フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

オペラ

フンメル/歌劇「ロバと女王(ロバの皮)」からの音楽

フンメル:歌劇「ロバと女王 またはロバの皮」より今回は序曲とオペラのハイライト・メドレー集のようなピアノのためのポプリ2曲の打込音源で紹介。
 Picture-3-624x459
画像:映画「ロバと女王」より

フンメルが作曲したオペラの最大ヒット曲となった。1814年作。


録音されたものでオペラ全曲を聞けることはないが、W.セドラックが管楽合奏用に編曲した組曲はハイペリオンからリリースされています。


ピアノ曲のほうは、乾まどかが演奏するフンメル・アット・ザ・オペラのOp.58が、
また、ジュリアーナ・コルニが演奏するCDは、Op.58と59のセレクト集となっています。



「ロバと女王 またはロバの皮」のあらすじ
原作:『ペロー童話集』

 昔々あるところに幸せな王さまがいました。
 美しいお妃さまとかわいい一人娘。金をうむロバをもつ王様は我が世の春を謳歌していました。
 ところが突然王妃が倒れ、死の床についた王妃は王に約束をさせました。王妃の遺言は「再婚するなら自分よりも美しく賢い方にして」というもの。

 王妃の死後数ヶ月の間王は嘆き悲しみ、それから再婚を考え始めました。しかし、王妃より美しい者という条件に合う者はなかなか見つかりません。ただ二人の間に生まれた一人娘だけがその条件をそなえており、それを理由に娘に求婚したのです。

 驚いた娘は名付け親の仙女に相談し、その指示道理無理難題を王に持ちかけました。
 
  最初は空色のドレス、次は月のドレス、そして太陽のドレス。ありえないはずのドレスを国王は権力を使って持ってきました。 最後に金をうむロバの皮を依頼し、これを届けられた王女は、この被り物のドレスを着て、隙を見てその国を逃げ出しました。 
 
 薄汚いロバの皮を身につけた王女は農家の下女として働きはじめました。 楽しみといえば休みの日にドレスを身に着けることばかり。
e0052736_20311687
 ある時、その国の王子が王女が美しく装った姿を鍵穴から覗き見ました。それ以来恋わずらいに悩むようになった王子のただ一つの望みは『ろばの皮』と呼ばれている下女にケーキを作ってもらうことでした。
 
 その望みはかなえられ、『ろばの皮』はケーキを焼く時自分のエメラルドの指輪を生地のなかに練りこみました。
 
 指輪を見つけた王子はそれにあう指の持ち主と結婚すると宣言。国中の娘達が試し、最後に『ろばの皮』の指にぴったり嵌ったのでした。そして王女の身分が公にされ、父親と王女は和解し、幸せな婚礼が執り行われたのでした。

 めでたしめでたし、 のよくある話ですね。


アニメもありましたので紹介しておきます。

a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】フンメル/歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)

込み音源です。
ヨハン・ネポムク・フンメル作曲
歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)

フンメルは生涯に17曲ものオペラを作曲していますが、現在ではその大半の楽譜が失われています。
またほとんどが1804年から10年間のウイーン時代に書かれたものです。

現在録音された全曲集もジングシュピール『ギーズ家のマティルド』Op.100(1810年作)の1曲のみ。

今回は、 歌劇『ロバの皮』, S.101(1814作)より序曲 ホ長調を打込んでみました。
音源はGARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIAですが、使い慣れていないのでこんなものか、という感じですし、聞いたことがないのでお手本の演奏はなく、あくまでもオーソドックスに作成しました。
高い音源欲しいですが、趣味の範疇超えていますし、無理ですね(笑)

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Overture in E from The Opera"Die Eselshaut oder Die blaue Insel" S.101


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA

フンメル:歌劇『ギーズ家のマティルド』


フンメルは、1786年から1988年までの2年間、モーツァルトの家に同居してレッスンを受けていました。その間フンメルは数多くのピアノ協奏曲の名作群や、「フィガロの結婚」の完成を目の当たりにしてきました。
それだけではなく、フンメルは師匠のピアノ協奏曲のカデンツァを勉強したり、交響曲を写譜や編曲をしていました。モーツァルトのこの時期の少年フンメルに与えた影響は多大で、フンメルの死まで続きます。

その後の大きなヨーロッパ演奏旅行とクレメンティへの師事を得て戻ったウイーンで、フンメルはベートーヴェンと同じ時期に同じ師匠の元で学びます。J.ハイドン、A.サリエリ、G.アルブレヒツベルガーの3人です。ハイドンとベートーヴェンの関係は微妙でしたが、フンメルに対してはかなり評価し、援助しております。ハイドンは、エステルハージ家の自分の後継者として推薦し、フンメルの最初の就職先が決まったのです。フンメルは途中幾度となく同家との諍いを経験しましたが、結局1804年から1811年までの7年間をここで働くことになります。

この時代のフンメルの作品は、同家の作品とウイーンからの依頼作品で膨大かつ幅広いジャンルに跨っており、特にピアノを伴わない作品の多くは、この時代のものです。トランペットやファゴットの協奏曲、膨大な宗教作品や舞台作品、歌劇のほとんどが作曲されています。

この『ギース家のマティルド』もOp.100という後期の作品番号を与えられていますが、これは、ワイマール宮廷楽長の時代にこの作品を改定し、1820年に出版したためです。しかし、この作品のオリジナルは1810年に完成し・初演されています。

今回リリースされたCDには、この初版の序曲も収録されているのが嬉しいところです。

94043
・フンメル:歌劇『ギーズ家のマティルド』全曲
 クリスティーネ・ガイリテ(ソプラノ)
 フィリップ・ドゥ(テノール)
 ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン)
 ヒョルディス・テボー(ソプラノ)
 オンドレイ・シャリング(テノール)
 マリアン・オルシェフスキ(テノール)、他
 ソラメンテ・ナチュラリ/ディディア・タルパイン(指揮)


 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

初のフンメルのオペラ作品の録音。拍手です。

・フンメル:歌劇『ギーズ家のマティルド』全曲
 クリスティーネ・ガイリテ(ソプラノ)
 フィリップ・ドゥ(テノール)
 ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン)
 ヒョルディス・テボー(ソプラノ)
 オンドレイ・シャリング(テノール)
 マリアン・オルシェフスキ(テノール)、他
 ソラメンテ・ナチュラリ/ディディア・タルパイン(指揮)


このCDは、2008年、2009年にヨーロッパで復刻演奏された際のメンバーにてスタジオ録音されたものです。
録音は優秀で、弦が少なめのバランスですが、速いテンポで溌剌とした演奏を聞かせてくれます。
歌手陣も優秀、主人公の2人はガイリテ(ソプラノ)、ドゥ(テノール)は若々しくみずみずしい歌声をきかせてくれ、このCDが「とりあえず珍しい作品を録音してみました。演奏はニの次です」というものではなく、しっかり聞ける作品になっているところが良いです。

台詞はカットされており、音楽部分のみの収録ですが、初版の別バージョンの序曲と、間奏曲も収録されているので貴重です。

作品は初めて聞きましたが、合唱曲が多く、しかもサリエリの円熟期の作品の影響が大きいのがすぐわかります。アリアに関しては面白く聞けるのですが、モーツァルトほど優美なメロディー、官能性といったものはないです。しかし、後宮からの誘拐や魔笛ばりのコロラトゥーラアリアもあり、楽しく聞けます。全体的にティンパニが多用されていて、派手目の曲が多いです。

強引に例えると、モーツァルトの「ツァイーデ」「カイロの鵞鳥」といった未完成作品を聞いているかんじ? これには異論あるでしょうが、あくまでも一回全体を通して聞いた個人的な感想です。

とにかく初のフンメルのオペラ作品録音。拍手です。


 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

初のオペラ録音リリース

フンメルが、歌劇を17作品も残しているのは意外かもしれませんが、その殆どがウィーン時代、エステルハージ家時代のもので、ピアノ巨匠としてヨーロッパ中を熱狂させる前のことです。

それら作品は、現在では全く演奏されることもなく、また譜面も失われたものもありますが、今回、Brilliant Classicsからジングシュピール

『ギーズ家のマティルド』Op.100(1810年)

がリリースされます。


世界初録音。フンメルのオペラとしての録音も最初のものと思われます。
この作品は、一部ピアノ用に編曲されているので、雰囲気は知ることができますが、やはり情報含めて全く知らないので、楽しみです。



94043MATHILDE VON GUISE

Solamente Naturali / Didier Talpain
 

Mathilde...... KRISTINE GAILITE
Beaufort .... PHILIPPE DO
Duke ........... PIERRE-YVES PRUVOT
Baroness ... HJÖRDIS THÉBAULT
Claudina ..... EVA SUSKOVA
Valentino.... ONDREJ S���ALING
Nicolo  ....... MARTIN MIKUS
Leszensky .. MARIAN OLSZEWSKY

 
Opera in three acts
Libretto after Mademoiselle de Guise by Emmanuel Mercier-
Dupaty Weimar revised version from 1821 – in Italian

World premiere recording

CD1 ACT 1 · ACT 2 BEGINNING
CD2 ACT 2 CONCLUSION · ACT 3

品番:BRL94043

----------------------
日本での発売は、2010年06月25日で2枚組み。1,300円前後と思われます。


このオペラの序曲はに関しては、以前から聞く事ができました。

CHAN%20104151つは、ハワード・シェリー/ロンドン・モーツァルトプレイヤーズの録音で、Chandosからリリースされているフンメルのバレエ音楽『ミュティレネのサッフォー』Op.68の序曲として。
これは、どちらかが転用されたものですが、おそらくオペラの方が先に作曲されたので、バレエ曲の方が転用されたものと思われますが、しかしこのバレエ曲の重要なモチーフがこの序曲の序奏部に使用されているので、正確なところは判りません。

hummel005もうひとつ、ワイマール・チューリンゲン室内管弦楽団
のCD(DS1093-2)で『ギーズ家のマティルド』序曲として収録されています。
このCDにはOp118のソプラノとオーケストラの為の変奏曲という珍しい作品も聞けます。




 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード