フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

2009年10月

フンメルとピアノ奏法について-8 フンメル自身の言葉(アクション別の演奏法)

 ここまで、ウイーン式アクションのピアノとイギリス式アクションのピアノの特徴概要を紹介してきましたが、今回はフンメル自身の言葉でそれぞれの演奏法を紹介してもらいます。

 フンメルが1828年に刊行した当時のピアノ奏法バイブル「ピアノ奏法の理論と実践詳論」から 第三巻第4章「様々なピアノの適切な弾き方−ドイツ式(ウイーン式)アクションとイギリス式アクションについて−」全文を翻訳し紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
section1
 いかに優れた演奏者でも、慣れないアクションの楽器を弾く時にはしばしば弾きにくい思いをするものである。そのためピアノのアクションについて、少し説明をすることは重要なことと考える。

section2
 一般的にピアノには2種類のアクションが存在する。ひとつはドイツ式(ウイーン式)アクションで弾きやすいもの、もうひとつはイギリス式アクションで弾きにくいものである。

section3
 言うまでもなく、この二つのアクションにはそれぞれ特有の長所がある。ウイーン式アクションはどんな可憐で繊細な手でも扱うことができるであろう。ウイーン式アクションであれば、演奏する者は様々なニュアンスでの演奏が可能で、また敏感に明確に音を出すことができる。そのフルートのような豊かな音色は、特に大きな会場でのオーケストラの伴奏から見事に浮かび上がってくる。さらに演奏に気を取られすぎて、流暢な音の流れを壊してしまう、というようなこともないであろう。しかも、この楽器は耐久性もあり、価格もイギリス式アクションの物より半分の値段で売られている。
 ウイーン式のピアノは、その特性に合わせて扱う必要があり、腕全体の重みで鍵盤を激しく突いたり叩いたりすることは許されず、鈍いタッチも許されない。むしろ音の力強さは指の弾力のみで生み出す必要があるのだ。例えば、厚い和音はすばやく分散して演奏するのが通常であり、それが全ての音を一度に強く打鍵したときよりもはるかに効果的である。男性の手には、浅めでも薄めでもないタッチの楽器を選ぶことを薦める。
14611





フンメルの愛用していたウイーン式ピアノ(ワイマールフンメル記念館)

section4
 イギリス式のアクションは、音の持続性と豊かさという点ではもちろんその利点を認めざるを得ない。しかしウイーンのピアノほどには完成の域には達していないというべきである。タッチははるかに重く、鍵盤は非常に深く沈むため、連打する時にはハンマーがすばやく動作しないからである。
 このようなピアノにまだ慣れていない人は、深く沈む鍵盤や重いタッチに決して惑わされてはならない。むしろ、無理なテンポで演奏せず、いかに速いフレーズやルラード(装飾的旋律)も、いつもの調子で軽快に弾かなければならない。力強く演奏すべきところやパッセージも、ウイーン式ピアノほど多彩な音のニュアンスが備わっていないため、仮に激しく打鍵したとしても、指にもともと備わっている力強い弾力性から得られる音に比べるとより強い音が出せるという訳ではないのである。
 慣れないうちはイギリス式ピアノに少々違和感を覚えるかもしれない。特にf(フォルテ)でルラードを弾く時には、鍵盤を底まで押さえるのでなく、見かけだけにとどめなければならないからである。そうしなければ、「弾く」という行為にばかり気を取られ、完璧に演奏するための負担は倍になってしまうであろう。しかし、このピアノで「歌わせること」ができれば、その豊かな音色が長所となり、特の魅力と美しい和声を奏でることができる。
 ただし、イギリス式アクションのピアノは、小さい部屋の中では非常に良く響くのにもかかわらず、大きな会場で演奏すると、音の性質が変化し、複雑なオーケストラ伴奏を伴うときにはウイーン式ピアノほどには音が通らなくなる。私の考えでは、太くて豊かな音色がその要因であるように思われる。

(フンメル著「ピアノ奏法の理論と実践詳論」 第三巻 第4章「様々なピアノの適切な弾き方−ドイツ式(ウイーン式)アクションとイギリス式アクションについて−」より)
-----------------------------

 こうしてみると、フンメルはウイーン式アクションのピアノを好んでいたことが判ります。現代のウイーン式ピアノというとベーゼンドルファーがありますが、これとて現在ではイギリス式と変わらないシステムであり、ウイーン式の主流というのはないと思われます。古楽器、オリジナル楽器としての演奏のCDも多いですが、その場合はウイーン式のヴァルター製や初期のベーゼンドルファーやそのレプリカが多いですね。
 当時はもっと事情が違っていたのでしょうか? 今、ホールでの演奏会でこの手のウイーン式ピアノで演奏すると、オーケストラに音が飲み込まれてしまって、聞こえなくなってしまいます。

 ちなみにショパンもウイーン式アクションのピアノを好んでいたようで、プレイエル製、エラール製などの名前が挙がってきますね。
 
 二人の作品の共通点は、装飾が多く、繊細なメロディーが多いことでしょうか...
 

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルとピアノ奏法について-7 イギリス式ピアノ

前回はウイーン式ピアノの特性の一般的なものを紹介したが、今回はイギリス式ピアノについての説明を照会します。

 

イギリス式のピアノはウイーン式のピアノに比べて様々な点で異なる。音域は5オクターブ半(Ffc4)で、ウイーン式より幾分広く、ウナ・コルダとダンパーを操作する2つのペダルをもつ。楽器は一般的に大きくてかつ頑丈に作られ、今日のグランド・ピアノのように高音域の弦にはダンパーがついていない。ダンピングによる一般的効果はウイーン式のピアノに比べてかなり鈍く、音の透明感にも欠ける。イギリス式ピアノはアクションがずっと重かったため、ウイーン式ピアノになれた者からはかなり批判されていた。しかし、イギリス式ピアノはその長所や特殊性(異なるピッチによる音の多様性など)から、イギリスのピアノを知るようになったハイドンやドゥシェックによってその特性が活かされた。

(ジェフリー・ゴヴィエ)

フンメルとピアノ奏法について-6 ウイーン式ピアノ

  さて、フンメルとピアノ奏法について-5で紹介した本で、ピアノという楽器について学ぶと、ピアノが独奏楽器として独立したのは、18世紀も後半に入ってからであることがわかる。この時期から新しい楽器の音に魅せられた音楽家たちの創作活動が活発になり、同時に作曲家たちはまだ不完全である当時のピアノに対して、音量、音色、音域、演奏法などを柔軟に駆使し、可能性を求めていき、またピアノ製作者たちもその改良に努めていった。モーツァルトの文献、特にシュタイン製ピアノについて言及した手紙にはその辺りが良く理解できて面白い。


ウイーン式ピアノ

 フンメルの時代もピアノはま゛進化を続けていた。当時はイギリス式とウイーン式の2つの主流があったようで、フンメルはウイーン式のピアノを愛用していたが、彼の最初期のソナタ(Op.2a-3、1792年)のピアノの音域は5オクターブ(FF-f3)であり、モーツアルトのピアノ曲の音域とと一致している。
 フレームは木製で金属製に比べると強度の問題で弦は細く、ハンマーも小さく、柔らかい皮で覆われていた。一方ダンパーは最高音までつけられていたため、アーティキュレーションが非常に明瞭であった。そのため陰影、変化に富んだメロディー、細部の装飾の表現に優れていた。
 現代で言うペダルはなく、膝レバー(モーツァルトのヴァルター製ピアノも膝レバーがついていた)でダンパーを操作した。アクションも軽く、反応もすばやく、直接的だった。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルの命日

ヨハン・ネポムク・フンメル
Johann Nepomuk Hummel


師・モーツァルトと同じように演奏旅行で始まった彼の音楽キャリアは、ウイーン時代には売れっ子作曲家として、その後はピアニストの巨匠として多くの尊敬を集め、音楽は後の世代に多大な影響を与えた。

ワイマールの宮廷楽長の地位にあり、ゲーテらと交友を深めながら執筆活動、著作権の確立への運動、後輩の育成に力を注いだ。

晩年は、健康を崩し、闘病しながら自叙伝や自作品の整理、編曲出版などの仕事をしていたが、

1837年10月17日 

フンメルは、妻・エリザベートと2人の息子を残して亡くなった。
モーツァルトとは違い、莫大な遺産を残したといわれている。DVC00536bis













(写真:死の直前の時期のフンメル F.Prellerによる鉛筆画 1837年)
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルとピアノ奏法について-5 楽器の歴史


フンメルの「ピアノ奏法」を理解するためには、当時使用されていた様々な種類のピアノについて知っておく必要がある。現代のピアノが鍵盤楽器の王者となった変遷については、大宮眞琴著『ピアノの歴史』
(音楽之友社)が解りやすい。ピアノの発展とともに音楽家がどのようにかかわってきたかが体系的、時系列に、時には音楽家のエピソードを交えてまとめられており、愛読書のひとつである。

ピアノの歴史―楽器の変遷と音楽家のはなし (音楽選書)
著者:大宮 真琴
販売元:音楽之友社
発売日:1994-11

---------------------------------------

もうひとつは、ピアノの歴史---作曲家が愛した、当時のピアノで奏でるCD付

という本でこちらはCDで音の違いを楽しめる内容。
フンメルの言及については前者の方が詳しく、同時に音楽史の有名どころでない作曲家についても前者のほうが詳しい。

気楽にピアノの歴史を音とともに楽しむのであれば、後者ですね。


カラー図解 ピアノの歴史---作曲家が愛した、当時のピアノで奏でるCD付カラー図解 ピアノの歴史---作曲家が愛した、当時のピアノで奏でるCD付
著者:小倉 貴久子
販売元:河出書房新社







音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

人生を変えた妻の助言-2

elisabeth1 フンメルの妻・エリザベートについては、

「エリーゼのために」本当は「エリザベートのために」?

 でも触れたが、ウイーンでベートーヴェンとも交友ががあった当時著名なソプラノ歌手だった。
 フンメルと結婚したのは1813年。エステールハージ家から離れてウイーンで「作曲家」「ピアノ教師」として引く手あまただったころのことである。

 エリザベートは、ピアノ演奏家の大家である夫がステージ活動から離れていることに懸念を示し、「あなたほど弾ける人がもったいない。是非ステージに復帰すべき」と助言したのだった。

 その助言を受けてフンメルはステージ活動に復帰したのだが、折りしも1814年から1815年にかけてウイーン会議が開催され、世界各国の要人、貴族がウイーンに集まっていたため、フンメルの演奏は評判に評判を呼び、ひとつの名物となっていた。
そのウイーン会議のパーティーにも招待され、物凄い衝撃と喝采を浴びたという。この時の演奏ぶりを作曲家シュポーア(Luis Spohr)が回想録の中で述べられているが、その内容はまたいずれ...

 この時の妻エリザベートの助言が無かったら、音楽史が変わっていたかも知れないし、フンメルという名を聞くことも無かったかもしれない。また、有名なピアノ協奏曲の数々やソナタ、ピアノ奏法の著作も生まれなかったかもしれない。

 とても重要な助言であった。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

人生を変えた妻の助言-1

 ツェルニーの証言を紹介したが、彼はフンメルのことを「20歳をいくらか過ぎた年齢」としていたが、ちょうどその証言に出てくる1804年はフンメルの就職の年に当たり、歳は26歳である。
 
 大規模なツアーを終え、いくつかの作品も出版し、将来有望...というよりピアニストとしては既にかなり有名になっていたフンメルは、1804年にハンガリーの大貴族エステルハージ公爵家の楽長に就任し、ウイーンから同公爵家本拠地のアイゼンシュタットに移った。ここの楽団はかつてJ.ハイドンが長年手塩にかけて育ててきたのであるが、先代の当主が亡くなったときに一旦解散し、その後に縮小された形で再建されたのである。
 
 もちろん、ハイドンからオルガンや作曲を学んでいたフンメルがその才能を認められ、ハイドンの推薦を受けての就任だったという文献がある。また、この時に作曲されたフンメルの有名なトランペット協奏曲が公爵にいたく気に入られたのが採用の決め手だったといわれている。

 ここでフンメルは7年間にわたって活動し、室内楽、管や弦の協奏曲、大規模ミサ曲などの宗教曲を多数作曲したが、フンメルがハイドンの残した楽譜や財産を散逸させたとの疑いが掛けられ、当主と喧嘩別れの形で一旦辞めている。後にハイドン自らが「事実無根」だとして仲裁に入り、再びその職に就くが、父親の仕事やウイーンの貴族からの仕事に精を出しすぎているとかなんとか文句を言われ、結局は永くは続かなかった。

 フンメルはウイーンに戻ってフリーのピアノ教師、舞台作品や室内楽の作曲家として大いにもてはやされていたが、30歳代であるのにもかかわらずピアニストとしては舞台に立つことは控えめだった。これは、一説にはベートーヴェンの存在が関係するであろうと言われているが真偽の程が不明である。


(つづく)
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

−−−−−−−−−−−−−−−−−
トランペット協奏曲のCDを紹介
Haydn, Hummel: Trumpet ConcertosHaydn, Hummel: Trumpet Concertos
販売元:EMI Classics
発売日:2008-08-06

多くの録音があるためどれを紹介するか迷いましたが
手に入りやすい盤を掲載します。
この曲はホ長調だが、現在の多くの録音は演奏しやすい変ホ長調に移調されたものが多く、古くはモーリス・アンドレの名盤も移調版です。 このCDも同じ。原典版は、Chadosのシェリー/ロンドン・モーツァルトプレイヤーズ盤で聞けます。

フンメルの息子が描いたショパンの肖像画

 ショパンは幼くしてフンメルの練習曲を習い、フンメルの音楽には共感していた。1828年のワルシャワで演奏会を開いたフンメルは、ショパンに紹介されてその演奏に接し、その才能を高く評価している。

 1829年8月11日、ショパンはウィーンでデビューしたが、翌日に家族に宛てた手紙に

「〜ヴェルトハイムが奥さんと一緒に昨日偶々カルルスバードから着きましたが〜略〜カルルスバードでフンメルが僕のことを訪ねていたそうです。彼は今日フンメルに僕のコンサートのことを書くそうです」

と書いている。それを受けて、フンメルは18日に開かれた2度目ののコンサートにモシェレスやヘルツ等と一緒に列席している。

 1830年、ショパンが再び訪れたウィーンで、フンメルは息子のカールを伴ってショパンを訪れている。カールは画才があったようで、ショパンの肖像を描いた。
chopin_c_h
 ショパンの家族宛の手紙の中にも

 「〜正装をしてピアノの椅子に掛け、霊感を表した絵です。フンメルお爺さんと息子の親子は大変親切にしてくれます」

と書かれている。




上図が、1830年にウィーンでフンメル親子とショパンが交流を持った際、息子カールが描いたショパンの肖像(鉛筆画)である。

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルとピアノ奏法について-4 ツェルニーの証言その2

 カール・ツェルニー(Carl Czerny)は、自叙伝(1842年執筆)の中でピアノ音楽史の中では有名なベートーヴェンとフンメルのピアノの演奏についての言及があり、これは以前、「フンメルとベートーヴェンという記事で紹介した。

 

 ここで述べておきたいのは、下記のツェルニーの証言である。

 

「〜私はといえば、私がいっそうの清澄さと明確さを目指すようになったという意味では、私もフンメルに影響されたことになる」

 

 事実、ツェルニーのピアノ曲、ピアノ室内楽、ピアノとオーケストラの協奏曲らを聞くと、ベートーヴェンというよりフンメルと聞き間違えるほどの書法、奏法を駆使した楽曲が多いのがわかる。この点については、同じくベートーヴェンの弟子であるフェルディナント・リース(Ferdinad Ries 1784-1838)の作品と聞き比べるとその違いが顕著で、リースは明らかにベートーヴェン的であるといえよう。


-------
リースの作品

Ferdinand Ries: Piano Concertos Op. 123 (1806) & Op. 151 (1826)
Ferdinand Ries: Piano Concertos Op. 123 (1806) & Op. 151 (1826)
販売元:Naxos
発売日:2005-11-15

Ferdinand Ries: Piano Concerto; Swedish National Airs with Variations; etc.Ferdinand Ries: Piano Concerto; Swedish National Airs with Variations; etc.
販売元:Naxos
発売日:2007-09-25

Ferdinand Ries: Piano Concertos, Vol. 3Ferdinand Ries: Piano Concertos, Vol. 3
販売元:Naxos
発売日:2009-03-31



ツェルニーの作品
Czerny - Piano works for four handsCzerny - Piano works for four hands
販売元:Sony Classical


Czerny: Chamber MusicCzerny: Chamber Music
販売元:Meridian
発売日:1998-06-23

Rondo Brillante: Early Romantic Works for Piano and OrchestraRondo Brillante: Early Romantic Works for Piano and Orchestra
販売元:MSR
発売日:2006-08-22

フンメルとピアノ奏法について-3 ツェルニーの証言その1

 フンメルの演奏については、ベートーヴェンの弟子でもありリストの師匠ともなったカール・ツェルニー(Carl Czerny)の自伝の中に次のように記載されている。

 

−−−−−−−−−−−large_124

 およそ1802年から04年までの数年間、私は父と一緒にモーツァルト未亡人(*コンスタンツェ・モーツァルト)の家を訪れていた。そこでは土曜日ごとに音楽の夕べが催されていたからである。そこでは、シュトライヒャーの弟子でもあるモーツァルトの息子(*フランツ・クサーヴァー・モーツァルト=1791年生まれのモーツァルトの末子)がきわめて巧みに演奏していた。

 

 そんな音楽の夕べのひとつのことである。いつもよりずっと多くの人々が集まっていた。ところが私はそうした多くの優雅な紳士淑女の中に、随分と奇異な感じのする風貌の青年がいるのに気がついた。

 

・いつもピクピク動かしている下品で不快な顔面

・きわめて趣味の悪い服装

・薄ねずみ色のフロックコート

・深紅色の長いベストと青色のズボン

 

以上の姿からは、どこかの田舎村の学校教師ではないかと思われたが、そんな感じとは裏腹に、彼の指という指には高価な指輪がはめこまれていて、それらが一緒になって光り輝いていた。

 

 音楽会はいつものようにすすめられたが、最後になって例の青年(20歳をいくらか超えたであろうと思われる)が弾くように勧められた。

 

 私はそこでなんとすばらしい巨匠の演奏を聞いたことか!

 

 当時の私はすでに、ゲネリック、リパフスキー、ヴェルフル、そしてベートーヴェンでさえも聞く機会をしばしば持っていたのに、この貧相な男の演奏は、私にはまるで新世界のように思われた。私はそれまで、
これほど新しくて輝かしい技法を、
これほど清澄で典雅で繊細な演奏表現を、
これほど豊かな趣味を持ってまとめあげられたファンタジーを
聞いた事は一度もなかった彼がその後、モーツァルトのソナタを数曲、クロンマーの弾くヴァイオリンと一緒に演奏したとき、以前から知っていたそれらの曲も、私には新世界に移ったのである。


 演奏が終わってすぐ、この青年がフンメルという名で、かつてはモーツァルトの弟子であり、今はロンドンから戻ってきている(ロンドンではクレメンティに師事していた)ということを知った。
 

−−−−−−−−−−−

ツェルニーの自叙伝(1842年執筆)より
*注釈:フンメルノート

 

 

(つづく)

忘れられていた作曲家

フンメルの名は音楽史には必ず出てくる(といっても触れられている程度が多い)し、ベートーヴェンの書籍、ショパン、シューベルト関連の書籍には良く出てくる。一方、直弟子であったのにもかかわらず、モーツァルト関連の書籍には詳しく述べられているものが意外と少ない。また、その音楽はクラシックファンであったり、演奏者(プロアマ問わず)であっても意外と知られていないのが現状である。

 

 フンメルの生きた時代は、よく言われるように「古典派」と「ロマン派」の狭間に位置するが、だからといってフンメルの音楽が中間的で、あいまいな音楽であるということではない。管弦楽曲やオペラ、ミサ曲などはまさにウイーン古典派そのものであり、個人的にはどちらかというとフンメルは「古典派」であると思っている。一方、ピアノ楽曲の性格や書法を見るとショパン、メンデルスゾーン、シューマン等のロマン派の音楽に非常に近いといえる。

 

 フンメルはロマン派に多い短調作品よりも古典派に多い長調作品が多い。短調作品も旋律はショパンのように哀愁漂うものは少なく、シューマンのように何かを描写している標題音楽でもなく、形式をはみ出すことも少なく、職人であり、立場もフリーランスではなく宮廷楽長である。ベートーヴェンに比してのこの人の生き方(精神)のドラマ性の無さが、しばらく忘れられた作曲家にされてしまった原因のひとつだと考えている。

フンメルとピアノ奏法について-2

 Chandosというイギリスのクラシックレーベルが、1987年に発表したフンメルのイ短調とロ短調のロマンチックなピアノ協奏曲のCDがグラモフォンアワードに輝いて以来、トランペット協奏曲一辺倒だったフンメルの録音物が一気に増えた。特にピアノ協奏曲は今では全作品を聞く事ができるし、ピアノソナタや小品集、室内楽も数多く発売されている。

 しかし、メジャーなレーベルからの企画は相変わらずトランペット協奏曲のままだし、CD紹介や作曲家の研究本でもフンメルについて言及されているものは少なく、彼の音楽史における重要性は多くの人々の認めるところまでには至っていないのが現実である。

 フンメルは、18世紀末から19世紀前半にかけてヨーロッパ全域に名声を馳せたヴィルトゥオーソであった。その才能は、彼が8歳の時にモーツァルトが自宅に同居させてまで教育したことからも理解できるであろう。作品(作曲)においても有名で、300を超える作品は、ピアノ曲はもちろんだが、オペラ、カンタータ、ミサ曲、バレエ曲などの大規模作品が交響曲を除くあらゆるジャンルに並んでおり、ショパンのみならず、シューベルト、シューマン、メンデルスゾーン等の初期ロマン派の音楽に与えた影響は計り知れないものがある。

 「ピアノ奏法」は、フンメルの晩年にあたる1828年に出版されたものであるが、全三巻444ページにわたる膨大な量のこの教則本は、当時第一級の音楽界の中心にあった人物によって書かれたものとして、19世紀前半におけるピアノの演奏法を知る上でとても重要な文献である。モーツァルトの直弟子でもあったため、モーツァルトの演奏法(トリルの用法等)を理解するうえでも重要だと思われる。


--------------------
参考
Johann Nepomuk Hummel: Piano Concerto in A Minor and B MinorJohann Nepomuk Hummel: Piano Concerto in A Minor and B Minor
販売元:Chandos




フンメルとピアノ奏法について-1

 音楽の歴史を全体像として完成させるためには、ある様式の発展の頂点に立つ作曲家のみではなく、その様式の発展の過程において不可欠であった作曲家の存在を見逃すわけにはいかないであろう。
 例えば、ショパンの音楽が如何にして「ベートーヴェン時代」のすぐ後に続いたかを説明するのは難しいが、ある範囲においてフンメルがそのギャップを埋めている。

 ショパンがフンメルを非常に尊敬していたことは、1840年に知人のピアニストに宛てた手紙の中に

「モーツァルト、ベートーヴェン、フンメルなどの偉大な巨匠たち」

と記されていることからも知ることができるが、ショパンの音楽の特徴である繊細なパッセージ・ワークと音符の構成は、フンメルの音楽の中にも多く見られるものである。
---------------------
*注
フンメルの24の練習曲,Op.125
ショパンの二組の12の練習曲(Op.12、Op.25)

フンメルのOp.89をはじめとするピアノとオーケストラの作品群
ショパンのピアノ協奏曲やその他の作品群

これらの楽曲を聴くと、ショパンがフンメルの影響を受け、かつ触発されていたことは明らかである。
---------------------

 一方、フンメルはベートーヴェンを友人として、ライヴァルとしての関係を超えたところで偉大な作曲家として尊敬していたが、その影響=ベートーヴェンの音楽の影をフンメルの音楽の中に見出すことは容易ではない。フンメルは主題と装飾、陰影というモーツァルトの音楽の世界をショパンに伝え、ベートーヴェンは、モチーフを発展させていくハイドンの世界をブラームスにつなげたという考え方もできる。

ジェフリー・ゴヴィエ 注釈:フンメルノート
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ