込み音源です。
ヨハン・ネポムク・フンメル作曲
歌劇『ロバと女王(ロバの皮)』序曲 ホ長調, S.101(1814作)

フンメルは生涯に17曲ものオペラを作曲していますが、現在ではその大半の楽譜が失われています。
またほとんどが1804年から10年間のウイーン時代に書かれたものです。

現在録音された全曲集もジングシュピール『ギーズ家のマティルド』Op.100(1810年作)の1曲のみ。

今回は、 歌劇『ロバの皮』, S.101(1814作)より序曲 ホ長調を打込んでみました。
音源はGARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIAですが、使い慣れていないのでこんなものか、という感じですし、聞いたことがないのでお手本の演奏はなく、あくまでもオーソドックスに作成しました。
高い音源欲しいですが、趣味の範疇超えていますし、無理ですね(笑)

Sequenced Music
Johann Nepomuk Hummel
Overture in E from The Opera"Die Eselshaut oder Die blaue Insel" S.101


Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SSW9 Lite
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:GARRITAN PERSONAL ORCHESTRA 4/ARIA