フンメル研究ノート〜Review〜

ヨハン・ネポムク・フンメル(Johann Nepomuk Hummel)の個人研究サイトのレビューページ。CD紹介をはじめ、フンメル関連ニュース等を紹介していきます。 ●フンメル研究ノート●http://hummelnote.wix.com/hummelnote

Concerto

モーツァルトのライバルと実の息子の協奏曲集

Franz_Xaver_Mozart_(Wolfgang_Jr)_1825フランツ・クサーヴァー・モーツァルト(1791-1844、以下フランツ)は、父モーツァルトが亡くなる4ヶ月前に末息子(第6子)として誕生。5歳の時、プラハでニーメチェク(父モーツァルトの伝記作家)からピアノの初レッスンを受け、7歳の頃からピアニストを目指して父の簡単な作品を弾くようになり、同時に父のライバルとされたサリエリに歌唱と和声法のレッスンを受けます。また大巨匠のハイドンからも教育を受けたり、さらに父の一番弟子でもあり、当時すでに人気作曲家として活躍していたフンメルを初め、フォーグラーやアルブレヒツベルガーといった父と交流のある音楽家の教育を受け、後に母コンスタンツェの希望でヴォルフガング2世を名乗ってピアニストとして活躍しました。

 実際にフランツがピアニストとして最初に活躍したのは、1805年4月8日、父の友人でもあるハイドンの73回目の誕生日を祝って催された演奏会です。この時、フランツは14歳。彼は父のピアノ協奏曲および自作曲などを演奏しました。聴衆は大喝采でこの若いモーツァルトを迎え入れ、ハイドンも涙を流して拍手したと伝えられています。当時の評論も好評で前途有望かに思えましたが、父の重圧でしょうか? はたまた母コンスタンツェの期待の大きさからくるプレッシャーでしょうか? 17歳にして独立してしまいます。「父モーツァルトの名を汚さないように」と皆から言われたことが、彼にとって一生の重荷となっていったようです。とにかくウイーンから離れたかったのでしょう。とうとうポーランドに家庭教師の職を見つけ出て行ってしまったのです。当時の職業音楽家の生計事情が悪かったため、彼も父同様定職探しに奔放し、ピアノ教師になったり、演奏会を開いたりして各地を転々としています。
 
 1819年には、ウィーンを離れてから11年間会っていなかった母親と再会しましたが、その時フランツは次のように語っています。
 
「彼女は私の愛せる本当の母親になっていた」
 
  再び演奏旅行に出かけ、ドレスデンでは指揮者兼作曲家であったウェ−バーを訪問したり、プラハでは演奏会で成功収めたりしています。さらにイタリアに行った際には、当地で公務員となっていて20年間生き別れになっていた兄カルル・トマスに再会しました。

  さて、フランツはその後も各地を転々としながら定職を見つけるため活動しますが叶わずじまい。31歳に就職活動に終止符をうち、レンベルグでピアノ教師として生きていくこととなります。1841年、ザルツブルグで「モーツァルテウム」というモーツァルト財団と記念館が設立された時も館長職を希望したが叶わず、「名誉楽長」という地位に落ち着いてしまいました。翌1842年には、母コンスタンツェが79歳でザルツブルグで亡くなり、母の長寿とは逆にフランツは翌年1843年7月29日に53歳の生涯を閉じました。


フランツのピアノ協奏曲は意外と多くリリースされており、古くはヘルウィグの演奏でOPUSというレーベルから1970年代にはリリースされていました。
それ以外にも
0044747206226.團▲龍奏曲第2番が父モーツァルトと祖父レオポルドとの曲とカップリングで収録されているCD






0017042BC
▲▲鵐肇襯皀鵑離團▲里派磴梁22番とのカップリングで収録されているCD







FXMozart_1501752_DSピアノ協奏曲2曲とも収録されているNOVALISからリリースされたCD






など数種類が存在し、それらに今回のシェリーのアルバムが加わりました。

演奏はさすが、モーツァルト、ベートーヴェン、フンメル、モシェレス、カルクブレンナー他多くの作品をリリースしてきただけあって、粒が際立った若々しく華麗なピアノテクニックを聴かせてくれます。

Muzio_Clementiクレメンティの協奏曲も3種ほどリリースされていますが、これはピアノソナタのOp.33-3はもともとピアノ協奏曲であったであろう、ということで復元された曲ですので、オーケストラ部などオリジナルではありませんが、違和感なく聞くことができます。クレメンティに関しては交響曲も重厚で華麗でとっても面白いのですが、このピアノ協奏曲も同世代のモーツァルトとは違って、より現代のピアノにあう楽曲であり、部分的にはベートーヴェン的であり、第一楽章の展開部のピアノパッセージ等はクレメンティの弟子でもあるフィールドのピアノ協奏曲に出で来るようなフレーズがあり聴きごたえあります。


ハワード・シェリーのピアノと指揮での「古典派ピアノ協奏曲シリーズ」の第三弾は、F.X.モーツァルトの2曲のピアノ協奏曲と、F.X.の父 W.アマデウス・モーツァルトのピアニストとしての好敵手、M.クレメンティのピアノ協奏曲という大変面白い組み合わせのアルバムです。

第一弾でドゥシェック、第二弾はシュタイベルトと埋もれた古典派の音楽史シリーズともいえるものですが、どれも聞いていて楽しくなってしまいます。

モーツァルトと同時代の作曲家、そしてその息子の作品、マニアックですが是非多くの人に聞いてほしいなぁと思います。


にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ 音楽ブログランキング

ピクシスのピアノ協奏曲 The Romantic Piano Concerto, Vol. 58

220px-Johann_Peter_Pixis_by_August_Kneisel

先日発売された The Romantic Piano Concerto, Vol. 58 – Pixis & Thalberg
から、非常に珍しいピクシスのピアノ協奏曲2曲を紹介します。批評ではなく、個人的印象・感想です。


 ピクシス? 知らない人も多いでしょう。私も「ディアベッリのワルツによる変奏曲/Variationen uber einen Walzer von A.Diabelli」に参加している部分と、「ヘクサメロン変奏曲/Hexameron variationen」の部分しか聞いたことありません。

私が愛読しているWebSiteピティナ・ピアノ曲事典には、以下のように紹介されていました。

Pixis, Johann Peter  [ ドイツ ]  1788 - 1874

ドイツの作曲家。作曲家でオルガン奏者の父親から音楽の手ほどきを受けた。次男のピクシスは、兄もまた作曲家となった。兄はヴァイオリンを弾き、ピクシスはピアノを弾いた。兄と演奏旅行をしてピアニストとして有名になったが、ピクシス自身もヴァイオリンやチェロを弾くことができた。

 19世紀に入ると一家でウィーンに移る。そして、ピクシスはベートーヴェンやマイアベーア、シューベルトと出会った。後にパリに移り、そこではハイネやケルビーニ、モシェレス、リスト、ベルリオーズ、ロッシーニと出会っている。パリではヴィルトゥオーソとしてその名を馳せ、ピアノ教育者としても活動した。晩年はバーデン・バーデンで過ごした。

 作品の大部分がピアノ曲となっており、コンサート・ピースとサロン向きの小品がある。

このページでは作品リストもありますが、ピアノ独奏曲や室内楽曲が圧倒的に多くを占めていますね。特に7曲あるピアノ三重奏曲は聞いてみたい気がします。



さて、ピアノ協奏曲 ハ長調,Op.1001829年に作曲され、「オーストリアの皇帝陛下」に捧げられました。

1楽章Allegro moderatoは、2管編成のオーケストラが、ヴァンハルやプレイエルの交響曲に似た雰囲気の古典的前奏を華々しく展開します。それほど長大ではない前奏部分は、モーツァルトやコジェレフ、トマーシェックや先のヴァンハルの作品と比べると中途半端な感じがしますが、リストなどと比べると大きな違いがありません。第二主題は一変し、優雅な雰囲気に包まれます。

 しかし、ピアノソロに入ると、「ああ、モーツァルトより後の世代の音楽だ」ということが理解できるでしょう。ピアノソロが始まった個所からは、この時期のコンチェルトによるあるようにオーケストラは「脇役」に徹底します。休む間もなくピアノの独奏は続きますが、所々で特徴的な和音、三度の重奏パッセージが聴かれます。古典的協奏曲の始まりだと思って聞き続けていくと、「ほぅっ」と驚かされる展開や、パッセージがあるのですが、これといった印象に残る曲ではなく、一聴しただけで口ずさめるような感じではありません。展開においては、急にゆったりしたテンポになったり、感傷的になったりと陰影を強調していますが、当時の聴衆はこの技巧的なピアノ演奏と共に驚かされたのでしょうか?

2楽章Adagio cantabileは短いながらも美しい幻想的なノクターンを聴かせてくれます。

 第3楽章Rondo: Allegretto scherzandoに入ると雰囲気は一変し、この時期多く作られたピアノ協奏曲のロンドの典型というべき、民謡的・舞曲的テーマが繰り返され、ピアノは元気よく跳ね回ります。それに応じ形でオーケストラはアクセントをつけていくのですが、うーん、これといった特徴はないですね、というのが素直な感想。最後のファンファーレに導かれて華々しいコーダを迎えます。

 全体を通して、「オーストリアの皇帝陛下」に捧げらるのに相応しい「華々しさ」に彩られている協奏曲です。

ピアノの技巧的な部分は、ドゥシェック、フンメル、クラーマーといった作曲家に影響されているかな、といった感じです。


 


小協奏曲変ホ長調,Op.681824年に作曲されたもので、先の曲より古典的です。「小」と名がついていますが、急・緩・急の各楽章で構成された典型的な協奏曲で、ただし全楽章切れ目なく演奏されるようになっています。特徴的なのは、あまり聞いたことのない調性が不安定なパッセージが技巧的なソロの部分として何度かあらわれ、それが第一楽章の特殊な雰囲気となっています。小規模の楽曲の割には、第一楽章のオーケスト導入部は長大で、1/3も占めています。

 第二楽章では弦楽のソロとピアノの掛け合いが美しく展開されます。続けて軽快なロンドで占められます。

Op.100の作品よりは、よりまとまっていて、チャーミングな楽曲です。



 こうしてピクシスやヒラー、タールベルク、ヘルツ、カルクブレンナー、クラーマー、モシェレス、ドゥシェック等などの楽曲を聞いてくると、自分の好みではあるのですが、如何に「モーツァルト、ベートーヴェン、ショパン」が素晴らしいメロディーメーカーだったのか、再認識させられます。彼らは、自演を見せながら聞かせる、自分の演奏技巧を披露する楽曲がメインであり、スタンダードな「ヒット曲」を作り出すまでには至っていない、というのが自分の思うところ。



もっともこうした隠れた作品を多く聴ける時代になったことに感謝しつつ、今日はこれくらいで。




a8cb8b1d288c4910238bbbd99108d50e_sにほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ





フンメル研究ノート

フンメル研究ノート トップページ

フンメル研究ノートというサイトは、クラシック音楽鑑賞を趣味とする一個人が、ヨハン・ネポムク・フンメルの音楽の魅力に取り付かれ、永年かけて収集した情報・データをメモ代わりに掲載している「フンメル研究ノート」のレビューページにあたります。フンメル研究ノートは、あくまでもCD解説、書籍、辞書などから集めた情報を盛り込んだ継ぎはぎの情報を集めたものですので、事実とは違っていたり、解釈が違っている箇所も多いと感じていますが、もっと多くの日本人にフンメルの音楽の魅力を知ってもらいたいと思い公開しています。もっとフンメルの情報が知りたい。またはご興味がある方は、本サイト「フンメル研究ノート」を覗いてみてください。よろしくお願いいたします。

音楽ブログランキング
にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ
livedoor プロフィール

フンメルの商品
記事検索
QRコード
QRコード
Hummel Noteの趣味

PHOTOHITOブログパーツ