フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:オペラ

 知名度、実績、作曲家・演奏家としての能力、そしてモーツァルトの直弟子で後継者....。1819年の初頭、フンメルにとっては成るべくしてなったワイマール宮廷の音楽監督である。ここでの契約はフンメルにとってもエステールハージ時代やシュトゥットガルト時代とは大きく異 ...

フンメル:歌劇「ロバと女王 またはロバの皮」より今回は序曲とオペラのハイライト・メドレー集のようなピアノのためのポプリ2曲の打込音源で紹介。 画像:映画「ロバと女王」よりフンメルが作曲したオペラの最大ヒット曲となった。1814年作。YouTube→フンメル作曲 歌劇 ...

込み音源です。ヨハン・ネポムク・フンメル作曲歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)フンメルは生涯に17曲ものオペラを作曲していますが、現在ではその大半の楽譜が失われています。またほとんどが1804年から10年間のウイーン時代に書かれたものです。現 ...

フンメルは、1786年から1988年までの2年間、モーツァルトの家に同居してレッスンを受けていました。その間フンメルは数多くのピアノ協奏曲の名作群や、「フィガロの結婚」の完成を目の当たりにしてきました。それだけではなく、フンメルは師匠のピアノ協奏曲のカデンツァを勉 ...

・フンメル:歌劇『ギーズ家のマティルド』全曲 クリスティーネ・ガイリテ(ソプラノ) フィリップ・ドゥ(テノール) ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン) ヒョルディス・テボー(ソプラノ) オンドレイ・シャリング(テノール) マリアン・オルシェフスキ(テノ ...

フンメルが、歌劇を17作品も残しているのは意外かもしれませんが、その殆どがウィーン時代、エステルハージ家時代のもので、ピアノ巨匠としてヨーロッパ中を熱狂させる前のことです。それら作品は、現在では全く演奏されることもなく、また譜面も失われたものもありますが、 ...

↑このページのトップヘ