フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

ピアノ五重奏曲

フンメルの命日です

本日10月17日は私の研究対象でもあり愛すべき音楽家:ヨハン・ネポムク・フンメルの命日です。
grabmedaillon1


亡くなってから178年ですか〜
意外と大昔ではないんですよね〜古典派なのに。
178年なんて、「きんさん・ぎんさん」だったら、たった二世代です(笑)

趣味のDTMも4月以降は忙しくて進んでいませんが、生きてる限り続けていきます(笑)


【打込音源】
J.N.フンメル作曲
ピアノ五重奏曲 変ホ短調,Op.87(1816作)より

第1楽章アレグロ・エ・レゾリュート・アッサイ

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Piano Quintet for in E-flat minor
1.Allegro e rosoluto assai

Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Soundfonto SGM-2.01 &
GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/


----------------------------------------



October 17, 2015 is Deathdate of Hummel. 
He died on October 17, 1837.


Johann Nepomuk Hummel was born in Pressburg (now Bratislava) in 1778 into a musical family. An infant prodigy, he was taught by Mozart. In his late teens he was a leading virtuoso in Vienna, a rival to his friend Beethoven and mentored by Haydn, whom he succeeded at Esterhaza.

He became as famous as his friend and rival Beethoven. His music – in every genre bar the symphony – was enormously popular in Europe, but by the time of his death the dramatic romantic virtuosos, Liszt and Paganini were the vogue.

His music became less and less performed until he was a mere name by 1958, when his trumpet concerto was re–discovered. Recordings of some of his works – many scores still languish in museums – now reveal a wonderful, highly accessible, composer from the greatest age of classical music. The purpose of this website is to share and further develop this great discovery of recent times.

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング

【打込音源紹介】フンメル/ピアノ五重奏曲変ホ短調,Op.87

 
フンメルの有名なピアノ五重奏曲変ホ短調,Op.87打込んでみました。

が、GARRITAN PERSONAL ORCHESTRAのソロの弦楽器を使いこなせず、
弦はサウンドフォントの無料のSGM-V2.01を使いました(笑)








a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_s
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

シューベルト:ピアノ五重奏曲『ます』、フンメル:ピアノ五重奏曲 デンハーグピアノ五重奏団

HMVサイトより 新譜紹介

「19世紀における珠玉のピアノ五重奏作品集 Vol.1」として、下記のシューベルトとフンメルの五重奏が第一弾でリリースされるようです。この二曲に関しては過去にも何度も触れております。

期待したいのは、この時期の他の作曲家のリリースが継続的になされること。第一弾と謳っておいて立ち消えになる企画が多すぎます。

オンスロー、リース、F.X.モーツァルト、クラーマー、ドュシェック、リンマー... ブリリアントレーベルから出ているシリーズを凌ぐものにしていただきたいです。


*********************************
・シューベルト:ピアノ五重奏曲イ長調 D.667『ます』
・フンメル:ピアノ五重奏曲変ホ短調 Op.87

 デンハーグピアノ五重奏団
  小川加恵(フォルテピアノ)
  高橋未希(ヴァイオリン)
  アダム・レーマー(ヴィオラ)
  山本徹(チェロ)
  角谷朋紀(コントラバス)

 録音時期:2011年8月31日〜9月2日
 録音場所:デンハーグ、デルフト・カトリック教会
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 録音エンジニア:タッド・ガーフィンクル(Ma recordings)
 日本語解説・帯付
----------------------------------
超優秀録音
天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏の最新録音!
第16回ファン・ワセナール国際アンサンブル・コンクールで優勝し、
ヨーロッパ・デビューを果たした今話題のアンサンブルによる待望の初録音登場!

第16回ファン・ワセナール国際アンサンブル・コンクールで優勝し、ヨーロッパ・デビューを果たした今話題のアンサンブル、デンハーグピアノ五重奏団がついにCDデビュー! 非常に高い演奏技術と豊かな表現力をもった当団が傑作『ます』に挑みました。今後ますますの活躍が期待される彼らの瑞々しい音楽をご堪能ください。

【天才録音技師タッド・ガーフィンクル氏こだわりの録音】
録音にはMAレコーディングズの特別改造されているコルク社のMR-2000SのDSDレコーダーを、マイクロフォンはMAレコーディングズ専用のラインレベル出力の世界で2本しかない特別もの使用。またマイクロフォンケーブルはUSAのSTEREOLAB社のカスタムメイドの採用し、非常にリアルな音声をとらえております。

【デンハーグピアノ五重奏団】
オランダ王立デンハーグ音楽院古楽科で学んだメンバーを中心に、2008年発足。2009年オランダ、ユトレヒト古楽音楽祭でデビューし、その後も2010年バルセロナ古楽音楽祭(スペイン)、サント古楽音楽祭(フランス)、アントワープ古楽音楽祭(ベルギー)などヨーロッパの主要な古楽音楽祭に招聘される。2011年度TYリミテッドサポートプログラムによるレコード支援対象団体に選ばれ、2012年7月には当団初となる、CD「19世紀における珠玉のピアノ五重奏作品集 Vol.1」(MAJ508)が発売される。2011年11月、オランダ、アムステルダムで行われた第16回ファン. ワセナール国際古楽アンサンブル・コンクールにて第1位を受賞。2012〜2013年にかけてオランダ、ベルギーにて優勝記念ツアーが予定されている。(キングインターナショナル)



音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ


フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード