フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

2012年09月

フンメル/ピアノ・ソナタ 第6番 ニ長調,Op.106より第1楽章「アレグロ・モデラート,マ・レゾルト」の打ち込み音源試聴。フンメルの最後のソナタとなったニ長調,Op106は、ワイマール時代の1824年に作曲され、翌年出版されました。作曲家としてもピアニストとしても巨匠の域に ...

フンメル/ピアノ五重奏曲変ホ短調,Op87より終楽章を試聴打ち込み音源紹介。ピアノ音源はEastWest Boesendorfer 290だが、弦はHQ Synthesizer Orchestral。これは打ち込み編集技術が優れていないと、このようにしょぼい音になります。フンメルのピアノ五重奏曲Op.87はコント ...

フンメル/管楽八重奏「パルティータ」変ホ長調,S.48より第1楽章アレグロ今回はピアノ曲ではなく、管楽の為の室内楽の打ち込み音源紹介。音源は、64bitPCはサポートから見放されたRolandのハイパーキャンバスシリーズ「HQ Orchetral」を使用。とい ...

ピアノ ソナタ 第5番 嬰ヘ短調,Op.81 より第3楽章 ヴィヴァーチェ打ち込み音源の紹介。この作品は19世紀において最も有名なソナタの一つで、パリ音楽院でも頻繁に演奏されていました。1819年にウィーンで出版。特に三楽章では三度の連続、左手の連続的な跳躍など至るところ ...

打ち込み音源の紹介。フンメルがピアノ教師としてウィーンでベートーヴェンと人気を二分していた時代、1803年に出版されたピアノ小品。ファヴォリとは「可愛らしい」という意味。その名の通り、ぴょんびょん飛び跳ねる可愛いメロディーが特徴的で、ある意味「子犬のロンド」 ...

↑このページのトップヘ