フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

カルクブレンナー

ヨハン・ネポムク・フンメルの生涯−9.幸福なワイマール時代(3)

以後の記述は、The Hummel Projectの記事をメインに加筆・改定しております。
 

=============================
 
 フンメルは執筆活動も行い、「モーツァルト回想録」、「自伝」、「ピアノ奏法の理論と実践詳論」等を執筆したが、そうした活動と絶え間のない弟子へのレッスン等に非常に多くの時間を取られるようになり、徐々に自作の作品の創造は減っていくことになる。
 もう一つは先にも触れた音楽家の著作権の保護の運動である。ベートーヴェンも頭を悩ましていた問題であるが、海賊版は作家に一銭の収入ももたらさない。それを撲滅するための運動であった。こうした活動を行った重要な音楽家としては史上初となる。

 こうした公務、執筆、著作権の活動があり、1824年は演奏旅行には出かけず、ワイマールに留まった。この年翌年のツアーの為の計画を練っていたフンメルは、長年の経験と知恵を絞り、行く都市に先行して大々的な宣伝活動を行うように広報活動をすることとしました。この役目にフンメルの崇拝者であるパリ音楽院監督だったケルビーニが買って出た。



Moscheles 当時のパリは、モシェレスカルクブレンナーらのようにドイツやイギリスからの若いピアニスト、その他多くの国と地域から演奏会に訪れる人たちで溢れる音楽界の華やかな中心都市となっていた。フンメルはそのパリに妻エリザベートと長男、弟子
Kalkbrenner
のヒラーを伴って、1825年にやってきた。4月にはラサールエラールで4回の公演を成功させた。ここでフンメルは実際には1814年に作曲されたピアノ協奏曲(第4番)ホ長調『告別』,Op110を新作として発表した。ただし、オーケストラは手直しし、トロンボーンの追加など改定した。ピアノパートもより華やかに、テクニカルに改定された。また、現在の原曲の構成を拡大し、最終版では1/5程がこの時期に追加された部分である。

 この年のパリでの演奏会は大きな賞賛を生み、コンサートのチケットの争奪戦は記録的なものだった。こうした功績から、翌1826年には現在でもフランスの最も名誉ある賞とされる『レジオンドヌール勲章』の対象者として、若いリストと争われました。聴衆はフンメルに充分な資格があるという意見が多かったため、受賞となった。
 こうした演奏旅行で得た実績と名声は各国で賞賛され、彼の肩書には、ワイマール白隼勲章、フランス学士院、ソシエテ・デザンフォン・ダポロン、ジュネーヴ音楽協会、オランダ音楽振興協会、ウィーン楽友協会の会員、という文字が並ぶ。またロンドンのフィルハーモニー協会の最初期の名誉会員にもなっている。
■ピアノ協奏曲第4番ホ長調,Op110『告別』より
 


 ワイマールでも様々な交流を行っている。ゲーテとは定期的に会い、ゲーテの家に呼ばれることも多かった。彼の家で私的な演奏会もしばしば行われており、フンメルは、ゲーテとの交流の中で多くの未出版作品(プライベート楽曲)をゲーテに聞かせ、また献呈している。
 それらの多くはカンタータで、代表的なものとしては、下記があげられる。
S.158 ◇ゲーテの誕生日用合唱曲「今日、気高き仲間に」 1822 Heute lasst in edlen Kreis (T, B, SATB) 
S.173 ◇ゲーテの誕生日用独唱曲「陽気な日は」 1827 Kehrt der frohe Tag (独唱、声) 
S.177 ◇ゲーテの誕生日用歌曲 変ロ長調 1829 歌詞欠
S.180 ◇ゲーテの誕生日用独唱曲「私たちは陽気に登る」 1829 Wir steigen frohlich (独唱、声) *消失 
S.187 ◇ゲーテの在ワイマール50年祭用独唱曲「歌声をあげよ」 1825 Herauf Gesang (独唱、声) *消失 
S.195 ◇ゲーテの誕生日用歌曲「夢は快く甘かった」 1831 *未完 Lieblich war der Traum 

 1825年、旅に出なかった年、ワイマールに友人でもあるモシェレスを呼び寄せて、演奏会を企画した。その後、フンメルはわざわざ訪問してくれたモシェレスのために壮大な晩餐会を主催し、大公妃の前で二人で連弾も披露した。
 
 こうして、フンメルのワイマールでの活動は、劇場の監督のほかに、年ごとの年金募金演奏会、祝賀会、公爵家の人々やゲーテなどの地元の名士敬意を表した特別演奏会、来訪音楽家の演奏会(1829年のパガニーニがその例の代表で、招聘・準備、演奏会運営までこなしたことは前回述べた)、さらに内輪のパーティーなどを主催し、指揮に演奏に、と活躍して町中から愛される存在であった。

 ゲーテと共にワイマールを訪れる人々の「目的そのもの」となっていった。

「ゲーテと会い、フンメルの演奏を聴かずには、この町の訪問は完全なものにならない」

a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

カルクブレンナー ピアノ協奏曲集(ハワード・シェリー)

フリードリヒ・ヴィルヘルム・カルクブレンナー
(Friedrich Wilhelm Kalkbrenner、1785年11月7日 - 1849年6月10日)


Kalkbrennerドイツで生まれ、主にフランスでピアニスト、ピアノ教育者、作曲者として活動した。両親がカッセルからベルリンへ移動する途中で生まれたとされている。パリ音楽院で学んだ後、ウィーンでハイドン、クレメンティ、アルブレヒツベルガーにも学んでいることから、「モーツァルトに学んだ」ということ以外は、フンメルと全く同じである。

パリではピアノの製造会社プレイエルの役員となり、ピアニスト、ピアノ指導者としての名を馳せた。ただ、器具を使っての手首の固定機器の推奨や長時間特訓を特徴とした教育法だったらしい。これらの指導法はフンメルのそれとは全く逆であったのが面白い。


作曲家としてのカルクブレンナーは、ピアノ協奏曲、多くのピアノのための作品や室内楽から宗教曲やオペラなどにも及び、時代的にも、作風的にもフンメルに近いところがある。

パリで大御所として君臨していた時代でも、同郷の先輩・フンメルには敬意を表して接していたらしく、フンメルのパリ演奏旅行の際には、モシェレスらとともに手足となって働いている。

自らをフンメルやベートーヴェンらとともに「古典派」と位置づけていた。次世代のリストやメンデルスゾーンからは、その気取った立ち振る舞いなどを揶揄されたりしていたが、ショパンとは交友を続けていたようである。


さて、今回の第2番と第3番であるが、あくまでもソナタ形式による典型的な古典派協奏曲であるが、そのメロディーはフンメルと遜色ないもの。ショパンが好んだのも理解できるほど繊細な面やロマンティックな雰囲気を持ち、明らかにベートーヴェンの楽派とは違うブラブィーラ演奏を多用しており、装飾やパッセージ等からもフンメルと同様に「ウィーン楽派」の当時の代表的ピアニストだったことも頷ける。

第2番は、トロンボーンを含んだ2管編成オーケストラを持つが、前奏以外は終始伴奏に徹する作風もショパンと同様である。
第3番は、ティンパニーを使用していないが、室内楽的という感じはしない。トランペットのアクセントもある楽曲で、何故ティンパニーを入れなかったのか理解できない。
アダージョ・エ・アレグロ・ディ・ブラヴーラは、当時の流行である演奏会用小協奏曲である。メンデルスゾーンの「華麗なロンド」のような雰囲気で、聞いていてとても楽しい。



同じハワード・シェリーによる演奏で1番と4番に続いてのリリースだが、今回の発売で、全4曲のピアノ協奏曲が聞けるようになったことは嬉しい限り。初期ロマン派が好きな人やフンメルを好きな人、ショパンの協奏曲が好きな人は、是非第1番第4番のCDと合わせて聞いてほしいと思う。


ちなみに、カルクブレンナーのピアノと管弦楽の為の作品は下記の通り(○が付いているのはCD化されて聞けるもの)

○ピアノ協奏曲 第1番 ニ短調,Op.61
○ピアノ協奏曲 第2番 ホ短調.Op.86
○ピアノ協奏曲 第3番 イ短調,Op.107
○ピアノ協奏曲 第4番 変イ長調,Op.127
 2台のピアノと管弦楽のための協奏曲 ハ長調,Op.125
 友好の誓約、大ロンドー,Op.66
 ベルリンの魅力、華麗な大ロンド,Op.70
 アイルランド民謡「我が家は冷たき土の上」によるファンタジーと大変奏曲,Op.72
 ロッシーニの歌劇「タンクレード」のアリア「こんなに胸さわぎが」によるファンタジーと華麗な変奏曲,Op.83
 「イギリス国歌」、序奏とフィナーレを伴う華麗な変奏曲,Op.99
 フランス民謡「ジャック兄さん、鐘をついてよ」による序奏と華麗なロンド,Op.101
○アダージョ・エ・アレグロ・ディ・ブラヴーラ 変イ長調,Op.102
 大幻想曲「夢」 変イ長調,Op.113
 カールズバードの魅力、華麗なる大ロンド,Op.174




音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ


ショパンの運指法

ショパンは独特な運指法を用いていたが、その中でも重要な考え方ひとつを紹介。

ピアノを弾くにあたり、各指の個性を尊重し、それを活かすということで、この考え方は彼の運指法全体のなかに貫かれている。この点についてショパンは次のように述べている。

−−−−−−−
 「指の力を均等にするために、今まで無理な練習が随分行われてきた。指の力はそれぞれ違うのだから、その指に固有なタッチの魅力を損なわないほうが良く(損なってはいけないのは当然である)、逆にそれを充分活かすよう心がけるべきだ。指にはそれぞれの造りに応じた力が備わっている。親指は一番大きくて太く力強い、そして一番短くて動きの自由な指である。5の指(小指)は手のちょうど反対側にあり、3の指(中指)は中央にあって全体の支点となる。2の指(判読不能)の次に、4の指(薬指)は一番可憐で、3の指と靭帯で結ばれているが、この指を無理矢理に3の指から離そうとしている人もいる。そんなことは不可能だし、ありがたいことに意味がないのだ。指の数だけ音色も違うものである。すべては運指法の熟達にかかっている。フンメルはこの点について最も精通していた。
 このような考え方に基づいた運指法は難しいものではない。指の造りを利用しなければならないのだから、手の他の部分、つまり手首、前腕、腕もやはり使わなければならない。カルクブレンナーが主張するように、手首だけで演奏しようと思ってはならないのである。」

参考文献:「ショパンのピアニズム」加藤一郎著
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード