵐」」もシュタイベルトの見せかけテクニックをより派手に演出するように作られている、とか(笑)


そんな曲、聞いてみたくなるに決まっているでしょう。と長年思っていましたら、やってくれました、ハワード・シェリー


彼は80年代終わりからのフンメルのピアノ協奏曲シリーズ以降、埋もれてきた古典派、初期ロマン派のピアノ協奏曲を積極的に録音してきました。昨年のドシェックの作品集も貴重でしたし、モシェレス、エルツ、タールベルク、ヒラー、クラーマーなどなど素晴らしい発掘録音しています。僕が一番評価しているのは カルクブレンナーの全集です。


そんなシェリーが今回リリースしたのがなんとシュタイベルトのピアノ協奏曲集。

シュタイベルトは8曲のピアノ協奏曲を残しているそうですが、今回リリースされたのは


ピアノ協奏曲第3番 ホ長調 「嵐 L'orage」 (1799年)

ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調 「狩り A la chasse」 Op. 64 (1802年)

ピアノ協奏曲第7番 ホ短調 2つのオーケストラによる「ギリシア風軍隊協奏曲 (1816年)

というシュタイベルトが奇をてらっているとしか言いようのないタイトルと派手な演出がある3曲のピアノ協奏曲です。
 

034571281049

Daniel Steibelt (1765-1823) Piano Concertos Nos 3, 5 & 7 Howard Shelley (piano), Ulster Orchestra, Howard Shelley (conductor)
 CDA68104








<<聴いた感想>>

とにかく楽しい(笑)

なかなか重厚なオーケストラで始まり、それなりの美しいメロディーが次々と流れてきます。

驚いたのが第3番は1799年に作られていますが、モーツァルトが亡くなってまだ8年しかたっていないこと、ベートーヴェンの第3番ハ短調が世に出る前だということ。

その時代にこれだけヴァルトーゾ的協奏曲があったでしょうか?曲だけ聞けば1810〜20年代のフンメルに続く世代のピアノ協奏曲のようです。

有名な第3楽章の「嵐」も派手なオクターブ双方を駆使して、生で見ていたらさぞかし楽しいだろうなぁと感じました。ドシェックやクラーマーのまじめでお堅い協奏曲より絶対楽しいです(笑)


メロディーメーカーではあるけど、ベートーヴェンやフンメルに及ばないのは構成力、メロディーを活かした展開、陰影、でしょうか。聞き終わった後、派手さは記憶されていますがメロディーが思い出せません。とにかくいろんなメロディーの詰め合わせのようになっていて、まとまりがないからですかね?


でもこの時代の協奏曲にまた一つ、楽しめる一枚が加わりました。


 

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング