フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:ベートーヴェン

 今回は発売されてからちょっと経ってしまいましたが、リリースされるたびに逃さず買い入れ聞き込んでいるNaxosレーベルのカール・ツェルニー「ピアノと管弦楽の作品」シリーズです。 世界初録音や珍しい楽曲のオンパレードですのでこの時代の作曲家ファンとしては大変嬉し ...

フンメルは葬儀で柩の担い役を務め、またシンドラーとベートーヴェン友人たちが主催した追悼演奏会ではベートーヴェンの意志を受けて故人の作品の主題による即興演奏をいくつか行った。 フンメルは1826年にウィーンで楽友協会会員に選出された。また、長年の友人でもあり、 ...

本日周辺はベートーヴェンの誕生日かもしれません(笑) かもしれないというのは、正確な誕生日が不明で、1770年12月16日頃とされているからです。 本日この記事を出したのは、12月17日に受洗 という事実に即しただけです。産まれ出た日、では有りません。 それにしても、 ...

クリストファー・ヒンターフーバー(ピアノ)/ウーヴェ・グロッド(指揮)のコンビが足かけ7年に渡って発表してきた唯一のリース(1784-1838)のピアノと管弦楽のための作品集もこの第5集で完結となります。 第5集の収録曲は、ピアノ協奏曲第2番変ホ長調 Op.42序奏と華麗なるロン ...

 フンメル最後の10年。 フンメルの晩年、最後の10年間は、新しい世代の音楽・演奏家に押されはじめていましたが、演奏者としては絶頂期であった。教師、楽長、音楽家としての名声はヨーロッパ中に知れ渡っており、多くの音楽家が集まり、弟子入りを希望した。 1827年にフ ...

今日は、大好きな作曲家 ルイ・シュポア(Louis Spohr, 1784年4月5日 ブラウンシュヴァイク生 - 1859年10月22日 カッセルにて死亡)の誕生日です。シュポア Wikiシュポーアは、ほぼフンメルと同時代人であり、交流もありました。特にシュポーアが1813年から1815年までウィー ...

イグナーツ・モシェレス(Ignaz Moscheles, 1794年5月23日 - 1870年3月10日)はチェコの作曲家、ピアノ奏者。プラハに生まれ、ライプツィヒに没す。 モシェレスは、べートーヴェン時代のウィーンで、もっとも人気のあるピアニストの一人であった。チェコのプラハの生れで、180 ...

 フンメルの妻・エリザベートについては、「エリーゼのために」本当は「エリザベートのために」? でも触れたが、ウイーンでベートーヴェンとも交友ががあった当時著名なソプラノ歌手だった。 フンメルと結婚したのは1813年。エステールハージ家から離れてウイーンで「作 ...

↑このページのトップヘ