フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

ピアノ奏法

ヨハン・ネポムク・フンメルの生涯−8.幸福なワイマール時代(2)

以後の記述は、The Hummel Projectの記事をメインに加筆・改定しております。
 

=============================
 フンメルは、毎年の休暇を利用してヨーロッパ各地への演奏旅行を計画した。
 1820年は、プラハからウイーンへの演奏旅行で、ここではフンメルの以前の作品(未出版で知られていない)作品を演奏した。
 1821年に彼はベルリンへ行き、プロイセン王フリードリヒの前で御前演奏をしている。さらにこの都市では楽長を務めていたオペラ作曲家のスポンティーニと交流を持った。
479px-John_field 1822年、フンメルは彼はロシアへの演奏旅行に出かけ、サンクトペテルブルグとモスクワ等を訪問した。ここではアイルランド出身でクレメンティの弟子でもあったピアノのヴァルトーゾ:ジョン・フィールドと交友を深め、連弾して楽しんだりした。フンメルはフィールドのノクターンに感化され、フィールドはフンメルの華やかな二重トリルやパッセージなどに影響されることとなった。 1823年には、イギリスへ渡り、ロンドン公演ロイヤルコートでのパフォーマンスで大熱狂の嵐となる。

 
 ロンドンからの帰りはオランダ経由となったが、様々な主要都市で自分の作品の海賊版が出回っていることにショックを受け腹を立てた。これがきっかけでフンメルは著作権の確立を目指して活動していくことになった。



 ワイマールのような芸術や音楽に理解のあるところでも問題は起きていた。当時ワイマールの管理官だったカール・シュトロマイヤーには、多くの問題点を提出している。しかし一方で、フンメルは精力的に劇場監督として舞台作品を取り上げ、「くだらない」オペラに付き合う必要はなく、絶えず紛糾の種となっていたテンポの決定権も彼に与えられていた。フンメルによりレパートリーは変わり、モーツァルトをメインとして、過去の重要な作曲家の作品、及びロッシーニ、オベール、マイヤーベーア、アレヴィ、シュポーア、ベッリーニらのより新しいオペラなども取り上げられるようになっていった。フンメルは演奏旅行中に才能ある外国人歌手と出会って、雇い、そのことがこれらのオペラの上演にかなりの好結果をもたらした。
 また、有名な音楽家の招聘にも尽力し、最新の音楽と演奏を聴くことができる環境をワイマールで整えていったのである。 

Niccolo_Paganini01 1829年の世界的ヴァイオリニスト:ニコロ・パガニーニの招待がその代表例であるが、来訪音楽家の演奏会、さらに内輪のパーティーなどを主催し、指揮に当たった。彼のオーケストラはそれほど大きくはなくても(弦楽器が各5、5、2、2、2に管楽器が各2の編成)、大きな技量を蓄えていくことができたのである。



 ワイマールは、プロテスタントとカトリックの両方の教会・信者が存在したが、​​フンメルは新たに教会音楽を作曲することはなかった。ただ、エステルハージ時代の多くの教会音楽を出版している。
 作曲活動としては、自らの演奏旅行のための作品に加えて、宮廷や自分が在籍したフリーメイソンロッヂの集会のためのカンタータ、出版業者からの依頼によって様々な作曲家の序曲や交響曲、協奏曲の編曲、エディンバラのジョージ・トムソンのためのスコットランド民謡の編曲などを受注した。この辺りはベートーヴェンとは違い、フンメルはあくまでも職業作家であったと言えよう。
【打込音源紹介】
■フンメル「選び抜かれた序曲の四重奏編曲集,S.107〜130」より
グルック(フンメル編曲) 歌劇『:「トーリードのイフィジェニー」序曲


 1820年代後半からは、大きな仕事に取り組むことで、自作の新作は激減していった。彼が時間と想像力を最も傾けたのはピアノ演奏法に関する著作の執筆であり、パリ・オペラ座からの作曲依頼を断るほどこの仕事に没頭していた。ただし、いずれにしてもその台本はフンメルの興味を引かないものであったようである。「ピアノ奏法の理論と実践詳論」は1828年に出版されるや否やヨーロッパ中でバイブルとして普及していった。

 もう一つは、悪徳出版社や海賊版の徹底排除に関する運動で、これは結果的に音楽の著作権に関する史上初めての運動、ということになるであろう。フンメルは海賊版によって、どれだけ作家たちに入るべき収入が失われていったかを身に染みて知っていたのである。この件はベートーヴェンらとも書簡を通して対話していった。
 
a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【楽譜】フンメル/60の練習曲集 の紹介

05111101_4dc9ee07deedcフンメルの楽譜紹介です。

これは、1828年に発表された『ピアノ奏法の理論と実践詳論』S.157 に収録されている60の譜例(小品)の日本初出版ですね。
昨年の3月に発売されていたとは....

私は手書き譜面から打込んでMIDI化して聞いたりしましたが、バイエルレベルから古典派小品集レベルまでの曲がおさめられています。

調、運指、転調、形式(ソナタ、ロンド、変奏曲、フーガ等)の様々なパターンの楽曲で段階的に学べるようになっているかと...


息子にもこれで学ばせています。

------------------------------------

Midiデータは、ここ(リンク反応しない場合はあしからず)

Sixty Practice Pieces from the
Piano Method (1828)

  1. Method No.1 to 20 (35k)
  2. Method No.21 to 30 (19k)
  3. Method No.31 to 40 (33k)
  4. Method No.41 to 50 (56k)
  5. Method No.51 to 60 (91k)

Miscellaneous Pieces from the Piano Method (25k) 

--------------------------


日本J. N. フンメル協会会長でもある岳本恭治による、運指・解説付き、ということで、フンメルを良く知る研究者が携わっているのも信頼感あります。

ピアノ先生方。是非バイエルだけではない優れた練習曲を子供たちに!!

−−−−−−−−−−−−−
作曲:Johann Nepomuk Hummel[ヨハン・ネポムーク・フンメル]
校訂・運指・解説:岳本恭治
発刊:2011.03.01
判型:菊倍判
頁数:72
ISBN:ISBN978-4-636-86619-3
商品番号:GXS01086619
分類コード:C0073
発行:株式会社プリズム
発売:株式会社ヤマハミュージックメディア
販売価格/ 2,520 円(税込)


音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルと関係のあったピアニスト−3 モシェレス

イグナーツ・モシェレス(Ignaz Moscheles, 1794523 - 1870310)はチェコの作曲家、ピアノ奏者。プラハに生まれ、ライプツィヒに没す。

 

Moschelesモシェレスは、べートーヴェン時代のウィーンで、もっとも人気のあるピアニストの一人であった。チェコのプラハの生れで、1804年から4年間、折からプラハにいて音楽学校でも教えていたヴェーバーにピアノを学んだ。その後1808年にウィーンへ戻り、対位法や作曲法を勉強し、べートーヴェンとも親交を結んだ。1814年、ウィーン会議の年には、フンメルと並んでピアニストとして声望があり、翌年からは演奏旅行に出て、1812年のロンドンでは、クレメンティやクラーマーと並ぶ名演奏家として賞讃された。1824年にはベルリンで15歳のメンデルスゾーンを教え、これが機縁で、二人は生涯を通じて親交を結ぶことになった。


 1825
年からロンドンに定住し、王立音楽学校のピアノ教授となった。タールベルクを教えたのはこの時期である。1846年にメンデルスゾーンに招かれて、彼が創立したライプツィッヒ音楽院のピアノ科の主任教授となり、終生この地にとどまって、多くの弟子を育てた。

 

結果的には、モシェレスによってウィーン奏法とイギリス奏法の伝統が、ドイツのライプツィッヒに根をおろした、とする論文もある。ウィーンの音楽批評家ハンスリックはモシェレスを評して、

 

「ピアノの古典楽派の最後の代表者であると同時に、新時代の開拓者」

 

と述べている。

 

 モシェレスは、モーツァルト、ベートーヴェン、フンメルを大変尊敬し、特に2回に渡るフンメルのパリ公演の際には様々な手伝いをしている。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルと関係のあったピアニスト−2 タールベルク

フンメルによって集約されたウィーン奏法は、その代表的な著作『ピアノフォルテ奏法の理論的・実践

的な指針詳述』(1828年出版)に示されていることは何度も述べてきたが、フンメルは、ピアノの教育者としても傑出していたらしく、多くの弟子の中では、とくにタールベルクが有名である。

 

 

 

タールベルク Thalberg, Sigismund 18121871tarlb001

 

1.学習・師事歴

 スイス生まれの作曲家。貴族の出だが、私生児として生まれたと考えられている。

 10歳の時に、ウィーンで外交官になるための準備教育と共に音楽を学んだ。音楽の基本的な手ほどきをしたのは、宮廷歌劇場のファゴット奏者ミッタークである。音楽理論はジーモン・ゼヒターに、ピアノはフンメルに師事した。その後、パリにてJ. P. プクシスとフレデリック・カルクブレンナーに、ロンドンにてモシェレスにも師事している。

 

2.作品とその手法

 16歳の時に、最初の作品を出版している。ヴィルトゥオーソの慣習に従い、自ら演奏するために、当時のオペラのアリアに基づくファンタジアを数多く作曲した。その際、メロディーはピアノの中音域に配置し、その上下に対位声部をおいたり和声づけを施す手法が多用されている。「10本の手をもつタールベルク」という戯画が残されているほど技巧に長じていた。しかし、タールベルクは大仰な演奏スタイルに偏重していたわけではなく、「ピアノによるベル・カント」を志向していた。オペラのアリアに基づくピアノ教育のための作品《ピアノによる歌の装飾技法》から、そのようなタールベルクの姿勢がうかがえる。 (以上 PTNAより)

 

3.活動

タールベルクは、フンメルの弟子の中でも最も若いひとりで、フンメルの門に入ったのは14(1826)の時であった。1830年からは早くもピアニストとしての経歴を開始し、ヨーロッパを演奏旅行した。1835年にはパリで、イギリス奏法の流れを引くカルクブレンナーにも学び、パリでも名ピアニストとしての名声を確立した。1837年にはリストと競演し、以後、生涯を通じてのライヴァルとして名声を博した。事実、19世紀の中ごろのヨーロッパで、タールベルクはリストと声価を分けるほどのピアニストだったのである。1855年には、ブラジルとハバナに演奏旅行し、その後の数年をアメリカで暮して、圧倒的な名声を博した。

 

タールベルクは音楽雑誌上でリストと論争したが、一貫してタールベルクを支持したベルギーの音楽学者フェティスは、彼の演奏について、「クレメンティに由来するイギリス奏法の絢燗たるテクニックと、モーツァルトからフンメルに受け継がれたウィーン奏法の歌うスタイルとが結合されて、フレージングや表情が、火花のようなパッセージ・ワークと共存し、融合している」と評した。

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルと関係のあったピアニスト−1 ヒラー

モーツァルトにピアノを学んだフンメルは、すでに少年時代からピアノの神童という声価を得ていたが、とくにピアニストとしての名声の絶頂にあったのは、ヴァイマールの宮廷楽長時代の1820年代から30年代にかけてであった。 

フンメルは、当時もっとも名声を博したピアニストのひとりだった。同時代者で彼の弟子の一人であるフェルディナント・ヒラーによれば、

「タッチの軽いウィーンのピアノをよく歌わせ、大事な声部をくっきり浮き上がらせて、確実な指使いでむらのない明澄な響きを作り出した」

という。


 ヒラーはフンメルに連れられて死の直前のベートーヴェンを見舞っている。




そのフェルディナント・ヒラーについて
915c9d2667


フェルディナント・ヒラー(Ferdinand Hiller, 18111024 - 1885512日)はドイツのロマン派音楽の作曲家。フランクフルト・アム・マイン出身。

 

ユダヤ系の裕福な家庭に生まれる。アロイス・シュミットに師事し、10歳で最初の作曲を手懸ける。その後ヴァイマルに行ってヨハン・ネポムク・フンメルに師事し、ゲーテの知遇を得る。フンメルのもとでヒラーはピアニストとして大成長を遂げ、1827年にはウィーンでベートーヴェンに面会し、最初の弦楽四重奏曲を作曲。1829年にパリを訪れ、1836年まで滞在する。父親の訃報によってフランクフルトに引き返す。183918日にミラノで歌劇《 La Roinilda》が初演される。この頃オラトリオ《エルサレムの崩壊 Die Zerstorung Jerusalems》にも着手する。

 

その後ライプツィヒを訪れ、かねてからの親友フェリックス・メンデルスゾーンと旧交を温め、1843年から1844年までゲヴァントハウス管弦楽団を指揮、自作のオラトリオも初演した。宗教音楽の研究のためにイタリアを隈なく訪ねた後、1845年に歌劇《夢 Ein Traum》を、1847年には歌劇《コンラーディン Conradin》をそれぞれドレスデンで初演した。指揮者として1847年にデュッセルドルフを、1850年にケルンを訪れ、1851年と1852年にはパリのイタリア劇場でも指揮を執った。ケルンでは指揮者として采配を振り、ケルン音楽院の院長に就任。1884年に勇退し、翌年の暮れに他界した。

 

ヒラーは頻繁にイングランドを訪れている。ロイヤル・アルバート・ホール落成式のための作品を作曲したほか、《 Nala》と《 Damayanti》はバーミンガムで演奏された。1871年には、自作による一連のピアノ・リサイタルがハノーヴァー・スクエアルームで催された。

 

ヒラーは完成された演奏技巧を身につけたピアニストであり、作曲家としてはあらゆる楽種を網羅しているが、作品はだいたい無味乾燥である。優秀なピアニストにして音楽教師であり、時には音楽を主題として健筆をふるった。200曲にのぼる作品には、6つのオペラと2つのオラトリオ、いくつかのカンタータや数多くの室内楽、かつては人気を集めたピアノ協奏曲1つがある。ショパンと親交があり、作品を献呈されていることや、ショパンをメンデルスゾーンとともにライン音楽祭に招待したことでも有名。

(以上 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より)

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメルとピアノ奏法について-8 フンメル自身の言葉(アクション別の演奏法)

 ここまで、ウイーン式アクションのピアノとイギリス式アクションのピアノの特徴概要を紹介してきましたが、今回はフンメル自身の言葉でそれぞれの演奏法を紹介してもらいます。

 フンメルが1828年に刊行した当時のピアノ奏法バイブル「ピアノ奏法の理論と実践詳論」から 第三巻第4章「様々なピアノの適切な弾き方−ドイツ式(ウイーン式)アクションとイギリス式アクションについて−」全文を翻訳し紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
section1
 いかに優れた演奏者でも、慣れないアクションの楽器を弾く時にはしばしば弾きにくい思いをするものである。そのためピアノのアクションについて、少し説明をすることは重要なことと考える。

section2
 一般的にピアノには2種類のアクションが存在する。ひとつはドイツ式(ウイーン式)アクションで弾きやすいもの、もうひとつはイギリス式アクションで弾きにくいものである。

section3
 言うまでもなく、この二つのアクションにはそれぞれ特有の長所がある。ウイーン式アクションはどんな可憐で繊細な手でも扱うことができるであろう。ウイーン式アクションであれば、演奏する者は様々なニュアンスでの演奏が可能で、また敏感に明確に音を出すことができる。そのフルートのような豊かな音色は、特に大きな会場でのオーケストラの伴奏から見事に浮かび上がってくる。さらに演奏に気を取られすぎて、流暢な音の流れを壊してしまう、というようなこともないであろう。しかも、この楽器は耐久性もあり、価格もイギリス式アクションの物より半分の値段で売られている。
 ウイーン式のピアノは、その特性に合わせて扱う必要があり、腕全体の重みで鍵盤を激しく突いたり叩いたりすることは許されず、鈍いタッチも許されない。むしろ音の力強さは指の弾力のみで生み出す必要があるのだ。例えば、厚い和音はすばやく分散して演奏するのが通常であり、それが全ての音を一度に強く打鍵したときよりもはるかに効果的である。男性の手には、浅めでも薄めでもないタッチの楽器を選ぶことを薦める。
14611





フンメルの愛用していたウイーン式ピアノ(ワイマールフンメル記念館)

section4
 イギリス式のアクションは、音の持続性と豊かさという点ではもちろんその利点を認めざるを得ない。しかしウイーンのピアノほどには完成の域には達していないというべきである。タッチははるかに重く、鍵盤は非常に深く沈むため、連打する時にはハンマーがすばやく動作しないからである。
 このようなピアノにまだ慣れていない人は、深く沈む鍵盤や重いタッチに決して惑わされてはならない。むしろ、無理なテンポで演奏せず、いかに速いフレーズやルラード(装飾的旋律)も、いつもの調子で軽快に弾かなければならない。力強く演奏すべきところやパッセージも、ウイーン式ピアノほど多彩な音のニュアンスが備わっていないため、仮に激しく打鍵したとしても、指にもともと備わっている力強い弾力性から得られる音に比べるとより強い音が出せるという訳ではないのである。
 慣れないうちはイギリス式ピアノに少々違和感を覚えるかもしれない。特にf(フォルテ)でルラードを弾く時には、鍵盤を底まで押さえるのでなく、見かけだけにとどめなければならないからである。そうしなければ、「弾く」という行為にばかり気を取られ、完璧に演奏するための負担は倍になってしまうであろう。しかし、このピアノで「歌わせること」ができれば、その豊かな音色が長所となり、特の魅力と美しい和声を奏でることができる。
 ただし、イギリス式アクションのピアノは、小さい部屋の中では非常に良く響くのにもかかわらず、大きな会場で演奏すると、音の性質が変化し、複雑なオーケストラ伴奏を伴うときにはウイーン式ピアノほどには音が通らなくなる。私の考えでは、太くて豊かな音色がその要因であるように思われる。

(フンメル著「ピアノ奏法の理論と実践詳論」 第三巻 第4章「様々なピアノの適切な弾き方−ドイツ式(ウイーン式)アクションとイギリス式アクションについて−」より)
-----------------------------

 こうしてみると、フンメルはウイーン式アクションのピアノを好んでいたことが判ります。現代のウイーン式ピアノというとベーゼンドルファーがありますが、これとて現在ではイギリス式と変わらないシステムであり、ウイーン式の主流というのはないと思われます。古楽器、オリジナル楽器としての演奏のCDも多いですが、その場合はウイーン式のヴァルター製や初期のベーゼンドルファーやそのレプリカが多いですね。
 当時はもっと事情が違っていたのでしょうか? 今、ホールでの演奏会でこの手のウイーン式ピアノで演奏すると、オーケストラに音が飲み込まれてしまって、聞こえなくなってしまいます。

 ちなみにショパンもウイーン式アクションのピアノを好んでいたようで、プレイエル製、エラール製などの名前が挙がってきますね。
 
 二人の作品の共通点は、装飾が多く、繊細なメロディーが多いことでしょうか...
 

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード