フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

幻想曲

【打込音源紹介】フンメル/幻想曲「パガニーニの思い出」ハ長調,WoO.8(S.190)

Sequenced Music

Johann Nepomuk Hummel
Fantasy in C,"Recollections of Paganini",WoO.8
 
Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA
 
 フンメルが1819年にワイマールの宮廷楽長に就任して以来、演奏会、行事の運営、書類の整理、文化人、音楽家の招聘と接待、作曲、ゲーテとの交流等、盛りだくさんの公私にまたがる活動と業務があったが、その中でも有名な音楽家の招聘に尽力したことで、最新の音楽と演奏を聴くことができる環境をワイマールで整えていったのである。そうすることでオーケストラの技量は上がり、さらにゲーテなど存在とともにより多くの文化人や芸術家がこの町を訪れるようになっていった。
 
 音楽家でいえば1829年の世界的ヴァイオリニスト:ニコロ・パガニーニの招待がその代表例であるが、来訪音楽家の演奏会、さらに内輪のパーティーなどを主催し、指揮に当たったが、その際にフンメルはよく、ゲストの曲をモチーフにした即興演奏を披露したといわれている。

 今回の幻想曲「パガニーニの思い出」ハ長調,WoO.8(S.190)は、1831年に作曲されたとなっているが、当時はこの原型となるような演奏が即興でなされていたと思われます。

パガニーニに感化され作曲家は多く、生み出された楽曲もショパンやリストをはじめ非常に多く存在しますが、フンメルのこの作品はパガニーニの作品のポプリといえるもので、次々とパガニーニのメロディーが現れていきます

ショパンのように感傷的ではなく、またリストのように技巧的な曲でもなく、サロンで楽しむような作品になっています。 
 音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ  

フンメル/幻想曲集 乾まどか

フンメル:幻想曲集(乾まどか)フンメル:幻想曲集(乾まどか)
アーティスト:乾まどか
販売元:Naxos
発売日:2006-01-01
クチコミを見る

当時のウイーンでは、ベートーヴェンとフンメルが争うように作品を発表し、互いに意識してきた。現代では考えられないほど差がついているが、当時の人気はフンメルのほうが上だったという。
そうした若い時代のピアノ曲の代表でもある幻想曲変ホ長調Op.18を含む、幻想曲集。
それにして、Op.18は休むことなく一人で30分近くも演奏しなければならない。それも楽譜を見ると真っ黒なくらい音符が多く、高度なテクニックも要求される。
昔から知られている曲だが、録音は少なく2000年代の録音ではこれが最初。
1998年にジュリアーナ・コルニの演奏で(伊)DYNAMICからリリースされた 
ピアノ曲集以来の新録である。

乾さんの演奏するピアノは、使用楽器そのものが重い音を発しているが、演奏は文句なし。落ち着いたテンポ、微妙なニュアンスをしっかり表現している。
他の作品も同様だが、楽曲的には面白みに欠け、Op.18に勝るものはない。

パガニーニの楽想であふれる幻想曲(WoO.8)に至っては、2つの録音しか見当たらないので貴重。

「幻想曲」という括りでの企画にも拍手。彼女には是非フンメルの「ピアノ曲集」の録音を今後も続けてもらいたい。

フンメル/ピアノ協奏曲集

Hummel: Piano Concerto, Eight Variations & CodaHummel: Piano Concerto, Eight Variations & Coda
販売元:Chandos
発売日:2006-04-18

1)L'Enchantment d'Oberon, Op. 116
2)Le Retour ・Londres, Op. 127
3)Piano Concerto in A major,WoO.24a
4)Variations "O du lieber Augustin"WoO.2

ネタがないため、昔のレビューから。
収録曲は、1798年、フンメル20歳の時のピアノ協奏曲イ長調と同じく初期の管弦楽曲「変奏曲」WoO.2、そして後期の1825年のロンドン・パリツアーの時に演奏されたウェーバーのモチーフをあしらった大管弦楽と技巧的ピアノが活躍する幻想曲Op.116、フンメルの最後の作品番号を持つコンサート・ロンドOp.127(1831年)。
Op.127は、世界初録音です。これによりフンメルの残したピアノとオーケストラの作品全てがCDで聴けるようになりました。

イ長調の協奏曲はまさに師匠のモーツァルトの影響が大きく、第3楽章などは、モーツァルトの15番の3楽章とそっくりなテーマで始まります。
ロココの香り漂う協奏曲。

一方、Op.127のロンドは、もの悲しい導入部がショパンのようなロマンが漂い、華麗なピアノの幻想が聴かれます。その後に続くロンドは、「ハンガリー舞曲風」のテーマで楽しげに始まりますが、常に明暗、陰陽を行き来し、淡い色彩感覚の中で進行していきます。ピアノソロのパートもかなり技巧的で、フンメルのピアニズムの集大成といった趣の楽曲。名曲です。なぜこれほどの楽曲がやっと初録音なのか?

演奏は、このシリーズ通して言える事だが、早めのテンポで若々しく聴かせます。シェリーのピアノもタッチ、表現に優れていて安心して、音楽に没頭できます。

----------
メーカーページ
http://www.chandos-records.com/details05.asp?CNumber=CHAN%2010374

フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ