フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:ワイマール

 ワイマールは、プロテスタントとカトリックの両方の教会・信者が存在したが、​​フンメルは新たに教会音楽を作曲することはなかった。ただ、エステルハージ時代の多くの教会音楽を出版している。フンメル/ミサ曲ニ短調  作曲活動としては、自らの演奏旅行のための作品 ...

 知名度、実績、作曲家・演奏家としての能力、そしてモーツァルトの直弟子で後継者....。1819年の初頭、フンメルにとっては成るべくしてなったワイマール宮廷の音楽監督である。ここでの契約はフンメルにとってもエステールハージ時代やシュトゥットガルト時代とは大きく異 ...

ワイマールでのフンメルの契約は理想的なものであった。エステールハージ時代やシュトゥットガルト時代とは大きく異なり、かなりの報酬と自由を与えられたもので、彼の演奏旅行も自由にとれる環境となった。そうした背景にはこの都市を統治してきた未亡人となったアンナ・ア ...

●1814年頃に妻エリザベートは、ピアニストとして再び舞台に立つよう夫を説得した。彼女は機を見るに敏で、折からのウィーン会議のために開かれた多くの演奏会やパーティーでフンメルは貴族や高級官僚の前で演奏して一躍名を馳せ、それによって彼らの多くは国際的音楽マネー ...

↑このページのトップヘ