ショパンは独特な運指法を用いていたが、その中でも重要な考え方ひとつを紹介。ピアノを弾くにあたり、各指の個性を尊重し、それを活かすということで、この考え方は彼の運指法全体のなかに貫かれている。この点についてショパンは次のように述べている。−−−−−−− 「 ...