フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

交響曲

クロンマーの交響曲集


FranzKrommer 今回紹介したいのは、フランティシェク・ヴィンツェンツ・クラマーシュ(František Vincenc Kramař)の交響曲第1番、第2番、第3番 ハワード・グリフィス&スイス・イタリア語放送管弦楽団。

 クラマーシュは一般的にはドイツ名で フランツ・クロンマー と表記されていますので、ここでもクロンマーと表記します。

 クロンマーは、モーツァルトが生まれた三年後の1759年ボヘミア生まれ、親戚にヴァイオリンと作曲の手ほどきを受け、ハンガリーで活躍していました。

 1785年にウィーンに行き、シュテュルム伯爵の宮廷に仕えていたのでモーツァルトやハイドンと交流があったものと思われます。

 1790年から1795年までハンガリーに戻り、ペーチ大聖堂の教会楽長に就任。その後はカーロイ連隊楽師長やグラサルコヴィチ侯の宮廷楽長を歴任。

 1810年からは、『後宮からの誘拐』、『フィガロの結婚』、『コジ・ファン・トゥッテ』、ベートーヴェンの交響曲第1番の初演会場が行われたことで有名な「ウィーン・ブルク劇場」の楽長を務め、1818年に皇室専属作曲家となりました。

 その作品はハイドンやモーツァルト、ベートーヴェンの影に隠れてしまって存在自体すらも忘れられてしまいましたが、20世紀後半から再発見され、管楽器のための協奏曲や管楽合奏曲などの録音が増えていきました。最近は特に録音が多くなってきています。

 作品はまだ研究途中らしいですが、300曲以上の作品を残し、そのうち100曲以上の弦楽四重奏曲、13曲の弦楽三重奏曲、30曲の弦楽五重奏曲、ヴァイオリン協奏曲、オーボエ協奏曲、クラリネット協奏曲などが10曲あまり、7つの交響曲に管楽器のためのパルティータ、ミサ曲などの宗教曲があるとされます。

 クロンマーの交響曲録音は珍しく、CHANDOSからバーメルト/ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズの「モーツァルトと同時代の音楽シリーズ」として交響曲第2番、第4番が聴けましたが、ドン・ジョヴァンニ序曲のような序奏、ハイドン交響曲のような第二楽章など聴きごたえありましたし、第4番などのオーケーストレーションは見事で、お気に入りの一枚でした。

 そして今回のCPOからリリースされた第1番〜第3番の作品集 。

 すでに聞いたことのある第1番と2番もとても新鮮に聴けましたし、初めて聞いた第3番も期待通りの作品。個人的にクロンマーの交響曲や協奏曲は、モーツァルト的な管弦楽手法とハイドン的なテーマ、展開で、同時代の作曲家の中では「もっとも好きな作曲家のひとり」です。

 フンメルは交響曲を書きませんでしたが、彼の管弦楽序曲などと似ている雰囲気を持つ第一楽章、ハイドン的な全管弦楽で演奏される元気な第二楽章、モーツァルト的でありウイーン的である舞曲の第三楽章、たまに見え隠れするベートーヴェンの第1交響曲的な部分....などなど、古典派好きの方なら気に入ること請け負います。

cpo555099
● 交響曲第1番ヘ長調 Op.12
● 交響曲第2番ニ長調 Op.40
● 交響曲第3番ニ短調 Op.62

 スイス・イタリア語放送管弦楽団
 ハワード・グリフィス(指揮)
 


音楽ブログランキング  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

ピアノの大家・クレメンティの交響曲

Muzio_Clementi 「ピアノフォルテの父、演奏家、教師、出版社、ピアノ制作者」として知られるムツィオ・クレメンティ(1752-1832)。しかし彼は晩年に至るまで同時代に国際的な名声を博していたベートーヴェンに交響曲作曲家として肩を並べたいという野心を抱いていたのです。

 とは言え、モシェレスが「クレメンティのシンフォニーは1820年代以降はヨーロッパの演奏会のレパートリーから消えてしまった」と語るように、クレメンティの交響曲は初期の2曲、Op.18を除いては消滅したとまで言われていました(一説によると、クレメンティ自身が「絶望の発作」で全て破棄したとも)。今回のメインとなる4つの交響曲も彼の生前に発表されることはなく、クレメンティ自身も「交響曲のスコアは全て破棄した」と述べていました。

 これらが作曲された時期は1810年代から1820年代初頭まで。とくに1813年、ロンドンにおけるフィルハーモニー協会を創設するにあたって準備していた彼に、交響曲を作曲・演奏のチャンスを与えたものと思われます。そして自作交響曲を大陸の聴衆に紹介すべく、自らフランス、ドイツに出向きオーケストラ団体に働きかけ、1816〜17年はパリのコンセール・スピリチュエルで、22年にはベルリンのゲヴァントハウス管弦楽団で三度自作交響曲を指揮したと言われています。


 さて、紛失したと思われていたクレメンティの交響曲ですが、1921年にモーツァルトの研究でも名の知られたフランスのジョルジュ・ドゥ・サン・フォワが1917年に競売を経て図書館に買い取られた手稿譜の中に、交響曲の断片が含まれているのスコアを見つけ出し、これを復元。4曲の交響曲と序曲、メヌエット・パストラールをピエトロ・スパーダが補作完成して演奏可能な形にしたのです。


 感想は「意外と洗練されていてイケルじゃん」(笑)

 モーツァルトというよりはハイドンの作風に似ていますが、ハイドンのパリ交響曲と比べても結構タイマン張れるのでは?と思えてしまいます。

 補作完成版の管弦楽法が素晴らしいのか、オリジナルがこうであったのかは不明なのですが、2管編成にトロンボーンが2本つく古典派の中での大編成で、木管がしっかり活躍しているし、金管は鳴り響いています。

ピアノ練習曲でクレメンティに出会った方は是非交響曲聞いてみてください。この作曲家への印象が180度変わりますよ。


【音源紹介】
とりあえず触りを聞いてみたいというのであれば、録音も演奏も優れているChandosのモーツァルトと同時代人シリーズで第1番とOp.18の組み合わせでリリースされています。

交響曲4曲すべて聞けるのは現在3種あります。
 
825646276264<1>一番古いのはERATOというレーベルで発売されていたクラウディオ・シモーネが指揮するフィルハーモニア管弦楽団の2枚組で、1978年の録音。第1番から4番までの4曲が聞けます。私が初めて聞いたクレメンティの交響曲もこのLP盤でした。 

 
573071<2>最新の録音ではフランチェスコ・ラ・ヴェッキア指揮/ローマ交響楽団によるNAXOS盤があります。2011年からの録音で1番から4番と序曲、直近では原作が残っているOp.18の2曲が発売されるようです。
でも、録音がいまいち。第3番なんて「逆相じゃない?」と思えるほど変な定位になっています。


_SX355_<3>一番のおすすめが1990年代に英ASVというところから発売されていた
フランチェスカ・ダヴァロス指揮,フィルハーモニア管のクレメンティ:管弦楽作品集。現在は再販復刻でBRILLIANTから3枚組で発売されています。
推薦の理由は、管弦楽曲がほぼすべて収録されている(交響曲6曲、序曲2曲、メヌエット、ピアノ協奏曲)事と、とても勢いがあって溌剌とした演奏で、金管が厚みを帯びて鳴り響いていること。

イタリアの指揮者フランチェスカ・ダヴァロスは,1930年生まれで,イタリア国内,ハンブルク,フランクフルト,コペンハーゲンなどで指揮をしていましたが,1987年にフィルハーモニア管を指揮した演奏が評判になり、それがきっかけでフィルハーモニア管を指揮して英ASVレーベルに録音を行うようになり,当時,その演奏は大きな評判になったものでした。

  1993年以降、国内盤も発売されるようになり、特にブラームスの交響曲の録音は、遅れてきた名指揮者ダヴァロスの代表的名演として国内でもかなりの評判だったとのこと。
 私は個人的にはメンデルスゾーンの若々しい演奏が大好きで、交響曲全集と真夏の夜の夢は今でも愛聴盤のひとつです。
クレメンティ/交響曲第1番ハ長調


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
 音楽ブログランキング

1月23日(1752年)は、クレメンティの誕生日

今日はフンメルのピアノ演奏の師であるクレメンティの誕生日。同じ師匠のモーツァルトのライバルと言われた音楽家です。

今回はピアニストで、多数の著作もある久元 祐子(ひさもと ゆうこ)さんのWebページの記事が判り易いので紹介・転用させていただきます。
ちなみにモーツァルトとの関係として書かれています。フンメルとの関わりは過去の記事をご参照ください。

以下、久元 祐子 公式サイトより
「モーツァルト」の項、「同時代の作曲家」〜クレメンティ〜 の記事紹介。

ロンドン楽壇の大御所
ムツィオ・クレメンティ(Muzio Clementi 1752 - 1832)は、ローマの銀細工師の息子として生まれました。9歳の時には早くもオルガニストとなりましたが、14歳のときイギリスに渡り、ロンドンでチェンバロなどの鍵盤楽器奏者、作曲家としてデビューしました。クレメンティは、ピアノのためのソナタ、交響曲、協奏曲、室内楽を書きましたが、作曲のみならず、楽譜の出版、ピアノの製造など幅広い音楽ビジネスの世界で成功を収めました。
自分が作曲した作品を楽譜として出版し、できるだけ沢山の人に弾いて貰おうと考えたのでしょう。やがてピアノの製作にも乗り出します。ピアノを大いに普及させて、彼自身の作品を彼自身の出版社で出版し、彼自身の会社の楽器で弾いて貰うという、相互に密接に関連した仕事のやり方を作り上げたわけです。できるだけ沢山の人に弾いて貰うためには、初心者にも簡単に弾ける作品も必要でした。
また、ピアノを学ぶ人のためのエチュードの作曲にも熱心でしたが、とりわけ全部で100曲から成る《グラドゥス・アド・パルナッスム》は、近代的なピアノ演奏技術を確立した、いわば彼のピアノ演奏思想を集大成したとも言える作品です。コンサートを定期的に開催する協会も設立し、文字通りロンドン楽壇の大御所として、長い音楽人生を送りました。
 
クレメンティの作品
クレメンティのたくさんのピアノ曲の中でとりわけ有名な作品が、「ソナチネ」です。ソナチネ・アルバムには、1798年に出版された作品36の6曲のソナチネが収められています。とりわけその第1番は、ピアノを学習される人なら誰でも一度は練習すされる曲でしょう。
しかし、クレメンティは、ソナチネだけの作曲家ではありませんでした。クレメンティはチェンバロやピアノのために作品を書いた時期は、半世紀以上にもわたっています。
また、その価値も決して二流ではありません。1784年に作曲されたと思われる、ヘ短調作品13の6のピアノ・ソナタは、ホロヴィッツの名演で知られまするが、ベートーヴェンの世界を先取りしているように思えます。全部の楽章が短調で書かれたこのソナタは、全体を厳しい緊張感が包み、同時に豊かな響きとしみじとした情感に溢れています。ホロヴィッツはクレメンティのピアノ・ソナタが好きだったようで、このほか、作品33の3、作品34の2などの作品を録音しています。
モーツァルトとの出会い
ウィーンの王宮
クレメンティモーツァルトとの出会いはただ1回だけで、それは不幸なものでした。
1781年の12月24日、皇帝ヨーゼフ2世は、王宮(右の絵)宮殿の一室でモーツァルトクレメンティを引き合わせました。モーツァルトがまだウィーンに出てきたばかりの頃でした。モーツァルト自身の手紙によると、クレメンティはソナタを1曲弾き、モーツァルトは何か変奏曲を弾き、その後、かわるがわるそのとき与えられた曲を弾いたりしたようです。
競演が終わった後の二人のお互いの印象は対照的でした。モーツァルトはお父さん宛の手紙の中で、「クレメンティは、素晴らしいチェンバロ弾きだが、単なるいかさま師で、趣味や感情のひとかけらも持っていません。要するに彼は単なる機械的演奏家なのです。」と手厳しく批判しましたが、クレメンティの方は、モーツァルトのこのときの演奏について後に「私は、あのときまであれほど魂のこもった優美な演奏を聴いたことがなかった」と回想しています。
クレメンティがこのときひいたソナタは、 作品47の2 でしたが、モーツァルトはこの曲の第1楽章のテーマを拝借し、オペラ魔笛の序曲を作曲したのでした。この引用について、クレメンティを嘲り、皮肉ったのだという見方もあります。
========
以上 wikiの原稿より面白いですよね。
では、最後に彼の「大交響曲」を聴いてみてください。ピアノ教師だけではない彼の意外な力量をご理解頂けるでしょう。
この交響曲は、ハイドンの来訪時に対抗するかのように別の連続コンサートで演奏されたようです。

Muzio Clementi - Symphony No.3 in G-major "The Great National"

 
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ