フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

CD紹介-室内楽曲

新譜案内 フンメルとシューベルトのピアノ五重奏曲

 フンメルの室内楽曲は、彼の作曲活動期間全般に渡って作曲されていますが、特に後期のピアノ・ヴァルトーゾの時代よりは、作曲活動が一番活発だったウイーン時代、エステルハージ楽長時代にその多くが生み出されています。
 その音楽は解りやすいメロディーと単純な伴奏からなるロココ、古典派のような主題の提示から、19世紀のショパンやメンデルスゾーンと言ったロマン派時代の装飾的でかつセンチメンタルなメロディーがブレンドされたような音楽となっています。
 このピアノ五重奏はOp.87という中期以降の作品ナンバー(1822年出版)が与えられていますが、作曲自体は1816年という早い時期で、先だって出版された7重奏曲ニ短調,Op.74のピアノ五重奏版が予想以上の反響を呼んだため、未出版作品を後追いで世に出したものと思われます。

この2曲は当時のヒット作となり、このCDのカップリングでもあるシューベルトの有名な「ます五重奏」が生み出されるきっかけともなりました。シューベルトの友人・パウムガルトナーが「フンメルのような五重奏曲を」という希望をだしたのです。
 その意味では、この2曲は同時代の最も優れたピアノ五重奏曲であり、また最もポピュラーなものでしょう。
 お聞きいただければ解ると思いますが、フンメルの作曲技量、センスの良さがご理解いただけることと思います。

 このCDでの演奏は古楽器でのもので、当時の響きを彷彿させるものなのかもしれません。フンメルからショパンに繋がるピアノ曲は、装飾が多く、軽やかなタッチと主旋律を透明感ある響きで再現しなければなりません。
現代のピアノでも名演奏家はそういう演奏を聞かせてくれます。古楽器ではより明確になるはずですが、録音のためか、演奏の為か、ピアノの音が濁りすぎて聞こえるところが多々あります。

この種の古楽器演奏で演奏、録音共に優れていると思ったのは、Voces Intimae Trioの全集です。ピアノ三重奏ですが機会があれば是非。

といってもこの演奏は悪いと言っておりません。非常に丁寧に演奏されており、また楽しく演奏している様子がうかがえるものです。シューベルトのます五重奏も第一楽章から温かみと心地よいテンポで我々を魅了してくれます。

CHpt87
The Music Collection
Simon Standage violin
Peter Collyer viola
Poppy Walshaw cello
Elizabeth Bradley double-bass
Susan Alexander-Max fortepiano - director
Recorded in:
Finchcocks Musical Museum, Goudhurst, Kent
20-22 May 2013

フンメルのフルートとピアノ為の作品集

PH13042久々のニューリリース。






Flute and Piano Sonata in D major, Op. 50
Flute and Piano in A major, Op. 62
Variations on 'Une folie' for flute and piano, Op. 14
Flute and Piano Sonata in G major, Op. 2, No. 2


フンメルのフルートソナタは、ウイーン古典派の正当派ソナタ。後期の作品のようにロマン派を髣髴させる部分は少なく、特に師匠のモーツァルトの後継者たらんとする骨格のしっかりした楽曲となっている。
きらびやかで軽やか・・・そう、モーツァルトの曲って言われても解らないくらい。

ニコレ等も作品集を残しているが、この新譜にも期待!



Release date:25-11-2013
Format: CD
Genre: Classical
Catalogue Number:PH13042
Label: Profil
 

 

シューベルト:ピアノ五重奏曲『ます』、フンメル:ピアノ五重奏曲 デンハーグピアノ五重奏団

HMVサイトより 新譜紹介

「19世紀における珠玉のピアノ五重奏作品集 Vol.1」として、下記のシューベルトとフンメルの五重奏が第一弾でリリースされるようです。この二曲に関しては過去にも何度も触れております。

期待したいのは、この時期の他の作曲家のリリースが継続的になされること。第一弾と謳っておいて立ち消えになる企画が多すぎます。

オンスロー、リース、F.X.モーツァルト、クラーマー、ドュシェック、リンマー... ブリリアントレーベルから出ているシリーズを凌ぐものにしていただきたいです。


*********************************
・シューベルト:ピアノ五重奏曲イ長調 D.667『ます』
・フンメル:ピアノ五重奏曲変ホ短調 Op.87

 デンハーグピアノ五重奏団
  小川加恵(フォルテピアノ)
  高橋未希(ヴァイオリン)
  アダム・レーマー(ヴィオラ)
  山本徹(チェロ)
  角谷朋紀(コントラバス)

 録音時期:2011年8月31日〜9月2日
 録音場所:デンハーグ、デルフト・カトリック教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 録音エンジニア:タッド・ガーフィンクル(Ma recordings)
 日本語解説・帯付
----------------------------------
超優秀録音
天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏の最新録音!
第16回ファン・ワセナール国際アンサンブル・コンクールで優勝し、
ヨーロッパ・デビューを果たした今話題のアンサンブルによる待望の初録音登場!

第16回ファン・ワセナール国際アンサンブル・コンクールで優勝し、ヨーロッパ・デビューを果たした今話題のアンサンブル、デンハーグピアノ五重奏団がついにCDデビュー! 非常に高い演奏技術と豊かな表現力をもった当団が傑作『ます』に挑みました。今後ますますの活躍が期待される彼らの瑞々しい音楽をご堪能ください。

【天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏こだわりの録音】
録音にはMAレコーディングズの特別改造されているコルク社のMR-2000SのDSDレコーダーを、マイクロフォンはMAレコーディングズ専用のラインレベル出力の世界で2本しかない特別もの使用。またマイクロフォンケーブルはUSAのSTEREOLAB社のカスタムメイドの採用し、非常にリアルな音声をとらえております。

【デンハーグピアノ五重奏団】
オランダ王立デンハーグ音楽院古楽科で学んだメンバーを中心に、2008年発足。2009年オランダ、ユトレヒト古楽音楽祭でデビューし、その後も2010年バルセロナ古楽音楽祭(スペイン)、サント古楽音楽祭(フランス)、アントワープ古楽音楽祭(ベルギー)などヨーロッパの主要な古楽音楽祭に招聘される。2011年度TYリミテッドサポートプログラムによるレコード支援対象団体に選ばれ、2012年7月には当団初となる、CD「19世紀における珠玉のピアノ五重奏作品集 Vol.1」(MAJ508)が発売される。2011年11月、オランダ、アムステルダムで行われた第16回ファン. ワセナール国際古楽アンサンブル・コンクールにて第1位を受賞。2012〜2013年にかけてオランダ、ベルギーにて優勝記念ツアーが予定されている。(キングインターナショナル)



音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ


フンメル 「グランド・ゼレナーデ」Op.66

奥山彩さんらが演奏するフンメル「グランド・ゼレナーデ」Op.66
モーツァルトから始まって当時のオペラヒットソングパレード!!
オリジナル楽器による演奏です。美しいです。



これらは一般にはCD化されていないようですが、2曲の七重奏曲(Op.74 and  Op.114)の演奏はCD化されています。

Hummel: Piano Septets

ComposerJohann Nepomuk Hummel (1778-1837)
Format1 CD jewelcase
Cat. Number94041
EAN Code5028421940410
ConductorMilos Valent
FluteLucie Duskova
OboeEduard Wesley
ClarinetRobert Sebesta
Natural HornRudolf Linner
Natural TrumpetJean-Luc Machicot
ViolinSharman Plesner
ViolaMilos Valent
CelloMichal Stahel
Double BassTibor Nagy
FortepianoAlessandro Commellato
FortepianoAya Okuyama
EnsembleSolamente Naturali, Bratislava
PianoforteAlessandro Commellato
PianoforteAya Okuyama



 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメル:ヴィオラのための作品集

遅ればせながらあけましておめでとうございます。

さて、2011年の最初はCDの紹介です。

今回は、ヴィオラのための作品集です。
AP0226
1.ヴィオラ・ソナタ変ホ長調 Op.5 No.3
2.ヴィオラとピアノのためのアリオーソ
3.ヴィオラと管弦楽のためのポプリ Op.94
4.チェロ・ソナタ Op.104(マルチン・ムラフスキによるヴィオラ用編曲版)
5.ヴィオラとピアノのためのワルツ

マルチン・ムラフスキ(ヴィオラ)
ウルシュラ・シリンスカ(ピアノ)
フンメル・プロジェクト管弦楽団/リシャルト・ハントケ(指揮)


リリースが発表されたときの収録曲を見て、「さて、フンメルにヴィオラ用の作品が5曲もあったかな?」なんて思って、「新発見だっらラッキー」と思い入手いたしました。で結果ですが...
1.は1798年に作曲されたオリジナル曲で比較的録音の多い作品。モーツァルトだよと言っても気づかない人いっぱいいると思えるほど、メロディー、展開、曲の陰影が師匠そっくりな作品です。そうした意味では古典派のとても魅力的なチャーミングな曲で、特に第2楽章の優美さやロンド楽章の華麗さは必聴です。
演奏は、適切なテンポ間で気持ち良く聞かせてくれます。

さて、気になっていた曲の1つ、2.のアリオーソって、と思い聞きましたところ、何のことはない、ピアノ三重奏ホ長調Op.83の第2楽章を編曲したものでした。解説を読んでもそう説明されていたのでフンメルのオリジナルではありません。演奏家による編曲です。しかし、この解説には「ピアノ三重奏第1番から」と書かれていますが、間違いですね。第1番は、通常変ホ長調Op.12のことですし、一番最初のピアノ三重奏という意味では、Op.3の1で、どちらの曲でもありませんから、やはり表記ミスでしょうか?

3.ヴィオラと管弦楽のためのポプリ Op.94は、フルバージョンとしては2種目の録音の登場です。その最初のCHANDOSからリリースされたシェリー/ロンドンモーツァルトプレイヤーズと比較するとオケがややもったりしていて、録音もオケが奥に引っ込みすぎていて、ヴィオラが前に出過ぎですが、フンメルが狙った通り、モーツァルトやロッシーニのオペラの旋律が次々と出てきて、大変楽しいメドレー協奏曲として魅力を伝えてくれます。ソロのパーとに関してもスラー、スタッカート、テンポと音の強弱を使って、様々な情景を描き出しています。ソロがよく聞こえるので、これから演奏の参考にしようとして視聴するには良いかも。
オケ・録音含めた全体的な好みは、CHANDOS盤かな?

4.はそのまんま名曲チェロソナタOp.104のヴィオラ盤。ところどころフレーズが変わっていたり、音の高さが変わっていたりして、オリジナルに慣れてしまっている人には違和感があるが、最初だけ。とても美しい演奏を聞かせてくれます。これもありだなと思わせるもの。
解説には、昔から出回っていたヴィオラ編曲版を参考にアレンジした、とあるので、作曲家が意図していたかいないかは知りませんが、昔からヴィオラ版があったということですね。知りませんでした。

さて、もう一曲未知の曲6.ですが、これは解説では言及されていませんでした>オイ
2つのトリオをもつ典型的なワルツなので、舞曲集の譜面をさらってみましたが、見当たりませんでした。といことで、オリジナルがなんの曲であるのかはっきりしません。それとも本当にオリジナルのヴィオラとピアノの為のワルツ(作品番号なし)なのでしょうか?
どなたか知っていらっしゃる方いらっしゃいましたら、是非ご教示を!!


http://www.mdt.co.uk/MDTSite/product//AP0226.htm



 
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルの管楽合奏曲とオペラ編曲版

The Classical HarmonieThe Classical Harmonie
販売元:Hyperion
発売日:1999-10-12

クチコミを見る

 

フンメルの珍しい楽曲が聴ける一枚。

フンメル唯一の管楽合奏曲「パルティータS.48」とジングシュピール「ロバの皮」から抜粋され管楽合奏用に編曲された組曲。

パルティータはMD+Gから既発されているが、フンメルの17曲あるオペラの録音は一部の序曲を除いて皆無。コミックオペラであろう事が創造できる楽しい音楽が並んでいます。

収録曲と試聴はこちらで出来ます。

http://www.hyperion-records.co.uk/al.asp?al=CDH55037&f=hummel

フンメル 3つの弦楽四重奏曲Op.30

_SL500_AA300_
Johann Nepomuk Hummel: Three String Quartets, Op 30
販売元:Hyperion
発売日:1993-03-04
クチコミを見る





 フンメルは弦楽器のみ室内楽は、弦楽三重奏を2曲とここに収められた3曲の弦楽四重奏しか書いてません。
いずれもCDでリリースされているので手に入れられますが、弦楽四重奏の録音はこれが唯一。
師であるモーツァルトやハイドンの研究の結果生まれた作品ではありますが、どうも当時ライヴァルとして意識していたベートーヴェンの四重奏曲の出版に触発されて書いたようです。この二人は、着かず離れずの関係を死ぬまで続けましたが、それはお互いがそれぞれを評価していたということです。

 作品は、モーツァルトのハイドンセットや、ベートーヴェンの中期以降の作品には及びませんが、典型的な古典派ソナタ形式のお手本のような作品で、ボッケリーニをはじめとする同時代人の作品に劣るようなことは無く、楽しめます。
演奏も録音も優秀。

フンメル ピアノ三重奏曲全集

以前Mixiレビューで書いたものの写しです。

Hummel: Piano Trios, Vol. 1Hummel: Piano Trios, Vol. 1
販売元:Warner
発売日:2006-01-16
クチコミを見る

フンメルの作品・ジャンルの中では比較的多くの録音があるピアノ三重奏全集ですが、この演奏が私の一押し。

私的志向を申せば、古楽器演奏は好みではないのですが、このシリーズは、演奏と録音の美しさが際立っています。

テンポ感はやや早めながら違和感なく、自然な流れを作り、各楽器間の音量バランスもすばらしく、他の全集ものより、弦の美しさとピアノの音色は何度聞いても飽きがきません。

作品に関しては、この時代の売れっ子作曲家として聞き応え充分で、同時期のベートーヴェンの同ジャンル作品よりも売れていたことは頷けますし、今聞いても納得できます。

深遠さという部分ではベートーヴェンの後期作品にかないませんが、師匠のモーツァルトを継承した明と暗、陰と陽が移ろう繊細さとメロディーの美しさは一級品です。

Hummel: Piano Trios, Vol. 2Hummel: Piano Trios, Vol. 2
販売元:Warner
発売日:2006-01-16
クチコミを見る
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード