フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

変奏曲

ツェルニー/ピアノと管弦楽のための技巧的変奏曲集

ツェルニー:ベル・カント・コンチェルタンテ

ピアノと管弦楽のための技巧的変奏曲集
(タック/イギリス室内管/ボニング)

573254
レーベル名 :Naxos
カタログ番号 :8.573254


収録曲は、
  • 1.序奏およびベッリーニの歌劇「ノルマ」からのテーマによる変奏曲とフィナーレ,Op.281
  • 2.オベールの歌劇「フラ・ディアボロ」からのモチーフによる大変奏曲op.232
  • 3.ベッリーニの歌劇「海賊」からのルビーニのカヴァティーナによる序奏、変奏曲と華麗なポラッカ ニ長調 ,Op.160
  • 4.バチーニの歌劇「信仰の勝利、ガリアのアラブ人」の行進曲による序奏と華麗なる変奏曲,Op.234

 どの曲も当時ヒットしたオペラから題材を選んでいるピアノとオーケストラの為の変奏曲集。


 Op.73のハイドン「皇帝」のテーマによる変奏曲を聞いた時には、フンメルやウェーバーに匹敵する面白い作曲家、のイメージがあり、練習曲以外(←ここ強調)の楽曲が発売されるやほとんど集めていた作曲家のひとり。
 回想録も出版されており、ベートーヴェンやフンメルとの出会いや奏法のこと、当時の流行などとても興味がもてる内容でした。
 ただし、今回の変奏曲集は、奏法的には技巧的で華麗ではあるけども、全然記憶や印象に残らない感じでした。演奏や録音は優秀。でも楽曲のせいなのかな? 馴染みのないオペラの旋律のせいなのかな?

 僕にとってはツェルニーってなんとなく遊び心が感じられず、いつも「ほほう。なかなかな曲だな」の段階で終わってしまいます。交響曲も立派なんだけど、ツェルニーの交響曲よりもクロンマーの交響曲の方が楽しいし、ピアノ協奏曲もカルクブレンナーの方が楽しい、また聞きたい、と思わせるのです。
 

音楽ブログランキング  にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ

【打込音源】フンメル/2つの変奏曲,Op.2 の第2番「アバディーンのジェム」による変奏曲 ト長調

フンメル/2つの変奏曲,Op.2 より
第2番「アバディーンのジェム」による変奏曲 ト長調


Hummel,Johann Nepomuk

2 Variations for Piano,Op.2 No.2
from theme "Jem of Aberdeen"in G


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano

http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/

【打込音源】フンメル/2つの変奏曲,Op.2 の第1番「リッチモンドの丘」による変奏曲 ハ長調



Hummel,Johann Nepomuk

2 Variations for Piano,Op.2 No.1 "The lass of Richmond Hill" in C


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:Music Pro Windows Plus
Module : mda piano
http://hummelnote.wix.com/hummelnote
http://hummelnote.doorblog.jp/

フンメルのフルートとピアノ為の作品集

PH13042久々のニューリリース。






Flute and Piano Sonata in D major, Op. 50
Flute and Piano in A major, Op. 62
Variations on 'Une folie' for flute and piano, Op. 14
Flute and Piano Sonata in G major, Op. 2, No. 2


フンメルのフルートソナタは、ウイーン古典派の正当派ソナタ。後期の作品のようにロマン派を髣髴させる部分は少なく、特に師匠のモーツァルトの後継者たらんとする骨格のしっかりした楽曲となっている。
きらびやかで軽やか・・・そう、モーツァルトの曲って言われても解らないくらい。

ニコレ等も作品集を残しているが、この新譜にも期待!



Release date:25-11-2013
Format: CD
Genre: Classical
Catalogue Number:PH13042
Label: Profil
 

 

【打込音源】フンメル/ピアノの為の序奏、変奏曲とロンド 変ホ長調,Op.75

2012年最後の更新です。何故最近、下手なくせに打ち込み音源をUPしているかというと、ネタがないから(笑)

1997年以来、楽譜ソフトでCD化されていないフンメルの楽曲を聞きたいがために打ち込みを始めました。

楽譜入力(ステップ入力)のため、人の演奏と違って「間違い」はないですが、表現は乏しいと思いますし、オーケストラ曲になると、音源と打込み技量が追いついていないので、しょぼいいかにも作られた音になってしまいますが、記録として残し続けています。

今回の序奏(アダージョ)と「かわいいポリー」による変奏曲およびロンド,Op.75も、作った当時はCDがありませんでした。しかし、今ではJoanna Trzeciakの演奏で聞くことができます。
 
Hummel, Johann Nepomuk

Adagio,Variations and Rondo on A pretty Polly in Eb,Op.75 
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestra
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

【打込音源】フンメル/英国国歌のテーマによる変奏曲 ニ長調,Op.10

英国国歌『ゴッド・セーブ・ザ・キング』のテーマによる変奏曲 ニ長調,Op.10

Variations from God Save The King for Piano in D,Op.10
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:EastWest Boesendorfer 290
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

フンメル生誕233年

074731327367611月14日はフンメルの生誕日です。






今年はめぼしい新譜が少なかったのですが、一番は
Naxosからリリースされたフンメル:フンメル・アット・ザ・オペラ(乾まどか)ですね。
レーベル名:Naxos
カタログ番号:8.572736

・モーツァルトの歌劇「後宮からの誘拐」から「バッカス万歳」による変奏曲Op.34-3
・グルックの「アルミード」からの主題による変奏曲Op.57
・バレエ音楽『ポールとヴァルジニ』のための「5人の黒人の踊り」Op.41(ピアノ編)
・ケルビーニの歌劇「2日間」からの行進曲による変奏曲Op.9
・オーベロンの魔法の角笛幻想曲Op.116(ピアノ編)
・イズアールの歌劇「シンデレラ」からの行進曲による変奏曲Op.40a
・ポプリ第1番ハ短調、自作の『ろばの皮』よりOp.58

乾まどかさんに関しては、以前に幻想曲集をリリースしており、安定した演奏を聞かせていただいていたので、期待しておりましたが、期待を裏切ることのない、整然とした演奏です。テンポは他の演奏家に比べるとゆっくり目ではありますが、逆に曲の内声や構成がしっかりと聞けますので、演奏者にとっては見本として欲しいところ。
珍しい曲も収録されていますので、貴重な1枚。

フンメル/ピアノ協奏曲集

Hummel: Piano Concerto, Eight Variations & CodaHummel: Piano Concerto, Eight Variations & Coda
販売元:Chandos
発売日:2006-04-18

1)L'Enchantment d'Oberon, Op. 116
2)Le Retour ・Londres, Op. 127
3)Piano Concerto in A major,WoO.24a
4)Variations "O du lieber Augustin"WoO.2

ネタがないため、昔のレビューから。
収録曲は、1798年、フンメル20歳の時のピアノ協奏曲イ長調と同じく初期の管弦楽曲「変奏曲」WoO.2、そして後期の1825年のロンドン・パリツアーの時に演奏されたウェーバーのモチーフをあしらった大管弦楽と技巧的ピアノが活躍する幻想曲Op.116、フンメルの最後の作品番号を持つコンサート・ロンドOp.127(1831年)。
Op.127は、世界初録音です。これによりフンメルの残したピアノとオーケストラの作品全てがCDで聴けるようになりました。

イ長調の協奏曲はまさに師匠のモーツァルトの影響が大きく、第3楽章などは、モーツァルトの15番の3楽章とそっくりなテーマで始まります。
ロココの香り漂う協奏曲。

一方、Op.127のロンドは、もの悲しい導入部がショパンのようなロマンが漂い、華麗なピアノの幻想が聴かれます。その後に続くロンドは、「ハンガリー舞曲風」のテーマで楽しげに始まりますが、常に明暗、陰陽を行き来し、淡い色彩感覚の中で進行していきます。ピアノソロのパートもかなり技巧的で、フンメルのピアニズムの集大成といった趣の楽曲。名曲です。なぜこれほどの楽曲がやっと初録音なのか?

演奏は、このシリーズ通して言える事だが、早めのテンポで若々しく聴かせます。シェリーのピアノもタッチ、表現に優れていて安心して、音楽に没頭できます。

----------
メーカーページ
http://www.chandos-records.com/details05.asp?CNumber=CHAN%2010374

フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ