フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

カテゴリ: ニュース・論文・ネット記事紹介

今日はレコーディングもされていない、CDもネット配信もなかったフンメルの未出版作品の打ち込み音源をYouTubeで公開しました。楽譜は15年ほどの前に手に入れた自筆譜のファクシミリ複製を使用しました。曲はフンメルの死後に未出版作品を寄せ集めて1850年頃に世に出たようで ...

10月24日。日本フンメル協会会長の岳本恭治さんの門下生およびプロ・教師たちの合同発表会にお声掛けいただき、仕事帰りに寄らせていただきました。場所は表参道にあるカワイ表参道のコンサートサロン・パウゼです。20人ほどの芸大生、卒業生、ピアノ教師さん達なので、みな ...

ヨハン・ネポムク・フンメル(1778〜1837)の息子の一人、カール・マリア・ニコラウス・フンメル(1821〜1907)は画家であることは、このブログでも過去に触れ、ショパンの肖像画も紹介しました。フンメルの息子が描いたショパンの肖像画artnetというサイトで主に風景画が紹介 ...

 カウンターテナーの歌声を聞いたことありますか? 変声を過ぎた男性が裏声(ファルセット)や頭声を使って、女声パート(アルト、メゾソプラノ、ソプラノ)あるいは女声に相当する音域を歌うことを指します。 ウイーン少年合唱団に代表されるようなボーイソプラノや、バロ ...

◆ピアノ協奏曲 第5番 変イ長調  は作品番号としてはOp.113 という後期の作品です。1825年に作曲されたようで出版年は1830年ですね。この曲の第三楽章はショパンの第一番協奏曲との類似点が指摘されており、影響を与えたものと思われます。フンメルとショパンは1828年、フン ...

 先日(11月20日)、日本フンメル協会主催の「フンメル・ピアノ・トリオ・コンサート」を拝聴して参りました。 日本フンメル協会・会長の岳本恭治さん自身によるピアノ、ヴァイオリン:佐野隆さん、チェロ:ジェフリー・ポール・パドリックさんの演奏で、フンメルのピアノ三重 ...

 ベートーヴェンとフンメルについては、本サイト「フンメルの研究ノート」でも掲載しておりますが、ウィーンのピアノ演奏家として最高の地位を争い、お互いが定期的に演奏会を開催し、弟子・支援者がお互いに相手を批判するなど、この時代の音楽ファンの定番ネタの一つでし ...

日本J.N.フンメル協会公認の「フンメル・ピアノ・トリオ」は、J.N.フンメル(1778-1837)の生誕240年を迎える2018年までに、ピアノ三重奏曲全7曲の全曲演奏を行ってきましたが、今回の11月20日の演奏会で見事完走となります。2018年11月20日18:30開場 / 19:00開演会場 カワイ表 ...

海外でのライヴ情報。羨ましい!!http://www.cantatedomino.com/index.php/site/events_full/jubelconcerten_2014/nl ...

フンメル、最初期のピアノとオーケストラの為の楽曲です。フォーグラー「カストルとボルクス」の主題による変奏曲,Op.6フルートとホルンが各2本、弦楽5部のシンプルな編成で、オケがなくても違和感のないほど脇役に徹しています。この題材をピアノ教本(1828年刊)の60の譜例・ ...

↑このページのトップヘ