フンメルが、歌劇を17作品も残しているのは意外かもしれませんが、その殆どがウィーン時代、エステルハージ家時代のもので、ピアノ巨匠としてヨーロッパ中を熱狂させる前のことです。それら作品は、現在では全く演奏されることもなく、また譜面も失われたものもありますが、 ...