フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

シェリー

モーツァルトのライバルと実の息子の協奏曲集

Franz_Xaver_Mozart_(Wolfgang_Jr)_1825フランツ・クサーヴァー・モーツァルト(1791-1844、以下フランツ)は、父モーツァルトが亡くなる4ヶ月前に末息子(第6子)として誕生。5歳の時、プラハでニーメチェク(父モーツァルトの伝記作家)からピアノの初レッスンを受け、7歳の頃からピアニストを目指して父の簡単な作品を弾くようになり、同時に父のライバルとされたサリエリに歌唱と和声法のレッスンを受けます。また大巨匠のハイドンからも教育を受けたり、さらに父の一番弟子でもあり、当時すでに人気作曲家として活躍していたフンメルを初め、フォーグラーやアルブレヒツベルガーといった父と交流のある音楽家の教育を受け、後に母コンスタンツェの希望でヴォルフガング2世を名乗ってピアニストとして活躍しました。

 実際にフランツがピアニストとして最初に活躍したのは、1805年4月8日、父の友人でもあるハイドンの73回目の誕生日を祝って催された演奏会です。この時、フランツは14歳。彼は父のピアノ協奏曲および自作曲などを演奏しました。聴衆は大喝采でこの若いモーツァルトを迎え入れ、ハイドンも涙を流して拍手したと伝えられています。当時の評論も好評で前途有望かに思えましたが、父の重圧でしょうか? はたまた母コンスタンツェの期待の大きさからくるプレッシャーでしょうか? 17歳にして独立してしまいます。「父モーツァルトの名を汚さないように」と皆から言われたことが、彼にとって一生の重荷となっていったようです。とにかくウイーンから離れたかったのでしょう。とうとうポーランドに家庭教師の職を見つけ出て行ってしまったのです。当時の職業音楽家の生計事情が悪かったため、彼も父同様定職探しに奔放し、ピアノ教師になったり、演奏会を開いたりして各地を転々としています。
 
 1819年には、ウィーンを離れてから11年間会っていなかった母親と再会しましたが、その時フランツは次のように語っています。
 
「彼女は私の愛せる本当の母親になっていた」
 
  再び演奏旅行に出かけ、ドレスデンでは指揮者兼作曲家であったウェ−バーを訪問したり、プラハでは演奏会で成功収めたりしています。さらにイタリアに行った際には、当地で公務員となっていて20年間生き別れになっていた兄カルル・トマスに再会しました。

  さて、フランツはその後も各地を転々としながら定職を見つけるため活動しますが叶わずじまい。31歳に就職活動に終止符をうち、レンベルグでピアノ教師として生きていくこととなります。1841年、ザルツブルグで「モーツァルテウム」というモーツァルト財団と記念館が設立された時も館長職を希望したが叶わず、「名誉楽長」という地位に落ち着いてしまいました。翌1842年には、母コンスタンツェが79歳でザルツブルグで亡くなり、母の長寿とは逆にフランツは翌年1843年7月29日に53歳の生涯を閉じました。


フランツのピアノ協奏曲は意外と多くリリースされており、古くはヘルウィグの演奏でOPUSというレーベルから1970年代にはリリースされていました。
それ以外にも
0044747206226.團▲龍奏曲第2番が父モーツァルトと祖父レオポルドとの曲とカップリングで収録されているCD






0017042BC
▲▲鵐肇襯皀鵑離團▲里派磴梁22番とのカップリングで収録されているCD







FXMozart_1501752_DSピアノ協奏曲2曲とも収録されているNOVALISからリリースされたCD






など数種類が存在し、それらに今回のシェリーのアルバムが加わりました。

演奏はさすが、モーツァルト、ベートーヴェン、フンメル、モシェレス、カルクブレンナー他多くの作品をリリースしてきただけあって、粒が際立った若々しく華麗なピアノテクニックを聴かせてくれます。

Muzio_Clementiクレメンティの協奏曲も3種ほどリリースされていますが、これはピアノソナタのOp.33-3はもともとピアノ協奏曲であったであろう、ということで復元された曲ですので、オーケストラ部などオリジナルではありませんが、違和感なく聞くことができます。クレメンティに関しては交響曲も重厚で華麗でとっても面白いのですが、このピアノ協奏曲も同世代のモーツァルトとは違って、より現代のピアノにあう楽曲であり、部分的にはベートーヴェン的であり、第一楽章の展開部のピアノパッセージ等はクレメンティの弟子でもあるフィールドのピアノ協奏曲に出で来るようなフレーズがあり聴きごたえあります。


ハワード・シェリーのピアノと指揮での「古典派ピアノ協奏曲シリーズ」の第三弾は、F.X.モーツァルトの2曲のピアノ協奏曲と、F.X.の父 W.アマデウス・モーツァルトのピアニストとしての好敵手、M.クレメンティのピアノ協奏曲という大変面白い組み合わせのアルバムです。

第一弾でドゥシェック、第二弾はシュタイベルトと埋もれた古典派の音楽史シリーズともいえるものですが、どれも聞いていて楽しくなってしまいます。

モーツァルトと同時代の作曲家、そしてその息子の作品、マニアックですが是非多くの人に聞いてほしいなぁと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング

珍味なソナタ シュポア唯一の「ピアノソナタ」

LouisSpohrこんな曲が聞けるとは。

ハイペリオンというレーベルは、カルクブレンナー、モシェレス、ヒラー、ヘルツ、クラーマーのピアノ協奏曲の一連の録音など、私個人にとっては最も重要なレーベルの一つですが、今回、とっても珍しい楽曲をリリースしてくれました。

作曲家はマイナーな中ではメジャーな(どっちなんだ?)ルイ・シュポア。何が珍しいかというと、彼の唯一のピアノソナタがリリースされたこと

演奏はフンメルの協奏曲シリーズやハイペリオンの初期ロマン派の協奏曲シリーズでおなじみのハワード・シェリー。シェリーは最近シュボアの録音に力を入れていて、指揮者としてシュポアの交響曲全集を完成させたりもしていたが、本来のピアニストとして、今回の「珍味」ともいえるソナタを録音した。


シュポアといえば、私個人の中では古典派〜ロマン派の時代を長きにわたって活躍したドイツの重要な作曲家で、演奏家としてはヴァイオリンの名手として当時のパガニーニと争うほどの腕前の持ち主。

モーツァルトを尊敬し、ベートーヴェンやウェーバー、フンメルといった当時の大音楽との交流も盛ん、後輩の育成にも寛大かつ積極的に取り組んだ「真面目なお人」という感じです。

曲としては、古典派の形式から出発しているもののその作風やメロディーや展開手法には独自の物があり、非常に個性の強い音楽を書いている印象がある。半音階の駆使(数多くの室内楽や管弦楽曲)、混とんとした無調音楽っぽい雰囲気(交響曲第4番)、新たな形式への挑戦(ヴァイオリン協奏曲第8番)など、私の中では「挑戦者」であり、「前衛的作曲家」なのである。

ただ、何故同時代人のベートーヴェンやウェーバー、シューベルトのように「音楽室の肖像画」に組み込まれるほどに有名ではないのか? というと、それはやはり現代人から見ての大衆性の欠如、つまりは「大ヒット曲がない」という事なのかと思います。

覚えやすいメロディーもあります。美しいメロディーもあります。

でも彼の音楽に感じているのは、「いい曲だなぁ、でも何か足りない」なのです。

私の一番好きな曲は「ヴァイオリン協奏曲第7番」です。これこそシュポア! という混とんとした前奏に始まり、美しい主題の中で技巧的なヴァイオリンソロが歌う第一楽章、優美で映画のバックになりそうにロマンチックな第二楽章、やや民族的雰囲気をもつウイーン風舞曲の第三楽章。。。

この曲に物足りなさは感じていないです。個人的にはパガニーニの1番、チャイコフスキー、メンデルスゾーンと並んで4大ヴァイオリン協奏曲です(ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が入らないのは個人的嗜好です)。

でもこれ以外は、

「おっこれから盛り上がって〜〜

バーン!!!
って..... 


      来ない....」


という感じで、スカされてしまいます(笑)

それでもとても魅力的な楽曲が多いので、ここ20年くらいでかなりの作品が紹介されてきました。

でも、シュポアの当時の位置づけがいまいち解らないのである批評を紹介します。

「メンデルスゾーンが亡くなった今、シュポーアこそが現代最高の作曲家であり、対抗馬として目される存在はない。作曲という何よりステイタスの高い芸術分野を彼ほどに進化させた者はいない。そして彼はあらゆる分野において傑作を次々と生み出している。彼の才能は、世界的に見ても傑出しているというるのではないか!」(ロンドン楽友協会 1848年5月8日)

すごいですよね。ヨーロッパ中で知られた大作曲家だったのです。ブラームスは彼を古典派最後の巨匠として高く評価していました。

さて、そんなシュポアの「ピアノ作品」については、どうでしょう。彼はヴァイオリンの名手ではありましたが、ピアノの技術は「基本はできているが技巧派でも大演奏家でもない」と自負しています。ピアノが含まれる室内楽を作曲する際にはフンメルに多くの助言を求めています。それでも後期になるにつれ、ピアノを含む楽曲は増えていきます。5曲あるピアノ三重奏曲はすべて1840年代以降です。

ピアノソナタは1843年に書かれました。

ここではシュポアによくある「くど過ぎる半音階と主題の繰り返し」は影をひそめ、自由、気まま、流れ、遊びを感じられます。
これはロマン派の音楽であり、フランスの印象派の雰囲気もあり、でもショパンでもメンデルスゾーンでも、モーツァルトでもありません。

口ずさめるような(ヒット曲のような)メジャー感もありません。佳曲なんです。

でも、こうした曲を聴ける時代に生きている自分は恵まれていますね。

ご興味のある方は、ハイペリオンのリリースページに詳細な解説と試聴データがありますので是非。

ちなみにカップリングは、同期生のオンスロウの作品。オンスロウのソナタは初期の作品ですので、時代的な感覚ではより古典に戻った感が感じられます。いずれ詳しく。


034571179476Howard Shelley (piano)
Louis Spohr (1784-1859)
Piano Sonata in A flat major Op 125
Rondoletto in G major Op 149

George Onslow (1784-1853)
Piano Sonata in C minor Op 2
Six Pieces
Toccata in C major Op 6

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ