フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

フンメル

フンメルの命日

フンメルは1837年10月17日に亡くなっています。
その最後の数年に関しては、メインのページ「Hummel Note  生涯:11.最後の10年と死

にまとめております。ご興味ある方は是非。

下記の【打込音源】は後期のオーケストラ曲で、独立した管弦楽序曲です。




にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング

Happy Birthday Dear Ludwig

本日周辺はベートーヴェンの誕生日かもしれません(笑)


20070923_354692
 かもしれないというのは、正確な誕生日が不明で、1770年12月16日頃とされているからです。
 本日この記事を出したのは、12月17日に受洗 という事実に即しただけです。産まれ出た日、では有りません。

 それにしても、同じ時期、同じ町でハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンという古典派3大巨匠が活躍し、それぞれ交流があったこと(モーツァルトとベートーヴェンは<弟子入りを希望している>ベートーヴェンがウイーン滞在中におそらく数回しかあっていないと思われるが)は、音楽史ならず人類史上の軌跡だと思っています。




ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン( Ludwig van Beethoven)
1770年12月16日 - 1827年3月26日)は、ドイツ作曲家
 


★フンメルとの関わりを記載した当サイトの記事

フンメルの命日です

本日10月17日は私の研究対象でもあり愛すべき音楽家:ヨハン・ネポムク・フンメルの命日です。
grabmedaillon1


亡くなってから178年ですか〜
意外と大昔ではないんですよね〜古典派なのに。
178年なんて、「きんさん・ぎんさん」だったら、たった二世代です(笑)

趣味のDTMも4月以降は忙しくて進んでいませんが、生きてる限り続けていきます(笑)


【打込音源】
J.N.フンメル作曲
ピアノ五重奏曲 変ホ短調,Op.87(1816作)より

第1楽章アレグロ・エ・レゾリュート・アッサイ

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Piano Quintet for in E-flat minor
1.Allegro e rosoluto assai

Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Soundfonto SGM-2.01 &
GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/


----------------------------------------



October 17, 2015 is Deathdate of Hummel. 
He died on October 17, 1837.


Johann Nepomuk Hummel was born in Pressburg (now Bratislava) in 1778 into a musical family. An infant prodigy, he was taught by Mozart. In his late teens he was a leading virtuoso in Vienna, a rival to his friend Beethoven and mentored by Haydn, whom he succeeded at Esterhaza.

He became as famous as his friend and rival Beethoven. His music – in every genre bar the symphony – was enormously popular in Europe, but by the time of his death the dramatic romantic virtuosos, Liszt and Paganini were the vogue.

His music became less and less performed until he was a mere name by 1958, when his trumpet concerto was re–discovered. Recordings of some of his works – many scores still languish in museums – now reveal a wonderful, highly accessible, composer from the greatest age of classical music. The purpose of this website is to share and further develop this great discovery of recent times.

にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング

【打込音源】フンメル/ファゴット協奏曲 ヘ長調,WoO.23(S.63)

今回はだいぶ前に打込んだデータをGARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4で鳴らしてみました。

 1996年年末 やっと念願のWindows95を手に入れ、年明けて真っ先に買ったソフトがローランドのミュージック太郎? という入門用音楽ソフトでした。
 そこにはスコアグラファー・ライトという楽譜ソフトとVirtual Sound canvasというソフトシンセが付いていて、ネット上のmidiデータをそれなりにリアルに再生してくれるので感動した覚えが(今聞くとチープ)。
 そこで折角楽譜ソフトもついているからと考えたのが、自分で何かを打込んでみよう(創作ではなく、再現)と思い、当時はまだ日本にはなかったAmazonの米国のサイトを検索して、フンメル関係の売っている書籍、CD、楽譜を片っ端から買い込んでいきました。

 ネットショップの情報自体もいい加減かつ説明不足な面もあり(自分の英語力は棚上げ)、作曲家フンメルの本だと思って買ったものが、ドイツ・フンメル人形の写真集だったり(笑)、余計な勉強代も払いました(笑)

 楽譜もいくつか買って、特に日本では手に入らないCDや楽譜も買いました。その譜面の一つがファゴット協奏曲。当時は1種類だけウイーン旅行の際に手に入れたマイナーレーベルのCDを持っていましたが、素敵な曲なので是非この曲を打込んでみよう、と思い購入に踏み切りました。サイトにもorchestra and Bassoon, solo partと書かれていたので、スコアだと思って買いました。

 届いたのは一段のファゴットパート譜のみ・・・・
あれ? でもオーケストラパートはAmazonのどこを探してもありませんでしたのであきらめて、オーケストラパートは無謀にも「耳コピ」で挑戦しました。

 それで出来上がったのがこれです((+_+))

 今回は久々にこのデータを読み込み、GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4で鳴らせてみると、変なところもあるけど、「意外とできてるんでは?」と思いました。

 プロではないので打込みも耳コピも不完全極まりないですが、打込み始めた頃の記念すべきデータということでYouTubeで保管しておこう、と厚かましくもアップしました。

 第3楽章なんかは意外といけてるかな〜なんて思っています。
 第2楽章のカデンツァは僕のオリジナルですが、ヘンテコ極まりないけど、今回あえて手を加えたり直したりはしませんでした。

 YouTubeの映像データにする際の楽譜は、今の楽譜ソフト「Music Pro for Windows 后廚midiデータを読み込んだものなので、見にくい感じになっています。

 そんな曲です(笑)

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Grand Concerto for Bassoon in F WoO.23,(S.63)

This sheet is not in the original.
View from the sequenced data by Daw application created.

音楽ブログランキング  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】フンメル/「ロンドンからの帰還」Op.127

【打込音源紹介】フンメル/ピアノとオーケストラの為の序奏とロンド・ブリランテ「ロンドンからの帰還」Op.127 (1830作)

 
Johann Nepomuk Hummel
Grand Rondo Brilliant in F,Op.127 "Le repour de Lindres"

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA


フンメルのピアノとオーケストラの為の序奏とロンドは、フンメルのピアノ協奏曲の分野における最後の作品であるばかりか、Op.127という作品番号が示す通り、生前出版された最後の作品である。

この作品の副題である「ロンドンからの帰還」とは出版の際に尽力してくれたモシェレスにあてたお礼の手紙の中で書かれていた言葉であるらしい。

フンメルはロンドンのフィルハーモニア協会の初期会員であり、1830年には幼少期以来40年ぶりにロンドンへのツアーを行ったが、戻って1831年に作曲され、1833年に出版された。

へ短調の即興風の序奏から始まるが、フンメルらしい装飾と華麗な装飾によってロマン派の作品と見まがうかのような雰囲気を作り上げている。
ヘ長調のロンドでは一転して明るい行進曲的、またはスコットランド舞曲風の雰囲気のテーマで始まり、技巧的なパッセージを含む第2第主題の経て、幻想的な中間部に入る。クラリネットの落ち着いた静寂のメロディーが次第に激しい感情的な展開を繰り広げ、ピークに達したところでロンドのテーマに戻る。

編成は小さ目で、フルート、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2に弦5部である。そのオーケストラ部分は非常に補助的で、第2、第3主題と中間部のテーマでは管楽器が印象的な扱いをされているものの、弦楽器関しては伴奏に徹しており、主題を奏でたりするようなこともない。

貧弱なオーケストラ部分とは異なり、ピアノ独奏部分は終始演奏し続けなければならず、かなり難しいパッセージを安定したテンポと均整のとれた音を出し続けなければならず、汗をかく大曲ともいえる。また全体を通して陰と陽のコントラストが交差し、聴く者の心を捉える。

この時代の演奏会用協奏曲の名曲である。

なお、CDではF.リースのピアノ協奏曲シリーズを完結させているNaxos盤、ピアノ:ヒンターフーバー、グロット指揮、イェヴレ響




音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/ピアノ五重奏曲変ホ短調,Op.87

 
フンメルの有名なピアノ五重奏曲変ホ短調,Op.87打込んでみました。

が、GARRITAN PERSONAL ORCHESTRAのソロの弦楽器を使いこなせず、
弦はサウンドフォントの無料のSGM-V2.01を使いました(笑)








a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_s
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

フンメル/歌劇「ロバと女王(ロバの皮)」からの音楽

フンメル:歌劇「ロバと女王 またはロバの皮」より今回は序曲とオペラのハイライト・メドレー集のようなピアノのためのポプリ2曲の打込音源で紹介。
 Picture-3-624x459
画像:映画「ロバと女王」より

フンメルが作曲したオペラの最大ヒット曲となった。1814年作。


録音されたものでオペラ全曲を聞けることはないが、W.セドラックが管楽合奏用に編曲した組曲はハイペリオンからリリースされています。


ピアノ曲のほうは、乾まどかが演奏するフンメル・アット・ザ・オペラのOp.58が、
また、ジュリアーナ・コルニが演奏するCDは、Op.58と59のセレクト集となっています。



「ロバと女王 またはロバの皮」のあらすじ
原作:『ペロー童話集』

 昔々あるところに幸せな王さまがいました。
 美しいお妃さまとかわいい一人娘。金をうむロバをもつ王様は我が世の春を謳歌していました。
 ところが突然王妃が倒れ、死の床についた王妃は王に約束をさせました。王妃の遺言は「再婚するなら自分よりも美しく賢い方にして」というもの。

 王妃の死後数ヶ月の間王は嘆き悲しみ、それから再婚を考え始めました。しかし、王妃より美しい者という条件に合う者はなかなか見つかりません。ただ二人の間に生まれた一人娘だけがその条件をそなえており、それを理由に娘に求婚したのです。

 驚いた娘は名付け親の仙女に相談し、その指示道理無理難題を王に持ちかけました。
 
  最初は空色のドレス、次は月のドレス、そして太陽のドレス。ありえないはずのドレスを国王は権力を使って持ってきました。 最後に金をうむロバの皮を依頼し、これを届けられた王女は、この被り物のドレスを着て、隙を見てその国を逃げ出しました。 
 
 薄汚いロバの皮を身につけた王女は農家の下女として働きはじめました。 楽しみといえば休みの日にドレスを身に着けることばかり。
e0052736_20311687
 ある時、その国の王子が王女が美しく装った姿を鍵穴から覗き見ました。それ以来恋わずらいに悩むようになった王子のただ一つの望みは『ろばの皮』と呼ばれている下女にケーキを作ってもらうことでした。
 
 その望みはかなえられ、『ろばの皮』はケーキを焼く時自分のエメラルドの指輪を生地のなかに練りこみました。
 
 指輪を見つけた王子はそれにあう指の持ち主と結婚すると宣言。国中の娘達が試し、最後に『ろばの皮』の指にぴったり嵌ったのでした。そして王女の身分が公にされ、父親と王女は和解し、幸せな婚礼が執り行われたのでした。

 めでたしめでたし、 のよくある話ですね。


アニメもありましたので紹介しておきます。

a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】フンメル/幻想曲「パガニーニの思い出」ハ長調,WoO.8(S.190)

Sequenced Music

Johann Nepomuk Hummel
Fantasy in C,"Recollections of Paganini",WoO.8
 
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA
 
 フンメルが1819年にワイマールの宮廷楽長に就任して以来、演奏会、行事の運営、書類の整理、文化人、音楽家の招聘と接待、作曲、ゲーテとの交流等、盛りだくさんの公私にまたがる活動と業務があったが、その中でも有名な音楽家の招聘に尽力したことで、最新の音楽と演奏を聴くことができる環境をワイマールで整えていったのである。そうすることでオーケストラの技量は上がり、さらにゲーテなど存在とともにより多くの文化人や芸術家がこの町を訪れるようになっていった。
 
 音楽家でいえば1829年の世界的ヴァイオリニスト:ニコロ・パガニーニの招待がその代表例であるが、来訪音楽家の演奏会、さらに内輪のパーティーなどを主催し、指揮に当たったが、その際にフンメルはよく、ゲストの曲をモチーフにした即興演奏を披露したといわれている。

 今回の幻想曲「パガニーニの思い出」ハ長調,WoO.8(S.190)は、1831年に作曲されたとなっているが、当時はこの原型となるような演奏が即興でなされていたと思われます。

パガニーニに感化され作曲家は多く、生み出された楽曲もショパンやリストをはじめ非常に多く存在しますが、フンメルのこの作品はパガニーニの作品のポプリといえるもので、次々とパガニーニのメロディーが現れていきます

ショパンのように感傷的ではなく、またリストのように技巧的な曲でもなく、サロンで楽しむような作品になっています。 
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源紹介】フンメル/ピアノと管弦楽の為の序奏と華麗なロンド 変ロ長調, Op.56(1812出版)

打込み音源です。
ヨハン・ネポムク・フンメル作曲
ピアノと管弦楽の為の序奏と華麗なロンド 変ロ長調, Op.56(1812出版)

Johann Nepomuk Hummel
Introduction and Rondo brilliant in B-flat,Op.56

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA


Sequenced Music : Hummel Premium Overture in B-flat,Op.101

Happy new year 2015!!
I hope we will have a great year!
May you be always surrounded with happy smiles!
IMG_20150102_192410
Johann Nepomuk Hummel
Premium Overture in B-flat,Op.101

Sequenced by Mikio Tao
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sequencer:SSW9 Lite
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA


 【打込み音源】 
ヨハン・ネポムク・フンメル作曲/
祝典用序曲 変ロ長調, Op.101(1824作)

【打込音源紹介】フンメル/歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)

込み音源です。
ヨハン・ネポムク・フンメル作曲
歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)

フンメルは生涯に17曲ものオペラを作曲していますが、現在ではその大半の楽譜が失われています。
またほとんどが1804年から10年間のウイーン時代に書かれたものです。

現在録音された全曲集もジングシュピール『ギーズ家のマティルド』Op.100(1810年作)の1曲のみ。

今回は、 歌劇『ロバの皮』, S.101(1814作)より序曲 ホ長調を打込んでみました。
音源はGARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIAですが、使い慣れていないのでこんなものか、という感じですし、聞いたことがないのでお手本の演奏はなく、あくまでもオーソドックスに作成しました。
高い音源欲しいですが、趣味の範疇超えていますし、無理ですね(笑)

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Overture in E from The Opera"Die Eselshaut oder Die blaue Insel" S.101


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA

【打込音源紹介】フンメル/6つのバガテル,Op.107

Johann Nepomuk Hummel
Six Bagatelles,Op.107
 
1.Scherzo/in F
2.Rondoletto/in Bb
3.La Contemplazione Una Fantasia piccola/in Ab
4.Rondo/in Bb
5.Variazioni/in A
6.Rondo all'Ungherese/in C

------------------------------------
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/

【打込音源紹介】フンメル/フルートとピアノの為の序奏と華麗なロンド ロ短調,Op.126



Introduction and Rondo brilliant for Flute and Piano in B minor,Op.126 

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Garritan ARIA Player


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今回最近買ったSinger Song writer9 Liteというソフトで昔のMidiをGARRITAN PERSONAL ORCHESTRAという音源を使って鳴らせてみました。細かい編集抜きに、フルートとピアノをあてただけですが、まぁまぁ。

それよりも
Singer Song writer9 Liteは9000円弱ですが、なかなか大したものです。私は生音の録音もしないので、midi→音源あててWav化のみで使うので、充分すぎます。

テ・デウムと荘厳ミサ曲

海外でのライヴ情報。
羨ましい!!

http://www.cantatedomino.com/index.php/site/events_full/jubelconcerten_2014/nlCD_affiche_jubelc_2014_met_logos_klein

【打込音源紹介】フンメル/ケルビーニのオペラ「二日間」の行進曲による変奏曲ホ長調,Op.9(1803)

ケルビーニ 今回は「ロドイスカ」、「メデア」と並んでケルビーニの代表歌劇である「二日間、または水の運搬人」の中の行進曲をテーマにした変奏曲の紹介。
 フンメルはこの主題を有名なトランペット協奏曲(ホ長調,WoO.1(S.49))の第3楽章のフィナーレにも使用している。


 ルイージ・ケルビーニ(Luigi Cherubini, 1760年9月14日フィレンツェ - 1842年3月15日パリ)はイタリア出身のフランスの作曲家・音楽教師。本名はマリア・ルイージ・カルロ・ゼノビオ・サルヴァトーレ・ケルビーニ(Maria Luigi Carlo Zenobio Salvatore Cherubini)。
ロッシーニのフランス進出後にオペラ界での名声が凋落したため、今日さほど著名ではないものの、同時代の人々には高く評価され、ベートーヴェンはケルビーニを、当時の最もすぐれたオペラ作曲家と見なした。またケルビーニが執筆した対位法の教本は、ショパンやシューマン夫妻も用いたほどであった。



Hummel,Johann Nepomuk/Variations for Piano from Cherubini's March in E,Op.9


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/


【打込音源紹介】2つのロンド、2つのカプリース、2つの即興曲,Op.posth.9

遺作作品9という番号が与えられている曲集ですが、作者の死後に未出版ピアノ小品の寄せ集めて出版されたものです。



2 Rondo, 2 Capriccio, 2 Imprompts for Piano,Op.posth.9

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano


【打込音源紹介】ピアノの為の8曲の最上の音楽作品選集,Op.37

これも2004年に打ち込み制作したものです。
出来はおいといて(笑)、8つの小品、祭事用の音楽作品選集、というタイトルですが、ウエーバーの歌劇をはじめとする当時のヒット曲の寄せ集め、ポプリですね。



8 Pieces for Piano "Choix des plus beaux morceaux de musique",Op.37


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano

【打込音源】フンメル/2つの変奏曲,Op.2 の第2番「アバディーンのジェム」による変奏曲 ト長調

フンメル/2つの変奏曲,Op.2 より
第2番「アバディーンのジェム」による変奏曲 ト長調


Hummel,Johann Nepomuk

2 Variations for Piano,Op.2 No.2
from theme "Jem of Aberdeen"in G


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/

【打込音源】フンメル/2つの変奏曲,Op.2 の第1番「リッチモンドの丘」による変奏曲 ハ長調



Hummel,Johann Nepomuk

2 Variations for Piano,Op.2 No.1 "The lass of Richmond Hill" in C


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano
http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/

フンメルの生涯(旧掲載文) 4.後期の演奏旅行と晩年

●1820年代もまたフンメルは巡演する大家として多忙であった。遠くロシアまで行き、1822年に同地でジョン・フィールドに、1828年にポーランドでショパンに会い、またフランス、ネーデルランドも訪問した。1827年にフンメル夫妻は弟子のフェルディナント・ヒラーを伴い、死の床にあったベートーヴェンをウィーンに見舞った。この邂逅は最後の和解となり、フンメルは葬儀で柩の担い役を務め、また追悼演奏会ではベートーヴェンの医師を受けて故人の作品の主題による即興演奏をいくつか行ったが、<フィデリオ>のなかの囚人の合唱に基づく演奏が最も感動を与えた。この滞在中にフンメルはシューベルトにも会い、あるとき彼の歌曲<盲目の少年>を基に即興演奏を行って、彼を大いに喜ばせた。シューベルトは最後の3つのピアノ・ソナタをフンメルに献呈しており、彼の演奏を望んだと思われるが、これらは両者の没後に出版されたので、出版業者は献呈先をシューマンに変えた。

01●1829年に年次休暇を取らなかったことから、1830年には休暇は6ヶ月となって、パリと約40年ぶりのロンドンに演奏旅行を行った。この演奏旅行は彼の成功の頂点であって、その後の31年、33年のロンドン滞在では名声はすでに下降線をたどり始めた。1831年の滞在は事実上パガニーニとの競争に敗れたかたちであり、一方、1833年の滞在では主にドイツ・オペラ・シーズンの監督を務めたが、これも圧倒的な成功には至らなかった。1834年のあまり成果の上がらないウィーン訪問が最後の演奏旅行となった。残る3年間は闘病の日々で、ほとんど活動できなくなっていた。彼の死は一つの時代の終わりと見なされ、ウィーンではその死をいたむにふさわしくモーツァルトのレクイエムが奏された。


 
---------------
*2008年 リニューアル前のフンメル研究ノートで掲載していた文章です 

フンメルの生涯(旧掲載文) 3.ワイマール時代

elisabeth1●1814年頃に妻エリザベートは、ピアニストとして再び舞台に立つよう夫を説得した。彼女は機を見るに敏で、折からのウィーン会議のために開かれた多くの演奏会やパーティーでフンメルは貴族や高級官僚の前で演奏して一躍名を馳せ、それによって彼らの多くは国際的音楽マネージャーのような役割を果たすことになった。1816年春のドイツ演奏旅行は彼に新たな自信を与え、名声は不動のものとなった。しかし経済的安定は得られなかった。フンメルは家計を支えるために安定した専属の地位を探そうと決意した。同年末にシュトゥットガルトの楽長となって、希望がかなえられたかのように見えたが、素晴らしい礼拝堂と傑出したオーケストラがあるにもかかわらず、その地位は満足いくものではなかった。作曲の時間がとれず、また演奏旅行については常に許可を取る闘いを強いられた。彼はシュトゥットガルトの趣味が悲惨なほど低俗で、窒息しそうに感じていたし、オペラ劇場では貴族の経営陣が粗野なフンメルを嫌って画策し、不快な思いをさせられた。1818年11月にフンメルは辞職して、ワイマール大公の楽長となった。1819年1月5日付の新しい契約書は決定的に改善されていた。すなわち年3ヶ月の休暇が、ヨーロッパで演奏会がたけなわの春に取れるというものであった。さらにカトリック教徒の彼は、このプロテスタント宮廷で宗教音楽を監督するという義務が免除された。

dis0000●ワイマール時代は快適で実り豊かなものであった。フンメルは庭園付きの家という全く富裕な生活を営んだ。ゲーテを通じて知識階級の代表的な人物たちと知り合って、まもなくワイマールを訪れる人々の人気の的となった。ゲーテと会い、フンメルの演奏を聴かずには、この町の訪問は完全なものにならなかった。彼の主な職務は宮廷劇場で指揮することであった。ここでも契約は有利なものであって、「くだらない」オペラに付き合う必要はなく、絶えず紛糾の種となっていたテンポの決定権も彼に与えられた。レパートリーは変わり、過去の重要な作曲家の作品、及びロッシーニ、オベール、マイヤーベーア、アレヴィ、シュポーア、ベッリーニらのより新しいオペラなども含まれるようになった。フンメルは演奏旅行中に才能ある外国人歌手と出会って、雇い、そのことがこれらのオペラの上演にかなりの好結果をもたらした。おそらくこうしたオペラ公演の成功によって、彼は1826年にヴェーバーの死去によって空席となったドレスデンのドイツ・オペラ監督候補に挙げられた。ワイマールでのその他の職務は極めて多忙であった。年ごとの年金募金演奏会、祝賀会、公爵家の人々やゲーテなどの地元の名士敬意を表した特別演奏会、1829年のパガニーニがその例であるが、来訪音楽家の演奏会、さらに内輪のパーティーなどを主催し、指揮に当たった。彼のオーケストラはそれほど大きくはなく、弦楽器が各5、5、2、2、2に管楽器が各2の編成であった。


DVC00535bis1●1820年代は個人教授と作曲に充分な時間を割くことができ、フンメルの最も実り多い時期の一つとなった。自らの演奏旅行のための作品に加えて、宮廷やフリーメイソンの集会のためのカンタータ、出版業者たちのための序曲や交響曲、協奏曲の編曲、エディンバラのジョージ・トムソンのためのスコットランド民謡の編曲などもある。しかし彼が時間と想像力を最も傾けたのはピアノ演奏法に関する著作の執筆であり、パリ・オペラ座からの作曲依頼を断るほどこの仕事に没頭していたが、いずれにしてもその台本は興味を引かないものであったように思われる



---------------
*2008年 リニューアル前のフンメル研究ノートで掲載していた文章です 

フンメルの生涯(旧掲載文) 2.ウィーン及びエステルハージ家時代

20070923_354692●フンメルの次の10年間は勉強、作曲、教授活動の期間で、公開演奏はごくまれにしか行われなかった。アルブレヒツベルガーに対位法を、サリエリに声楽作曲法、美学、和声法、音楽哲学を学んだ。ロンドンで知遇を得たハイドンが1795年に第2回ロンドン旅行から帰国すると、彼にオルガンのレッスンを受けたが、ハイドンはオルガンを弾きすぎるとピアノ演奏の手に支障が出ると彼に忠告した。フンメルはこのころ収入が極めて不安定であり、1日に9、10人にレッスンをして、朝の4時まで作曲に取り組み、大規模な弟子の会を組織した。この時期のもっとも重要な出来事はベートーヴェンがウィーンに登場したことであり、それによってフンメルは自信喪失寸前にまで追い込まれた。とはいえ、ベートーヴェンとフンメルは、相互の弟子たちの間に党派的な争いがありながらも、長く波乱に満ちた友人関係を開始することになった。(先述のアルブレヒツベルガー、サリエリ、ハイドンの3人の師は、ベートーヴェンのそれと全く同じであり、その関係から出会いがあったものと思われる)


交響曲(プロローグ)●1803年にハイドンはフンメルをシュトゥットガルトの楽長に推薦したが、この地位にはワイマールの楽長であったヨハン・フリードリヒ・クランツが就いた。ウィーン宮廷劇場の監督からも仕事の誘いを受けたが、結局1804年4月1日にアイゼンシュタットでニコラウス・エステルハージ候の楽士長として契約書に署名した。これは事実上、楽長の地位であって、ハイドンは名目上その肩書きを保持していたにすぎない。フンメルが採用されたのは候の宗教音楽への関心のためであったという説は、彼がこの分野で何の経験もなく、オーケストラ作曲家としてもほとんど実績がないことから、反論されてきた。彼が選任された一因としては、ウィーンの劇場と長くかかわっていたことが考えられるかもしれない。それにもかかかわらずフンメルはエステルハージ家の礼拝堂に仕え、この職務にあった期間に、知られているかぎりすべての宗教作品と劇作品の多くを書いた。



●フンメルには1200グルデンの年俸とアイゼンシュタットに宿舎が与えられた。作曲することと約100人から成る礼拝堂楽団を指揮することのほかに、義務として少年聖歌隊員にピアノ、ヴァイオリン、チェロを教えること、ハイドン関係の書類の整理があった。このハイドン関係の仕事に絡み、候が秘蔵するハイドンの42曲のカノンの出版権をフンメルが売却したと中傷された。この非難は、後に事実無根であることがはっきりするが、非常に敬愛されたハイドンの後継者としてのフンメルに対するねたみの一つの表れに過ぎなかった。そんなこともあって、彼は次第にウィーンのために作品を書くことに熱中するようになっていった。そこでの宗教曲および劇作品の上演のほかに、当時アポロザール・ホールの監督であった父を通して、毎年まとまった数のメヌエットやドイツ舞曲を発表した。つまり彼はエステルハージ宮廷との専属契約を全うしていないと思われた。1808年の降誕祭にいったん職を解かれたが、ハイドンの仲裁によると思われる再契約がなされ、1811年5月の契約の任期満了までこの職務に就いた。この時代は彼に宗教音楽と劇音楽において貴重な経験を与え、彼はオーケストラと歌劇場を運営し、大きな音楽団体の雑事を一手に引き受けた。またウィーンに近いことも幸いし、この楽都に揺るぎのない足掛かりを築いた。

●1811年に再びウィーンに戻った後フンメルはピアノの公演は行わず、ピアノ曲、室内楽曲、劇音楽の作曲家として大いに活躍した。当時の人気と知名度はベートーヴェンを凌いでいた。1813年には当時の有名なソプラノ歌手であったエリーザベト・レッケルと結婚し、2人の息子を得て、後にエードゥアルトはピアニストに、カールは画家となった。このころベートーヴェンとの関係は不安定なものとなっていた。両者の不和は早くも1807年に起こり、ベートーヴェンのハ長調のミサ曲の上演の後、ニコラウス候の批判的見解にフンメルが暗黙のうちに同意したと思われた。また、エリーザベト・レッケルにベートーヴェンが関心を抱いていたかもしれないことが、結婚後に両者の亀裂を生じさせた可能性がある。とはいえ、接触がなくなったわけではなく、例えば1814年にフンメルはベートーヴェンの指揮による「戦争交響曲」の演奏の祭に打楽器奏者を務め、またその後のベートーヴェンのメモも、両者の友情が続いていたことが示している。しかし、フンメルが行った<フィデリオ>序曲のピアノ4手用編曲はベートーヴェンを満足させず、彼はそれを破り捨て、ピアノ譜を完成させるというその仕事をモシェレスにゆだねた。このウィーンの二大寵児の書法の隔たりは、今や極めて大きかった。

---------------
*2008年 リニューアル前のフンメル研究ノートで掲載していた文章です  

フンメルの生涯(旧掲載文) 1.初期

3037793●フンメルは神童であった。3歳のとき、その2倍の歳のほとんどの子供より高い能力を示したといわれる。4歳で楽譜を読むことができ、5歳でヴァイオリン、6歳でピアノを演奏した。8歳のとき、弦楽器演奏家でもあり、指揮者でもあった父ヨハネス・フンメルがアウフ・デア・ヴィーデン劇場(モーツァルトの歌劇『魔笛』やベートーヴェンの第9交響曲などの初演劇場)の音楽監督となり、一家がウィーンに移り住んだが、父の地位は、音楽現に触れるという貴重な経験を息子に与えることになった。

●フンメルはウィーン到着後すぐにモーツァルトに師事して、ピアニストとしての長足の進歩を示した。彼の父によると、モーツァルトはこの少年から強い感銘を受け、無償でレッスンするほどであったようで、当時よくあったように、彼を同居させた。2人はかなり意気投合したと思われ、しばしば一緒にウィーンの町を歩き回った。フンメルの最初の公開演奏は1787年にモーツァルトの主催する演奏会においてであったといわれているが、彼の生涯のこの時期の証拠資料には矛盾がある。1788年にモーツァルトはレッスンを続けられなくなり、音楽家としての独り立ちを勧めた。それによって、フンメル父子は4年に及ぶ演奏旅行を行うこととなった。プラハに立ち寄ったときにドゥシェックやトマシェックと知り合い、その後ドレスデンへ赴いた。同地で1789年3月10日にフンメルはピアノ協奏曲を1曲と、<リゾンは森で眠っていた>の主題に基づくモーツァルトの変奏曲、自作の変奏曲(これは最初期の作品であったに違いない)を演奏した。後にフンメルの父は誤って、モーツァルトがこのとき聴衆の中にいて、この少年は美術におけるラファエッロのようなピアニストになるだろうと叫んだ、と言っている。しかしモーツァルトがフンメルの演奏を聴いたのは、実際には約10週間後のベルリンでの演奏会においてであった。いずれにしても、幸先のよい幕開きで、それに力づけられて父子は長期にわたる演奏旅行を企て、ベルリン、マクデブルク、ゲッティンゲン、ブラウンシュヴァイク、カッセル、ヴァイセンシュタイン(同地でフンメルは天然痘に感染)、ハノーヴァー、ツェレ、ハンブルク、レンツブルク、フレンスブルク、リューベク、シュレスヴィヒ、コペンハーゲン、フューン島のオーデンセで聴衆の前に姿を現した。これらの演奏会は概して賭けに近い冒険であって、ヨハネス・フンメルの日記は何度か客の入りが悪いときもあったことを示しているが、全体的には満足いくものであったと思われる。

●1790年春に父子はエディンバラに到着した。同地では大きな反響を呼び、生計を支えるのに充分な人数の弟子を得て、2人で教え、フンメルが英語を勉強するという余裕も生まれた。3ヶ月後に彼らは南下し、ダーラムとケンブリッジで演奏会を開き、同年の秋にロンドンに到着した。確認できる同地での最初の演奏会は1792年5月5日にハノーヴァー・スクエア・ルームズにおいてであって、このとき彼はモーツァルトのピアノ協奏曲と自作の「新しいソナタ」を演奏した。なおイギリス生まれのF.L.ハメル(Hummel)という神童がいて、この時期に関する資料に混乱が見られる。製造業者で音楽に造詣の深いウィリアム・ガードナーは、ずっと後になってフンメルについて「若きモーツァルトを別にすれば、イギリスを訪れた最高の少年演奏家」と書いた。フンメルがいかに注目を集めたかは、Op.2の予約者名簿にウィーンから92名、ロンドンから159名もの申し込みがあったことが証明している。

●フンメル父子は、2年間のロンドン滞在後は、さらにフランスかスペインに演奏旅行を続けようと計画していたが、革命による混乱に妨げられ、1792年秋のある時点でオランダに向けて出発した。同地で2ヶ月間、毎日曜日にハーグのオラニエ公の宮殿で演奏するが、フランス軍の侵攻に遭遇し、やむなくアムステルダム、ケルン、ボン、マインツ、フランクフルト・アム・マイン、さらにバイエルンを通ってリンツに行き、そこでフンメル夫人(母)と合流した。1793年初頭までに一家はウィーンに戻った。

---------------
*2008年 リニューアル前のフンメル研究ノートで掲載していた文章です 

ホームページのリニューアル

フンメル研究ノートのサイトをリニューアルしました!

よろしくお願いします!

mainsite




音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

新譜案内 フンメルとシューベルトのピアノ五重奏曲

 フンメルの室内楽曲は、彼の作曲活動期間全般に渡って作曲されていますが、特に後期のピアノ・ヴァルトーゾの時代よりは、作曲活動が一番活発だったウイーン時代、エステルハージ楽長時代にその多くが生み出されています。
 その音楽は解りやすいメロディーと単純な伴奏からなるロココ、古典派のような主題の提示から、19世紀のショパンやメンデルスゾーンと言ったロマン派時代の装飾的でかつセンチメンタルなメロディーがブレンドされたような音楽となっています。
 このピアノ五重奏はOp.87という中期以降の作品ナンバー(1822年出版)が与えられていますが、作曲自体は1816年という早い時期で、先だって出版された7重奏曲ニ短調,Op.74のピアノ五重奏版が予想以上の反響を呼んだため、未出版作品を後追いで世に出したものと思われます。

この2曲は当時のヒット作となり、このCDのカップリングでもあるシューベルトの有名な「ます五重奏」が生み出されるきっかけともなりました。シューベルトの友人・パウムガルトナーが「フンメルのような五重奏曲を」という希望をだしたのです。
 その意味では、この2曲は同時代の最も優れたピアノ五重奏曲であり、また最もポピュラーなものでしょう。
 お聞きいただければ解ると思いますが、フンメルの作曲技量、センスの良さがご理解いただけることと思います。

 このCDでの演奏は古楽器でのもので、当時の響きを彷彿させるものなのかもしれません。フンメルからショパンに繋がるピアノ曲は、装飾が多く、軽やかなタッチと主旋律を透明感ある響きで再現しなければなりません。
現代のピアノでも名演奏家はそういう演奏を聞かせてくれます。古楽器ではより明確になるはずですが、録音のためか、演奏の為か、ピアノの音が濁りすぎて聞こえるところが多々あります。

この種の古楽器演奏で演奏、録音共に優れていると思ったのは、Voces Intimae Trioの全集です。ピアノ三重奏ですが機会があれば是非。

といってもこの演奏は悪いと言っておりません。非常に丁寧に演奏されており、また楽しく演奏している様子がうかがえるものです。シューベルトのます五重奏も第一楽章から温かみと心地よいテンポで我々を魅了してくれます。

CHpt87
The Music Collection
Simon Standage violin
Peter Collyer viola
Poppy Walshaw cello
Elizabeth Bradley double-bass
Susan Alexander-Max fortepiano - director
Recorded in:
Finchcocks Musical Museum, Goudhurst, Kent
20-22 May 2013

フンメルのフルートとピアノ為の作品集

PH13042久々のニューリリース。






Flute and Piano Sonata in D major, Op. 50
Flute and Piano in A major, Op. 62
Variations on 'Une folie' for flute and piano, Op. 14
Flute and Piano Sonata in G major, Op. 2, No. 2


フンメルのフルートソナタは、ウイーン古典派の正当派ソナタ。後期の作品のようにロマン派を髣髴させる部分は少なく、特に師匠のモーツァルトの後継者たらんとする骨格のしっかりした楽曲となっている。
きらびやかで軽やか・・・そう、モーツァルトの曲って言われても解らないくらい。

ニコレ等も作品集を残しているが、この新譜にも期待!



Release date:25-11-2013
Format: CD
Genre: Classical
Catalogue Number:PH13042
Label: Profil
 

 

10月17日はフンメル命日

最近新譜が少ないなぁ。。。
本日10月17日は、フンメルの命日。

ヨハン・ネポムク・フンメル

Johann Nepomuk Hummel

1778年11月14日 ブラチスラヴァ生
1837年10月17日 ワイマール没
ウィーン古典派最後の巨匠。ヴィルトゥオーゾ・ピアニスト、教師、指揮者。存命中はベートーヴェンと並ぶヨーロッパ最大の作曲家の一人と評されていた。

1月23日(1752年)は、クレメンティの誕生日

今日はフンメルのピアノ演奏の師であるクレメンティの誕生日。同じ師匠のモーツァルトのライバルと言われた音楽家です。

今回はピアニストで、多数の著作もある久元 祐子(ひさもと ゆうこ)さんのWebページの記事が判り易いので紹介・転用させていただきます。
ちなみにモーツァルトとの関係として書かれています。フンメルとの関わりは過去の記事をご参照ください。

以下、久元 祐子 公式サイトより
「モーツァルト」の項、「同時代の作曲家」〜クレメンティ〜 の記事紹介。

ロンドン楽壇の大御所
ムツィオ・クレメンティ(Muzio Clementi 1752 - 1832)は、ローマの銀細工師の息子として生まれました。9歳の時には早くもオルガニストとなりましたが、14歳のときイギリスに渡り、ロンドンでチェンバロなどの鍵盤楽器奏者、作曲家としてデビューしました。クレメンティは、ピアノのためのソナタ、交響曲、協奏曲、室内楽を書きましたが、作曲のみならず、楽譜の出版、ピアノの製造など幅広い音楽ビジネスの世界で成功を収めました。
自分が作曲した作品を楽譜として出版し、できるだけ沢山の人に弾いて貰おうと考えたのでしょう。やがてピアノの製作にも乗り出します。ピアノを大いに普及させて、彼自身の作品を彼自身の出版社で出版し、彼自身の会社の楽器で弾いて貰うという、相互に密接に関連した仕事のやり方を作り上げたわけです。できるだけ沢山の人に弾いて貰うためには、初心者にも簡単に弾ける作品も必要でした。
また、ピアノを学ぶ人のためのエチュードの作曲にも熱心でしたが、とりわけ全部で100曲から成る《グラドゥス・アド・パルナッスム》は、近代的なピアノ演奏技術を確立した、いわば彼のピアノ演奏思想を集大成したとも言える作品です。コンサートを定期的に開催する協会も設立し、文字通りロンドン楽壇の大御所として、長い音楽人生を送りました。
 
クレメンティの作品
クレメンティのたくさんのピアノ曲の中でとりわけ有名な作品が、「ソナチネ」です。ソナチネ・アルバムには、1798年に出版された作品36の6曲のソナチネが収められています。とりわけその第1番は、ピアノを学習される人なら誰でも一度は練習すされる曲でしょう。
しかし、クレメンティは、ソナチネだけの作曲家ではありませんでした。クレメンティはチェンバロやピアノのために作品を書いた時期は、半世紀以上にもわたっています。
また、その価値も決して二流ではありません。1784年に作曲されたと思われる、ヘ短調作品13の6のピアノ・ソナタは、ホロヴィッツの名演で知られまするが、ベートーヴェンの世界を先取りしているように思えます。全部の楽章が短調で書かれたこのソナタは、全体を厳しい緊張感が包み、同時に豊かな響きとしみじとした情感に溢れています。ホロヴィッツはクレメンティのピアノ・ソナタが好きだったようで、このほか、作品33の3、作品34の2などの作品を録音しています。
モーツァルトとの出会い
ウィーンの王宮
クレメンティモーツァルトとの出会いはただ1回だけで、それは不幸なものでした。
1781年の12月24日、皇帝ヨーゼフ2世は、王宮(右の絵)宮殿の一室でモーツァルトクレメンティを引き合わせました。モーツァルトがまだウィーンに出てきたばかりの頃でした。モーツァルト自身の手紙によると、クレメンティはソナタを1曲弾き、モーツァルトは何か変奏曲を弾き、その後、かわるがわるそのとき与えられた曲を弾いたりしたようです。
競演が終わった後の二人のお互いの印象は対照的でした。モーツァルトはお父さん宛の手紙の中で、「クレメンティは、素晴らしいチェンバロ弾きだが、単なるいかさま師で、趣味や感情のひとかけらも持っていません。要するに彼は単なる機械的演奏家なのです。」と手厳しく批判しましたが、クレメンティの方は、モーツァルトのこのときの演奏について後に「私は、あのときまであれほど魂のこもった優美な演奏を聴いたことがなかった」と回想しています。
クレメンティがこのときひいたソナタは、 作品47の2 でしたが、モーツァルトはこの曲の第1楽章のテーマを拝借し、オペラ魔笛の序曲を作曲したのでした。この引用について、クレメンティを嘲り、皮肉ったのだという見方もあります。
========
以上 wikiの原稿より面白いですよね。
では、最後に彼の「大交響曲」を聴いてみてください。ピアノ教師だけではない彼の意外な力量をご理解頂けるでしょう。
この交響曲は、ハイドンの来訪時に対抗するかのように別の連続コンサートで演奏されたようです。

Muzio Clementi - Symphony No.3 in G-major "The Great National"

 
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源】フンメル/ピアノの為の3つのヘンデル風フーガ,Op.7

新しい画像 (3)
あけましておめでとうございます。


今年初めても打ち込み音源紹介。初期の作品です。
対位法はアルブレヒツベルガーから習得し、教会音楽など対位法を使用した作品は多く作っています。
後期に入ってもピアノソナタや協奏曲などにもフガート書法が見られるのがフンメルの特徴ですね。
 
ピアノのための3つのヘンデル風フーガ,Op.7
 
1.ニ短調
2.変ホ長調
3.嬰へ短調
3 Fugue on Handel Style for Piano,Op.7
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestra
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源】フンメル/ピアノの為の序奏、変奏曲とロンド 変ホ長調,Op.75

2012年最後の更新です。何故最近、下手なくせに打ち込み音源をUPしているかというと、ネタがないから(笑)

1997年以来、楽譜ソフトでCD化されていないフンメルの楽曲を聞きたいがために打ち込みを始めました。

楽譜入力(ステップ入力)のため、人の演奏と違って「間違い」はないですが、表現は乏しいと思いますし、オーケストラ曲になると、音源と打込み技量が追いついていないので、しょぼいいかにも作られた音になってしまいますが、記録として残し続けています。

今回の序奏(アダージョ)と「かわいいポリー」による変奏曲およびロンド,Op.75も、作った当時はCDがありませんでした。しかし、今ではJoanna Trzeciakの演奏で聞くことができます。
 
Hummel, Johann Nepomuk

Adagio,Variations and Rondo on A pretty Polly in Eb,Op.75 
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestra
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源】フンメル/英国国歌のテーマによる変奏曲 ニ長調,Op.10

英国国歌『ゴッド・セーブ・ザ・キング』のテーマによる変奏曲 ニ長調,Op.10

Variations from God Save The King for Piano in D,Op.10
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源】フンメル/7つのハンガリー舞曲(ピアノ独奏版),Op.23

Hummel, Johann Nepomuk

7つのハンガリー舞曲(ピアノ独奏版),Op.23
もともとはオーケストラ曲だというが、スコアは失われていて、フンメル自身によるピアノ編曲譜のみ残っている。

7 Hungarian Dances for Piano,Op.23
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源】フンメル/オルガンのための2つの前奏曲とフーガ,Op.posth.7

hmjk0086-tile
打込音源の紹介
フンメル/オルガンのための2つの前奏曲とフーガ,Op.posth.7
  第1番 変イ長調
  第2番 ハ短調
 
2 Preludes and Fugue for Organ,Op.posth.7
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestra
  音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/6つのドイツ舞曲(ピアノ独奏版),Op.16

2008220s

フンメルはウイーン時代に多くのオーケストラ用舞曲を作曲していますが、これは一番最初の物。殆どすべて自分でピアノ版に編曲しています。


オーケストラ曲の編曲なので、フンメルの独特なピアノ技巧などは出てきません。

6 German Dances,Op.16 for Piano Reduction by Composer
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/24のプレリュード,Op.67

【打込音源紹介】
フンメル/24のプレリュード,Op.67

10秒から30秒程度のパッセージやフレーズの練習にぴったりの曲集で24の全音階で書かれている。

Hummel, Johann Nepomuk/24 Preludes for Piano,Op.67 

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/24の練習曲,Op.125(4)第19番〜第24番

Hummel,Johann Nepomuk
24 Etudes,Op.125-from No.19 to No.24
 
No.19 in E♭ Major: Allegro
No.20 in E♭ Minor: Allegro moderato
No.21 in B♭ Major: Allegro
No.22 in B♭ Minor: Adagio
No.23 in F Major: Vivace
No.24 in F Minor: Un poco Adagio
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/24の練習曲,Op.125(3)第13番〜第18番

Hummel,Johann Nepomuk
24 Etudes,Op.125-from No.13 to No.18
 
No.13 in F♯ Major: Allegro moderato
No.14 in F♯ Minor: Allegro con fuoco
No.15 in D♭ Major: Allegro moderato
No.16 in C♯ Minor: Adagio sostenuto
No.17 in A♭ Major: Allegro brillante 
No.18 in G♯ Minor: Allegretto

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/24の練習曲,Op.125(2)第7番〜第12番

Hummel,Johann Nepomuk
24 Etudes,Op.125-from No.7 to No.12
 
No.7 in A Major: Andante cantabile
No.8 in A Minor: Vivace
No.9 in E Major: Allegro
No.10 in E Minor: Allegro commodo 
No.11 in B Major: Allegro ma cantabile
No.12 in B Minor: Allegro moderato assai 
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】フンメル/24の練習曲,Op.125(1)第1番〜第6番

Hummel,Johann Nepomuk
24 Etudes,Op.125-from No.1 to No.6
 
No.1 in C Major: Allegro
No.2 in C Minor: Allegro ma non troppo
No.3 in G Major: Tempo di Polacca
No.4 in G Minor: Grave non troppo
No.5 in D Major: Allegro con brio
No.6 in D Minor: Fughette. Allegro moderato
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】モーツァルト(フンメル編)歌劇「フィガロの結婚」序曲の四重奏編曲.S.114

【打込音源紹介】モーツァルト(フンメル編)歌劇「フィガロの結婚」序曲の四重奏編曲.S.114

今日は、フンメル「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、モーツァルトの歌劇「フィガロの結婚」序曲の四重奏編、S.114

『フィガロの結婚 序曲』は、モーツァルト作曲の同名のオペラ(歌劇)で演奏される、現代でも人気の高い序曲。
流麗かつ華麗な曲調で、現代ではモーツァルトの序曲の中で一・二を争うほどの人気があり、コンサートでは序曲単独で演奏されることも多です。

フンメルの編曲はピアノソロとしても演奏できるほど他の楽器は最小限の伴奏に徹しています。

これまで、12曲の序曲編曲集より、6曲作成したものを紹介しました。残りは、またいつか(作っていません)

 Hummel,Johann Nepomuk
Arrangement from Mozart's Opera "Le nozze di Figaro" Overture,S.114
Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral &
Sound:EastWest Boesendorfer 290

 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】ケルビーニ(フンメル編)歌劇「ロドイスカ(Lodoiska, 1791年)」序曲の四重奏編曲.S.108

フンメル/「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、ケルビーニの歌劇「ロドイスカ(Lodoiska, 1791年)」序曲の四重奏編曲.S.108

ルイージ・ケルビーニ(Luigi Cherubini, 1760年9月14日フィレンツェ - 1842年3月15日パリ)はイタリア出身のフランスの作曲家・音楽教師。本名はマリア・ルイージ・カルロ・ゼノビオ・サルヴァトーレ・ケルビーニ(Maria Luigi Carlo Zenobio Salvatore Cherubini)。
ロッシーニのフランス進出後にオペラ界での名声が凋落したため、今日さほど著名ではないものの、同時代の人々には高く評価され、ベートーヴェンはケルビーニを、当時の最もすぐれたオペラ作曲家と見なした。またケルビーニが執筆した対位法の教本は、ショパンやシューマン夫妻も用いたほどであった。

ロドイスカは1791年初演。ということはモーツァルトの魔笛と同じ???

 Hummel,Johann Nepomuk/Arrangement from Cherubini's Opera"Lodoiska Overture",S.108

Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral &
Sound:EastWest Boesendorfer 290

 
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 
 

【打込音源紹介】グルック(フンメル編)歌劇『アウリスのイフィゲニア』序曲による四重奏編曲版,S.111。

フンメル:「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、グルックの歌劇『アウリスのイフィゲニア(トーリードのイフィジェニー)』序曲による四重奏編曲版,S.111。

Arrangement from Gluck's Opera Iphigenia,S.111
 
Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral & Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 

【打込音源紹介】ベートーヴェン(フンメル編)「プロメテウスの創造物」序曲による四重奏編曲版,S.107

【打込音源紹介】
今回は、フンメル「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、
ートーヴェン:「プロメテウスの創造物」序曲による四重奏編曲版,S.107


Arrangement from Beethoven's Opera"Prometheus Overture",S.107
Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】モーツァルト(フンメル編)歌劇『魔笛』序曲による四重奏編曲版,S.113


今回は、フンメル:「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、モーツァルトの歌劇『魔笛』序曲による四重奏編曲版,S.113。

 
Hummel,Johann Nepomuk/Arrangement from Mozart's Opera"Zauberflute Overture",S.113
Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral

音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】“ヒンメル”の作品を“フンメル”が編曲。

【打込音源紹介】
 今回は、「選びぬかれた序曲の四重奏曲編曲集」から、ヒンメルの序曲による四重奏,S.112。

 フリードリッヒ・ハインリヒ・ヒンメル( 1765年11月20日 - 1814年6月8日) は、今ではほとんど知られていないドイツの作曲家。
フンメルが編曲集に取り上げているということは、出版社からの意向もあるので、当時はそれなりに知られていたオペラの序曲で立ったと思われますね。

ヒンメルは、ブランデンブルク、プロイセンでトロイエンブリーツェンで生まれ、もともと音楽を始める前にハレで神学を学んでいた。
彼の音楽への勉強によりのめり込むきっかけとなったのは、ポツダムの王フリードリヒ・ヴィルヘルム二世に雇われてピアニストとして活躍した時期でした。
 
彼はイタリア語学校のドイツの作曲家ヨハン・ゴットリープ・ナウマに学び、本格的にオペラ作曲家への道を進むことになりました。歌曲も多く作曲されています。


この曲はまず録音される可能性が少ないと思いますが、フンメル編曲のおかげで、どんな曲かが分かります。なかなかしっかりした構成の楽しい楽曲です。

Hummel,Johann Nepomuk/Arrangement from Himmel's Overture,S.112
Select Overture arranged for Piano, Flute, Violin and Cello
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral

音楽ブログランキング
 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】フンメル/6つのポロネーズ,Op.70

Hummel,Johann Nepomuk/6 Polonaises favorites for Piano, Op.70


フンメル/6つのポロネーズ,Op.70 1815年作曲


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus

http://www17.plala.or.jp/hummel/
http://hummelnote.doorblog.jp/
 


音楽ブログランキング
 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

12月5日 モーツァルト命日〜フンメルは正当な後継者

フンメルの生涯の話を書き直しましたが、まだ訳が間違えて理解しているところもあるかもしれません。
また機会をみて改定しようと思います。

今日はフンメルの師匠、モーツァルトの命日ですね。世界各国でレクイエムが演奏される日です。

個人的にレクイエムの今現在での一番は、リリング指揮の1991年録音のレヴィン版の方。
キリエ ニ短調 K.341がついているけど、両曲ともオーソドックスな中庸なテンポ、演奏。
ただし、レヴィン版のラクリモーザとアーメンフーガの作り方が、モーンダー版よりジュスマイヤーの作った部分を利用している点で安心感がある。

リリングには、1979年のジュスマイヤー版もあるけど、これも中庸な演奏だった。
ジュスマイヤー版では、デイヴィスのロンドン交響楽団は激しさが好きだったが、1991年の重厚なバイエルン響との演奏がすきかな?

さて、フンメルの師匠はたくさんいます。一番最初は父親。二人目がモーツァルト。ただし2年間住み込みで生活をともにし、モーツァルトの代わりにオペラのリハーサルの伴奏を務めたり助手的な役割もしていました。
その後には、クレメンティ、サリエリ、ハイドン、アルブレヒツベルガー... 当時の一流どころに学んでます。

作風は、ハイドンに近い教会音楽を別にすると、一番の影響力はやはりモーツァルトとなります。

ロマン派に影響与えるメランコリックでドラマチックが楽曲も作っていますが、根本は死ぬまで職業作曲家で古典派に属していると言えます。よくロマン派の作曲家として紹介している書物や記事を見かけますが、断じて言えます、彼は古典派です。まぁロマン派自体が古典派の形式の上に成り立っているので、厳密に区別する必要はないんですが....

さて、古典派のモーツァルトと同時代の音楽も沢山聴ける時代になりました。一聴するとモーツァルトと言われても解らないか曲もありますが、いろいろ聞いた中ではやはりフンメルが一番近い雰囲気を継承しています。

今日はそんな彼の初期の作品を

ヴァイオリンとピアノの為の協奏曲ト長調,Op.17を聴いてみてください。モーツァルトの新発見曲と言われても信じてしまいそうになりますね。 


この曲の録音は結構あります。お勧めはこれかな?
華やかなOp.110の協奏曲とカップリンクで、演奏も録音も最高です。ハワード・シェリー(ピアノと指揮)/ロンドン・モーツァルトプレイヤーズ


もう一曲、小ピアノ協奏曲ト長調,Op.73(原曲はマンドリン協奏曲)も、モーツァルトの10番代の協奏曲の雰囲気があります。最近のお勧めは、オリジナル楽器での演奏。キラキラした真珠のフンメルです。 アレッサンドロ・コンメラート(フォルテピアノ)/ディディエル・タルパイン(指揮)


音楽ブログランキング
 にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源紹介】フンメル/2台ピアノの為の序奏とロンド 変ホ長調,Op.posth.5

フンメルの死後1839年にライプツィヒで出版された2台のピアノ用小品。
堂々とした序奏から、ソナタ形式のアレグロが続く、堂々とした作品。

データ打込みが2002年、かなりボリュームバランスとメロディと伴奏のバランス悪いですが、手直しする環境が今は無い(64bitPCのためすべてのソフトがOUT)ため、エイヤでUPします。

フンメル/2台ピアノの為の序奏とロンド 変ホ長調,Op.posth.5


Sequenced by Mikio Tao (2002)
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290

 
a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

ヨハン・ネポムク・フンメルの生涯−11.最後の10年と死

以後の記述は、The Hummel Projectの記事をメインに加筆・改定しております。
 

=============================

 1828年に大公カール・アウグストが無くなってからは、実質上は新大公としてカール・フリードリッヒが統治していたが、フンメルの崇拝者でピアノも学んでいたフリードリヒの妻マリヤ・パヴロヴナ公妃が、フンメルへの多くの支援を強化されることとなった。フンメルとは何かと馬が合わなかった管理官のシュトロマイヤーが引退を余儀なくされ、先代の愛人的存在でワイマールで長期滞在していたソプラノキャロライン・ヤーゲマンも権力を失っていった。こうした状況かになってもまだフンメルは音楽家たちの生活改善、環境の整備についての提案と要求をし続けていた。

 また、1828年という年は歴史的な出会いもあった。この年の演奏旅行は比較的短期間であったが、ベルリンからワルシャワ方面へ向けてのみのであった。このワルシャワで若い才能豊かな青年・ショパンと出会っているのだ。
chopina ショパンは、自分を評価してくれている地元の人たちの意見と今の自分の音楽が本当に現代の多くの人たちに受け入れられるのかどうかと悩んでもいる時期であった。そしてフンメルの演奏を聴いて確信できた。自分は正しい、と。
 フンメルはこの青年の才能を高く評価し、「今のまま自分を信じて続けなさい」と言った。ショパンのその後のピアノ協奏曲にはフンメルの影響が大いに認められる。フンメルとショパンは後年ウイーンでも再会しているが、この時はフレンドリーなフンメルの態度を友人に綴っている。
「フンメルじいさんはとても人懐っこい良い人です」

 1829年は演奏旅行は行わず、家族でカールスバートのスパで休暇を取って、イギリスへの彼の訪問の翌年に向けた準備をはじめた。イギリスでは1822年を初めてとして何度もフンメルを招待していた。フィルハーモニック協会の会員の間で、フンメルは巨匠としての評価が高く、知名度は高かったのだ。またこの年も招待状が届いていた。1829年に年次休暇を取らなかったことから、1830年には休暇は6ヶ月となったため、パリと約40年ぶりのロンドンに演奏旅行を行ったのである。
 
 フンメルはロンドンに行く前にパリに寄って2回ほどコンサートを開催したが大変な成功を収めた。ロンドンでは、公演に先駆けて、同郷の友人たちでもあるモシェレスやカルクブレンナーが事前告知を大々的に行ったため、歓迎ムードに包まれた。様々なゲストが参加したフンメルのコンサートは評論家を唸らせた。また、当時の有名ソプラノ歌手:マリア・マリブランからの依頼を受けて作曲した、ソプラノとオーケストラの為のチロリアンのテーマによる大変奏曲(Op.118)を初演し、大喝采となった。
 フンメルはロンドンに3カ月滞在したが、その間女王のために演奏したり、モシェレスの収益のためにゲスト出演したりと駆け回った。
■「チロリアンのテーマによる変奏曲」Op.118
 

 今回の演奏旅行がフンメルのピークであった。以後は陰りが見え始める。その後の31年、33年のロンドン滞在では名声はすでに下降線をたどり始めていた。その時はパフォーマンス的にも人気絶頂にあったパガニーニと滞在が重なったこともあるが、既にリストや弟子のタールベルク等の若い世代のピアニストが「ショーマン」的にも成功を納めていたのである。またフンメルの技術が衰えたという指摘もあったり、楽曲が古典的であるため、古臭い古典派の音楽家(リスト談)、という印象が強くなっていったようである。
Hummel009 それでも1833年のロンドンへの訪問は、ドイツのオペラ楽団の指揮者としての訪英となった。ここでは懇意にしてくれていたイギリス国王夫妻の為の記念演奏会でモーツァルトやウエーバーのオペラを指揮した。お礼としてウインザー城にも招待された。
 自分の演奏会は計画していたよりも人が入らないため、多くがキャンセルされてしまった。それでも1回のコンサートとフィルハーモニック協会のために、クラーマーと共にゲスト出演し、新作のピアノ協奏曲(Op.posth.1)を披露したりもした。しかし、モーツァルトの幻想曲を連弾でひく際には、調子が悪くなり、途中で止めてしまうという悲しいハプニングもあった。

■最後の出版作品となった楽曲
ピアノとオーケストラの為のロンド「ロンドンからの帰還」,Op.127
 

 この1833年のツアーが演奏家としての最後のものとなった。しかし、フンメルがワイマールでの職位があり、収入が減るということはなかった。しかし健康はだんだんと蝕まれていって、1834年以降は殆ど療養生活にはいっている。調子のいい時は庭いじりしたり、ピアノを弾いたり、訪問者への記念帳にサインしたり、という生活だった。ただし必要なワイマールでの職務は続けていた。
Hummel3 1837年3月、ピアニストとなっていた長男のエドヴァルトが父のピアノ協奏曲を弾いたコンサートに参加した。これがフンメルの最後の演奏会となった。
 フンメルの健康は夏に入るとさらに悪化していき、寝たきりになってしまう。そして家族に看取られながら1837年10月17日に亡くなった。

 彼の死の三日後に葬儀が執り行われたが、そこではフンメルのカンタータが演奏され、追悼式典ではモーツァルトのレクイエムが演奏された。彼の死のニュースはヨーロッパ中を巡ったが、ベートーヴェンの死と比べると静かなものだった。これは古典派音楽の終わりを告げるものであった。

5f431 ワイマールはフンメルの功績をたたえ、遺族に多額の年金を保証した。またフンメルは家族に膨大な財産を残した。これは師匠のモーツァルトの生活を知る人の反面教師であったのだろうか? その性格とともに質素な生活を好んで無駄遣いせず、計画的な資産管理を行ったためである。おかげで未亡人となった妻:エリザベートは何不自由することなく、夫との楽しかった過去を思い出しながら、フンメルの死後45年も長生きした。

 フンメルの死後、彼の音楽は急速に忘れられていった。19世紀後半、ロマン主義と新しい音楽の波に追いやられ、ハイドン、モーツァルト、ベートーヴェンという偉大過ぎる巨匠の陰に埋もれていったのである。  しかし、近年のフンメルの再評価は、様々な発見をもたらすようになった。彼の残した音楽の大半を聴くことができるようになった我々は、貴重な時代を生きているといえよう。
a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

ヨハン・ネポムク・フンメルの生涯−10.ベートーヴェンとの別れ

以後の記述は、The Hummel Projectの記事をメインに加筆・改定しております。

=============================
Portrait-of-Beethoven-by-Arthur-Paunzen
  フンメルは1826年にウィーンで楽友協会会員に選出された。また、長年の友人でもあり、若い時にはライバルでもあったベートーヴェンの体調が優れず、翌年早々には危ないのでないかという噂を聞いていたため、1827年にベートーヴェンとも旧知の仲である妻・エリザベートと一番弟子のヒラーを連れてウイーンに行き、ベートーヴェンを見舞った。
 
この時の様子は、ヒラーの自伝・回想録に描かれている。それによると、1827年3月8日から23日までの間に4回ベートーヴェンの家に訪れている。過去の25年に渡る間には、様々な諍いがあった。生き方の違い、作曲法の違い、弟子たちの争い、誤解による絶交... しかし、この最後の会談ですべてを忘れる厚い抱擁があったという。妻・エリザベートは、ベートーヴェンを着替えさせ、体を拭いてあげたりするなど献身的な看病をした。筆談ではあったが、ベートーヴェンはフンメルに伝えた。
 
「ヨハン、君は幸せ者だね。成功して立派な弟子もいる。
そして何よりこんな美しい素晴らしい奥さんがいるんだから」
 
ベートーヴェンはフンメルの楽友教会の主催する慈善演奏会の自分の席を確保するように頼み、自分が死んだら記念演奏会にフンメルが出演して欲しいとも述べた。さらにエリザベートには、自分の髪を切って持っていて欲しいと伝えた。そして、フンメルには是非とも著作権の活動を頑張ってほしい、言い残した。
余談【ベートーヴェンの遺髪】
「鉛中毒説」の根拠となったベートーヴェン毛髪の研究は、1994年、ベートーヴェン研究家アイラ・ブリリアント氏とアルフレッド・ゲバラ氏がロンドンのサザビーズで毛髪を落札したのが始まりです。その後DNA鑑定の末、彼の病気に関してさまざまなことが判明したのですが、この毛髪を巡る歴史的な展開は「ベートーヴェンの遺髪」(白水社)という本にまとめられています。2人が遺髪を落札して、鑑定を依頼する話とは別に、170年の間、遺髪がどういう経路を辿って競売に付されたのかを探っています。
かいつまんで紹介しますと、1827年、ベートーヴェンが他界した時、弔問に訪れた音楽家のフンメルと弟子のヒラーが、遺髪を切り取りロケットに収めたのが「運命」の始まりです。ヒラーが死の前に息子のパウルに譲り、1911年、パウルが形見のロケットを修理に出した後、遺髪は数奇な運命を辿っていきます。その後遺髪が確認されたのは、ナチのユダヤ人迫害が強まった時代、デンマークの港町ギレライエの町医師のところでした。ユダヤ人であったヒラー家とナチ時代の迫害、そしてデンマークへの移動と、ベートーヴェンの意思とは関係なく、遺髪は歴史の流れに翻弄されました。最後に、ベートーヴェンが生前弟子に託した中で、自分の病気の解明というのがありましたが、この遺髪のおかげで、少なくとも彼を終生悩ませた下痢や腹痛に関して大方の原因が解明されました。(「作曲家の病歴2. ベートーヴェン」より)

23日の最後の訪問後の3日後、ベートーヴェンは息を引き取った。

フンメルは葬儀で柩の担い役を務め、またシンドラーとベートーヴェン友人たちが主催した追悼演奏会ではベートーヴェンの意志を受けて故人の作品の主題による即興演奏をいくつか行った。
フンメルは第七交響曲のアレグレットからの変奏曲とオペラ『フィデリオ』のなかの囚人の合唱に基づく幻想曲を演奏したが、これは非常に多くの人感動を与えた、とヒラーは書き残している。
■ベートーヴェン ピアノ協奏曲第5番より第二楽章 

Franz_Schubert_by_Wilhelm_August_Rieder_1875 この滞在中にフンメルはシューベルトにも会い、あるとき彼の歌曲<盲目の少年>を基に即興演奏を行って、彼を大いに喜ばせた。シューベルトは最後の3つのピアノ・ソナタをフンメルに献呈しており、彼の演奏を望んだと思われるが、これらは両者の没後に出版されたので、出版業者は献呈先をシューマンに変えた。
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード