フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:生涯

フンメルを高く評価してくれたフリードリヒ1世は、フンメルが就任して1週間ほどで急逝してしまったのだ。跡を継いだのは息子のヴィルヘルムであったが、彼は音楽に対する造詣もなく興味もなかった。  演奏活動に復帰したフンメルであったが、どうしても気がかりなことがあ ...

●1820年代もまたフンメルは巡演する大家として多忙であった。遠くロシアまで行き、1822年に同地でジョン・フィールドに、1828年にポーランドでショパンに会い、またフランス、ネーデルランドも訪問した。1827年にフンメル夫妻は弟子のフェルディナント・ヒラーを伴い、死の ...

●1814年頃に妻エリザベートは、ピアニストとして再び舞台に立つよう夫を説得した。彼女は機を見るに敏で、折からのウィーン会議のために開かれた多くの演奏会やパーティーでフンメルは貴族や高級官僚の前で演奏して一躍名を馳せ、それによって彼らの多くは国際的音楽マネー ...

●フンメルの次の10年間は勉強、作曲、教授活動の期間で、公開演奏はごくまれにしか行われなかった。アルブレヒツベルガーに対位法を、サリエリに声楽作曲法、美学、和声法、音楽哲学を学んだ。ロンドンで知遇を得たハイドンが1795年に第2回ロンドン旅行から帰国すると、彼に ...

●フンメルは神童であった。3歳のとき、その2倍の歳のほとんどの子供より高い能力を示したといわれる。4歳で楽譜を読むことができ、5歳でヴァイオリン、6歳でピアノを演奏した。8歳のとき、弦楽器演奏家でもあり、指揮者でもあった父ヨハネス・フンメルがアウフ・デア・ヴィ ...

以後の記述は、The Hummel Projectの記事をメインに加筆・改定しております。============================= ヨハン・ネポムク・フンメル(以下ヨハン)はウイーンから東へ80kmほどの距離に位置するハンガリーの都市:プレスブルク(現在のスロバキア共和国の首都:ブラチスラヴ ...

Johann Nepomuk Hummel: A Musician's Life and World著者:Mark Kroll販売元:Scarecrow Pr発売日:2007-10-30クチコミを見る音楽家フンメルの初といってよい本格的な伝記、研究書を紹介します。マーク・クロル(Mark Kroll)著の「JOHANN NEPOMUK HUMMEL ~ A Musician's Li ...

↑このページのトップヘ