フンメル/管楽八重奏「パルティータ」変ホ長調,S.48より第1楽章アレグロ

今回はピアノ曲ではなく、管楽の為の室内楽の打ち込み音源紹介。
音源は、64bitPCはサポートから見放されたRolandのハイパーキャンバスシリーズ「HQ Orchetral」を使用。というかこれしか持っていない。

フンメル管楽器(オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン各2本)の為のパルティータ。
1803年のウイーン時代の作品だが、出版はされなかった。

3楽章構成で、アレグロ、アンダンテ、ロンドの典型的ソナタ形式による古典的書法の楽曲。
第一楽章は、行進曲風のテーマで展開していく。

どのみちこういう作品は委嘱されて作曲したのであろう。当時はベートーヴェンも数曲作曲しています。

Hummel, Johann Nepomuk(1778-1837)
Partita for Wind Octet in Eb,S.48

2ob.2cl.2hor.2fag.bass.

Sequenced by Mikio Tao
Sequencer:SONAR4
Score creation:Music Pro Windows Plus
Sound:Roland HQ Synthesizer Orchestral
音楽ブログランキング にほんブログ村 クラシックブログ クラシック作曲家へ