フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:ピアノ協奏曲

 今回は発売されてからちょっと経ってしまいましたが、リリースされるたびに逃さず買い入れ聞き込んでいるNaxosレーベルのカール・ツェルニー「ピアノと管弦楽の作品」シリーズです。 世界初録音や珍しい楽曲のオンパレードですのでこの時代の作曲家ファンとしては大変嬉し ...

シュタイベルトって聞いたことありますか? ベートーヴェンの伝記などを読むと出てきますので、名前だけは知っているという人も多いかもしれません。ちょっと音楽史やそうした作曲家のエピソード集みたいなのを読んでいる人には逆に有名な人物かもしれませんね。何と言って ...

ツェルニー:ベル・カント・コンチェルタンテ ピアノと管弦楽のための技巧的変奏曲集(タック/イギリス室内管/ボニング)レーベル名 :Naxosカタログ番号 :8.573254収録曲は、1.序奏およびベッリーニの歌劇「ノルマ」からのテーマによる変奏曲とフィナーレ,Op.2812.オベ ...

【打込音源紹介】フンメル/ピアノとオーケストラの為の序奏とロンド・ブリランテ「ロンドンからの帰還」Op.127 (1830作)  Johann Nepomuk HummelGrand Rondo Brilliant in F,Op.127 "Le repour de Lindres"Sequenced by Mikio TaoSequencer:SSW9 LiteScore creation:Musi ...

いやはや、久々に良盤ゲットです!古典派からロマン派のピアノ協奏曲を演奏・録音し続けているハワード・シェリーの演奏/指揮によるJ.L.ドゥセックのピアノ協奏曲集がリリースされました。Jan Ladislav Dussek (1760-1812)Piano ConcertosHoward Shelley (piano), Ulster Orc ...

クリストファー・ヒンターフーバー(ピアノ)/ウーヴェ・グロッド(指揮)のコンビが足かけ7年に渡って発表してきた唯一のリース(1784-1838)のピアノと管弦楽のための作品集もこの第5集で完結となります。 第5集の収録曲は、ピアノ協奏曲第2番変ホ長調 Op.42序奏と華麗なるロン ...

フンメルの生涯の話を書き直しましたが、まだ訳が間違えて理解しているところもあるかもしれません。また機会をみて改定しようと思います。今日はフンメルの師匠、モーツァルトの命日ですね。世界各国でレクイエムが演奏される日です。個人的にレクイエムの今現在での一番は ...

フンメル:ピアノ協奏曲集 第1集【収録情報】フンメル:・ピアノ協奏曲イ短調Op.85・ピアノ協奏曲ト長調Op.73・序奏とロンド・ブリランテ ヘ短調 Op.127『ロンドンからの帰還』 アレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ) 使用楽器:ヨゼフ・ベーム製(ウィーン、1 ...

先日発売された The Romantic Piano Concerto, Vol. 58 – Pixis & Thalberg から、非常に珍しいピクシスのピアノ協奏曲2曲を紹介します。批評ではなく、個人的印象・感想です。 ピクシス? 知らない人も多いでしょう。私も「ディアベッリのワルツによる変奏曲/Variatione ...

フリードリヒ・ヴィルヘルム・カルクブレンナー(Friedrich Wilhelm Kalkbrenner、1785年11月7日 - 1849年6月10日)ドイツで生まれ、主にフランスでピアニスト、ピアノ教育者、作曲者として活動した。両親がカッセルからベルリンへ移動する途中で生まれたとされている。パリ ...

↑このページのトップヘ