こんな時代になりました。なんとフンメルのBOXセットの発売です。
その名も【フンメル・エディション】(20CD)です。

このような作曲家の全集や代表曲集めたBOXセットは、昔の小学校の音楽室にあった肖像画の作曲家しか発売されないものでしたが、今は様々な作曲家の作品が体系的に計画的に録音されていきますね。

フルトヴェングラー、ワルター、カラヤン、ベーム
バレンボイム、ショルティ......
昔は演奏家の名前は覚えているものでしたが、今は全く覚えていられなくなりました。しかも「音楽室の肖像画」以外の作曲家の作品の演奏家は特に覚えられません。


今回発売される企画BOXセットの収録曲は
ピアノソナタ全曲、ピアノ作品、ヴァイオリンやチェロ、フルート、マンドリンといった楽器のためのソナタ、 ピアノ五重奏と三重奏曲集、ピアノ協奏曲ほか協奏曲数曲、ミサにオペラまでほぼ全ジャンルにまたがっています。

が?!?

ピアノ協奏曲はシェリーが録音したChandosのシリーズがGoodだったのにとか、収録されているものはすべて所有しているものばかりだったので、新録音入れてほしかったな、とか思うところもあります。

特に残念だったのが発売元のレーベルBrilliantから出ていたアレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ)とディディア・タルパイン指揮、ソラメンテ・ナチュラリのピアノ協奏曲の続編が録音されないこと。ジャケットにはPiano Concertos Vol.1とついていたので、てっきり全集になると思っていましたが、4年たっても音沙汰無しです。
ここに収録されたDisc12を聴いてください。
古楽器による煌びやかで軽やかな演奏、素晴らしいです。続きがリリースされないのが残念です。

とはいえ、これほどのフンメルの楽曲を集められた企画は初めてですし、今後、本当の全集完成のとっかかりとなってくれればいいなぁ、そうすれば面倒なパソコンでチマチマ打ち込んだデータ作らなくていいなぁ、とか妄想していました。

  • 海外のショップで購入輸入すると £47.65
  • 日本のHMV通販で買うと ¥7,873

さてどうしましょうね。私はBOXの箱のためだけにこの価格は手を出しにくいですね(笑)

capture-20181004-175601
カタログNo:BRL95792 / レーベル :Brilliant Classics


Disc1-3
● ピアノ・ソナタ全集(第1番 Op.2a-3、第2番 Op.13、第3番 Op.20、第4番 Op.38、第5番 Op.81)
● モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」の主題による幻想曲 Op.124
コスタンティーノ・マストロプリミアーノ(フォルテピアノ)

Disc4
● 幻想曲ト短調 Op.123
● 幻想曲変ホ長調 Op.18
● 幻想曲風ロンド ホ長調 Op.19
● 6つのバガテル Op.107
● 幻想曲「パガニーニの思い出」 WoO.8
● モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」の主題による幻想曲 Op.124
乾まどか(ピアノ)

Disc5
● 娯楽 Op.108
● 華麗なロンド ト長調 Op.126
● ドイツの歌による序奏と変奏曲
● ヴィオラ・ソナタ Op.5-3
ルイージ・ビアンキ(ヴァイオリン、ヴィオラ)
アルド・オルヴィエート(ピアノ)

Disc6
● ジュリアーニ:グランド・ポプリ・ナショナル Op.93
クラウディオ・マッカーリ(ギター)
ジョヴァンニ・トーニ(フォルテピアノ)

● フンメル:ポプリ Op.53
イズハル・エリアス(ギター)
ミヒャエル・ツァルカ(フォルテピアノ)

● フンメル:チェロ・ソナタ Op.104
マルコ・テストーリ(チェロ)
コスタンティーノ・マストロプリミアーノ(ピアノ)

Disc7
● フルートとピアノのためのソナタ集(ト長調 Op.2a-2、ニ長調 Op.50、イ長調 Op.64)
● 華麗な大ロンド Op.126
● フルート、チェロとピアノのための三重奏曲 Op.78
リーズ・ダウスト(フルート)
エリザベス・ドリン(チェロ)
カルメン・ピカール(ピアノ)

Disc8-9
● ピアノ三重奏曲集(第1番 Op.12、第2番 Op.22、第3番 Op.35、第4番 Op.65、第5番 Op.83、第6番 Op.93、第7番 Op.96)
ダニエラ・カッマラーノ(ヴァイオリン)
ルカ・マガリエッロ(チェロ)
アレッサンドロ・デリャヴァン(ピアノ)

Disc10
● フンメル:ピアノ五重奏曲ニ短調 Op.74、変ホ短調 Op.87
ネポムク・フォルテピアノ五重奏団

Disc11
● フンメル:ピアノ七重奏曲ニ短調 Op.74、ハ長調 Op.114「軍隊」
奥山 彩、アレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ)
ソラメンテ・ナチュラリ

Disc12
● ピアノ協奏曲第2番 Op.85
● ピアノ小協奏曲 Op.73
● 序奏とロンド・ブリランテ「ロンドンからの帰還」 Op.127
アレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ)
ディディア・タルパイン指揮、ソラメンテ・ナチュラリ

Disc13
● ヴァイオリンとピアノのための協奏曲 Op.17
ステファノ・バルネスキ(ヴァイオリン)
アレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ)
ディディア・タルパイン指揮、ミラノ・クラシカ室内管弦楽団

● ピアノ協奏曲第3番 Op.89
チャン・ハーウォン(ピアノ)
タマーシュ・パル指揮、ブダペスト室内管弦楽団

Disc14
● ピアノ協奏曲第4番 Op.110
ハンス・カン(ピアノ)
ヘリベルト・バイセル指揮、ハンブルク交響楽団

● 24の練習曲 Op.125
メアリー=ルイーズ・ベーム(ピアノ)

Disc15
● ファゴット協奏曲 WoO.23
クラウディオ・ゴネーラ(ファゴット)
ディエゴ・ディーニ=チアッチ指揮、イタリア国際管弦楽団

● 序奏、主題と変奏 Op.102
ディエゴ・ディーニ=チアッチ(オーボエ、指揮)イタリア国際管弦楽団

● クラリネット四重奏曲 WoO.5
ファブリツィオ・メローニ(クラリネット)
アンドレア・ペコーロ(ヴァイオリン)
ルカ・ラニエリ(ヴィオラ)
マリオ・フィノッティ(チェロ)

Disc16
● トランペット協奏曲 WoO.1
ルートヴィヒ・ギュトラー(トランペット)ザクセン・ヴィルトゥオーソ

● マンドリン協奏曲 ト長調
エディス・バウアー・スライス(マンドリン)
ヴィンツェンツ・フラドキー指揮、ウィーン・プロ・ムジカ管弦楽団

● ロンド「ラ・ガランテ」 Op.120
マルティン・ガリンク(ピアノ)

● ヴァイオリン協奏曲(グレゴリー・ローズ補完)
アレクサンドル・トロスティアンスキ(ヴァイオリン)
グレゴリー・ローズ指揮、ロシア・フィルハーモニー管弦楽団

Disc17
● テ・デウム WoO.16
● 荘厳ミサ曲 WoO.12
● 恵み深き処女 Op.89a
アンドレア・チャヨヴァー(ソプラノ)
ズザナ・デュナイチャノヴァー(アルト)
オンドレイ・シャリング(テノール)
ラスチスラフ・ウフラール(バス)
アレア合唱団
ディディエ・タルパン指揮、ソラメンテ・ナトゥラーリ

Disc18
● フンメル:オラトリオ「紅海の航行」 WoO.11
ジモーネ・ケルメス(ソプラノ)、ヴェロニカ・ヴィンター(ソプラノ)
ハンス・イェルク・マメル(テノール)、エッケハルト・アベレ(バス)
ヴォルフ・マティアス・フリードリヒ(バス)ライニッシェ・カントライ
ヘルマン・マックス指揮、ダス・クライネ・コンツェルト

Disc19-20
● 歌劇「ギーズ家のマティルド」 Op.100
クリスティーネ・ガイリーテ(ソプラノ)、フィリップ・ドゥ(テノール)
ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン)、ヒョルディス・テボー(ソプラノ)
エヴァ・ススコヴァ(ソプラノ)、オンドレイ・サリング(テノール)
マルティン・ミルクス(バリトン)、マリアン・オルシェウスキ(テノール)
アレア合唱団
ディディエ・タルパイン指揮、ソラメンテ・ナトゥラーリ
(序曲ハ長調(ウィーン版)、パストラーレ ニ長調(2つのクラリネットと2つのホルンによる第2幕終曲)を収録)



  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ