フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

タグ:CD

シュタイベルトって聞いたことありますか? ベートーヴェンの伝記などを読むと出てきますので、名前だけは知っているという人も多いかもしれません。ちょっと音楽史やそうした作曲家のエピソード集みたいなのを読んでいる人には逆に有名な人物かもしれませんね。何と言って ...

 フンメルの室内楽曲は、彼の作曲活動期間全般に渡って作曲されていますが、特に後期のピアノ・ヴァルトーゾの時代よりは、作曲活動が一番活発だったウイーン時代、エステルハージ楽長時代にその多くが生み出されています。 その音楽は解りやすいメロディーと単純な伴奏か ...

 モーツァルト:歌劇『偽の女庭師』 K.196 全曲 ソフィー・カルトホイザー(S サンドリーナ) ジェレミー・オヴェンデン(T ベルフィオーレ伯爵) アレックス・ペンダ(S アルミンダ) ニコラ・リヴァンク(Br 市長) マリー=クロード・シャピュイ(Ms 騎士ラミーロ ...

フンメルは、1786年から1988年までの2年間、モーツァルトの家に同居してレッスンを受けていました。その間フンメルは数多くのピアノ協奏曲の名作群や、「フィガロの結婚」の完成を目の当たりにしてきました。それだけではなく、フンメルは師匠のピアノ協奏曲のカデンツァを勉 ...

・フンメル:歌劇『ギーズ家のマティルド』全曲 クリスティーネ・ガイリテ(ソプラノ) フィリップ・ドゥ(テノール) ピエール=イヴ・プリュヴォ(バリトン) ヒョルディス・テボー(ソプラノ) オンドレイ・シャリング(テノール) マリアン・オルシェフスキ(テノ ...

↑このページのトップヘ