フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

シュポア

今日はルイ・シュポーアの命日です。

LouisSpohr今日はルイ・シュポーアの命日です。没後153年。

ルイ・シュポーア(Louis Spohr, 1784年4月5日 ブラウンシュヴァイク - 1859年10月22 日 カッセル)

本来の氏名はドイツ語でルートヴィヒ・シュポーア(Ludwig Spohr)というそうです。


没後150年の年に向けて多くの録音がなされましたので、最近ではあらゆるジャンルの彼の作品を聞くことができるようになりました。作風などの感想は過去に記載しました(珍味なソナタ シュポア唯一の「ピアノソナタ」)が、陰々鬱々としてなかなか盛り上がらない、

我慢の美学? 的音楽。

もしくは

言いたいことがはっきり言えない音楽? 

を書く人だという認識が、個人的に持っています。

ヴァイオリンのヴァルトォーゾですから、ヴァイオリンの為の作品が多いですが、彼はほぼすべてのジャンルに作品を残し、さらに「複合弦楽五重奏」とか、弦楽四重奏のための協奏曲とか、珍しい作品も残しています。

モーツァルトの生前に誕生し、オペラ界ではワーグナーが「タンホイザー」「ローエングリーン」「トリスタンとイゾルデ」を発表した時代も生き抜いていました。

個人的に好きな曲を紹介。
陰々鬱々なテーマが、混とんとしていって、ずっと霧がかかったような音楽....
後期の名作です。

ピアノ三重奏曲第1番ホ短調,Op.119(1841)


また、アマゾンで検索したら珍しいものもありました。こんなのもあるんですね。

1859 のルイ・シュポーア肖像画の博士の人の骨董品の印刷物
 

a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
 

珍味なソナタ シュポア唯一の「ピアノソナタ」

LouisSpohrこんな曲が聞けるとは。

ハイペリオンというレーベルは、カルクブレンナー、モシェレス、ヒラー、ヘルツ、クラーマーのピアノ協奏曲の一連の録音など、私個人にとっては最も重要なレーベルの一つですが、今回、とっても珍しい楽曲をリリースしてくれました。

作曲家はマイナーな中ではメジャーな(どっちなんだ?)ルイ・シュポア。何が珍しいかというと、彼の唯一のピアノソナタがリリースされたこと

演奏はフンメルの協奏曲シリーズやハイペリオンの初期ロマン派の協奏曲シリーズでおなじみのハワード・シェリー。シェリーは最近シュボアの録音に力を入れていて、指揮者としてシュポアの交響曲全集を完成させたりもしていたが、本来のピアニストとして、今回の「珍味」ともいえるソナタを録音した。


シュポアといえば、私個人の中では古典派〜ロマン派の時代を長きにわたって活躍したドイツの重要な作曲家で、演奏家としてはヴァイオリンの名手として当時のパガニーニと争うほどの腕前の持ち主。

モーツァルトを尊敬し、ベートーヴェンやウェーバー、フンメルといった当時の大音楽との交流も盛ん、後輩の育成にも寛大かつ積極的に取り組んだ「真面目なお人」という感じです。

曲としては、古典派の形式から出発しているもののその作風やメロディーや展開手法には独自の物があり、非常に個性の強い音楽を書いている印象がある。半音階の駆使(数多くの室内楽や管弦楽曲)、混とんとした無調音楽っぽい雰囲気(交響曲第4番)、新たな形式への挑戦(ヴァイオリン協奏曲第8番)など、私の中では「挑戦者」であり、「前衛的作曲家」なのである。

ただ、何故同時代人のベートーヴェンやウェーバー、シューベルトのように「音楽室の肖像画」に組み込まれるほどに有名ではないのか? というと、それはやはり現代人から見ての大衆性の欠如、つまりは「大ヒット曲がない」という事なのかと思います。

覚えやすいメロディーもあります。美しいメロディーもあります。

でも彼の音楽に感じているのは、「いい曲だなぁ、でも何か足りない」なのです。

私の一番好きな曲は「ヴァイオリン協奏曲第7番」です。これこそシュポア! という混とんとした前奏に始まり、美しい主題の中で技巧的なヴァイオリンソロが歌う第一楽章、優美で映画のバックになりそうにロマンチックな第二楽章、やや民族的雰囲気をもつウイーン風舞曲の第三楽章。。。

この曲に物足りなさは感じていないです。個人的にはパガニーニの1番、チャイコフスキー、メンデルスゾーンと並んで4大ヴァイオリン協奏曲です(ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲が入らないのは個人的嗜好です)。

でもこれ以外は、

「おっこれから盛り上がって〜〜

バーン!!!
って..... 


      来ない....」


という感じで、スカされてしまいます(笑)

それでもとても魅力的な楽曲が多いので、ここ20年くらいでかなりの作品が紹介されてきました。

でも、シュポアの当時の位置づけがいまいち解らないのである批評を紹介します。

「メンデルスゾーンが亡くなった今、シュポーアこそが現代最高の作曲家であり、対抗馬として目される存在はない。作曲という何よりステイタスの高い芸術分野を彼ほどに進化させた者はいない。そして彼はあらゆる分野において傑作を次々と生み出している。彼の才能は、世界的に見ても傑出しているというるのではないか!」(ロンドン楽友協会 1848年5月8日)

すごいですよね。ヨーロッパ中で知られた大作曲家だったのです。ブラームスは彼を古典派最後の巨匠として高く評価していました。

さて、そんなシュポアの「ピアノ作品」については、どうでしょう。彼はヴァイオリンの名手ではありましたが、ピアノの技術は「基本はできているが技巧派でも大演奏家でもない」と自負しています。ピアノが含まれる室内楽を作曲する際にはフンメルに多くの助言を求めています。それでも後期になるにつれ、ピアノを含む楽曲は増えていきます。5曲あるピアノ三重奏曲はすべて1840年代以降です。

ピアノソナタは1843年に書かれました。

ここではシュポアによくある「くど過ぎる半音階と主題の繰り返し」は影をひそめ、自由、気まま、流れ、遊びを感じられます。
これはロマン派の音楽であり、フランスの印象派の雰囲気もあり、でもショパンでもメンデルスゾーンでも、モーツァルトでもありません。

口ずさめるような(ヒット曲のような)メジャー感もありません。佳曲なんです。

でも、こうした曲を聴ける時代に生きている自分は恵まれていますね。

ご興味のある方は、ハイペリオンのリリースページに詳細な解説と試聴データがありますので是非。

ちなみにカップリングは、同期生のオンスロウの作品。オンスロウのソナタは初期の作品ですので、時代的な感覚ではより古典に戻った感が感じられます。いずれ詳しく。


034571179476Howard Shelley (piano)
Louis Spohr (1784-1859)
Piano Sonata in A flat major Op 125
Rondoletto in G major Op 149

George Onslow (1784-1853)
Piano Sonata in C minor Op 2
Six Pieces
Toccata in C major Op 6

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ